今日の東急デハ5001号の状況(51)

 しばらく間が開きましたのが、この追跡調査です。
 本日、所用の帰りに、久しぶりに見てきました。本来は、もっとシステマティックに観察できるようなフォーマットを整えなければならない(それを整えれば誰でも同じように観察できるように)と思うんですけど、なかなかそんなことをやっている余裕がなく・・・せめて過去の観察データだけでも、もそっと体系的にまとめるべきと思っていますが、とりあえず観察だけは何とか続けるつもりです。



 まずは例によって全景から。この写真はクリックすると拡大表示します。
f0030574_2329724.jpg
 連休のこととてハチ公前は人でごった返しており、おまけに背景に写っているように、何やら舞台をしつらえて芸能人が何ぞやっているという企画まで行われていましたので、この写真を撮るのには多少手間取りました。また、写真の中にロゴ入りの服を着ている人もいますが、「幸福の科学」の人が布教をしていました