東急田園都市線複々線化完成間近 高津駅周辺の状況など

 もう半年以上も前になりますが、当ブログで「東急田園都市線高津駅上り線仮ホーム・仮改札口 切替前の情景」と題しまして、現在田園都市線の複々線化工事・大井町線の延伸工事が進んでいる高津駅付近の状況を写真付きでお届けしました。
 で、その工事がいよいよ完成し、来る7月11日に開業するとの発表が、先日東急からありました(ということを新聞報道で知りました)。当初は6月開業と聞いていましたので、少し延びたようです。そこで久しぶりに、ちょいと寄り道して写真を撮ってきました。前回のレポートと照らし合わせつつご覧いただければ幸いです。



 今回は高津駅だけでなく、前後の改良区間の様子も一部含めお伝えしようと思います。
 なお、この工事の概要については、こちらの東急のサイトをご参照下さい。

 では、二子新地駅から。
f0030574_23173647.jpg
複々線化工事完成間近の二子新地駅

 線路は敷かれ架線も張ってあり、工事はほぼ完成しています。このあたりの大井町線になる線路(複々線の内側二線)は、梶が谷駅に現在設けられている大井町線用の留置線が完成する前、一時留置線代わりに使われておりましたので、実際完成していたわけですが。
 もうちょっと接近してみましょう。次の写真はクリックすると拡大表示します。
f0030574_23222460.jpg
二子新地から二子玉川方面を望む

 留置線としての使用が終わったので、線路上に仮設の車止めを設けています(赤い印の所)。車止めは、ベニヤで囲った中に土嚢らしきものを積んでその上にバラストを載せた構造のようで、簡単に設置も撤去もできるもののようです。
 ところで、何やら黄色い自動車が線路上にいますね。どんな車輌なのでしょう。
f0030574_23312377.jpg
軌道上の作業車輌

 この写真もクリックすると拡大表示します。
 DMVといっていいのか分かりませんが、軌道上も移動可能な作業車輌のようです。高所作業などに使うものでしょうか。ところでこの車輌、踏切のないこの高架橋にどうやって持ち込んだんでしょうね。クレーン車で道路から持ち上げたのか、はたまた梶が谷方面から延々とここまでやってきたのか・・・?
 追記:あとでこの車輌の別アングルの写真を撮れたので追加しておきます。下の写真はクリックすると拡大表示します。
f0030574_1817738.jpg
f0030574_18183283.jpg

 二子新地の駅から反対側の高津側を見ると、こんな状況です。この写真もクリックすると拡大表示します。
f0030574_23352660.jpg
二子新地から高津方面を望む

 線路はほぼ完全に出来ているようです(もしかすると、開業までに軌道上に防音用の砂利を散布するかも知れません)。一番手前の、旧線をそのまま生かした田園都市線の上り線が、軌道の構造が異なっているのが目を惹きます(一番奥に見える、田園都市線下り線も一部そうなっている)。また頭上に目を転ずれば、一時留置線として使われていたためか、写真中一番手前の架線柱までは大井町線になる中央の二線に架線が張られていますが、架線はそこから外に逸れ、手前から二番目の架線柱に、簡単に留められています。

 二子新地はこの辺にして、高津駅の状況を。
f0030574_2343149.jpg
上り線ホームから見た高津駅の状況

 この写真もクリックすると拡大表示します。
 以前の記事にあった仮設ホームは影も形もなく、すっかり軌道が整備されています。架線は二子新地からまだ延びてきていませんが。ホームも上屋が出来て概ね完成しているようです。
 実はこのホームの上屋、田園都市線が10両編成なのに対して5両分ちょっとくらいしか整備されておらず、小生は最初もっと長い上屋を今後建設するつもりなのかと思いました。が、どうもいまのところそのような様子はうかがえません。最近田園都市線では、宮崎台や江田など、上屋が短かった駅でも、ほぼすべての車輌をフォローできるよう上屋を増設する工事が行われておりましたが、その一方で新設同様に改造された高津駅がこの短さというのは、ちょっと変な気がします。

 さて、ホーム周辺は完成したように見える高津駅、コンコースの方はどうでしょうか。
f0030574_074656.jpg
上りホームに向かうエスカレーター

 と、このエスカレーター周辺は綺麗になっている感じなのですが、しかし一歩引いて周囲を見ますと、
f0030574_0132577.jpg
f0030574_0143023.jpg
 と、「普請中」な状況です。7月までには完成するのでしょう。
 ちなみに、昨年6月の記事で紹介した↓この写真の場所は、
f0030574_0365730.jpg
2008年6月の状況

f0030574_0372888.jpg
2009年2月の状況

 ↑のような変化をしているようです(去年の階段が二つ並んでいたあたりが、現在工事中の囲いがされているのだろうと思います)。

 駅の周辺を見てみましょう。
f0030574_1184011.jpg
旧仮改札口の跡

 これは去年の記事を書いた時に廃止された仮改札口のあたりだと思うのですが、今はふさがれています。
f0030574_0532658.jpg
公衆トイレ

 旧仮改札口の近くに、公衆トイレが高架の下へ設けられていました。このトイレの入り口に、工事についての掲示があったので、以下に紹介。
f0030574_1132985.jpg
 これはクリックするとどえらく大きく拡大表示します。まだまだいろいろな工事が残っているようで。
 ちなみに前回の記事に「渋谷方改札口は12月(註:2008年の)中に供用開始予定です」という掲示の写真がありますが、それらしいものはまだ出来ていませんでした。場所としてはかつての仮改札口よりも西側に出来るようです。
f0030574_1322693.jpg
改札口設置予定地?

 さて、高津駅についてはこんなところですが、ついでに溝の口周辺の工事の模様についても若干。
f0030574_7273999.jpg
高津から溝の口方面を望む

f0030574_18212022.jpg
溝の口から高津方面を望む

 この駅間では、高津寄りはかなり完成しているものの、溝の口周辺はまだまだのようです。溝の口駅は2面4線に改良され、梶が谷寄りに引上線が設けられることになっていますが(東急のサイトの平面図参照)、数年前に完成して朝ラッシュ時に活用されている上り線側の2線に対し、下り線側は現在工事たけなわというところのようです。駅構内の様子を以下に挙げます。
f0030574_18482039.jpg
溝の口駅構内 渋谷寄りから中央林間寄りを見る

f0030574_18491062.jpg
溝の口駅構内 中央林間寄りから渋谷寄りを見る

 最後に、溝の口駅の梶が谷寄りで行われている引上線の工事の模様を掲げます。
f0030574_2105784.jpg
溝の口から梶が谷方面を望む

f0030574_21151648.jpg
上り線の列車の最後尾から梶が谷方面を望む
引上線のシーサスクロスが設置工事中

f0030574_2117963.jpg
上り線の列車の最後尾から梶が谷方面を望む
引上線の終端部(本線の合流の予定)附近

 というわけで、先行して行われた溝の口駅構内工事を別にすれば、渋谷寄りほど工事が進んでいる感じの田園都市線複々線化・大井町線延伸工事ですが、いよいよ完成の日取りが示され、長年通学の傍ら工事を見てきた者としてもなにがしかの感慨があります。もっとも、大井町線が延伸するだけでは、溝の口~二子玉川の混雑を緩和する効果こそあれ、田園都市線(のかつての新玉川線区間である渋谷~二子玉川)の改善に資する効果は限定的かも知れません。ここはやはり、都営三田線直通を将来目標として・・・少子化だなんだで大手私鉄の多くが輸送人員減少の傾向にありますが、その最大の例外であろう田園都市線の改良は、これで終わらない、終わるべきではないかも知れません。あと東急建設を持たせるため・・・?
 とまれ、無事に7月開業することを期待しております。

※追記:延長開業直前の6月の状況はこちらを、延伸開業初日の模様はこちらを、それぞれご参照下さい。
[PR]

by bokukoui | 2009-02-11 23:50 | 鉄道(現況実見) | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/10336963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 無名 at 2009-02-12 09:35 x
軌陸車といえば、燃料タンクを取り外すなどといった荒業の数々を用い、インチキ登録(減トンして免許条件を緩和するなど。)を、自動車メーカーが黙認し架装メーカで行っていた記憶があります。
Commented by 憑かれた大学隠棲 at 2009-02-13 14:20 x
漢ならウニモグ
Commented by bokukoui at 2009-02-13 23:55
人気ぶりに応えて、軌道内作業車の写真を増やしてみました(笑)

>無名さま
ありましたね、暫く前にそんな事件が。
特殊な業界だからまかり通ってしまったんでしょうが・・・

>憑かれた大学隠棲氏
最近の鉄道保線業界では、結構使ってるみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード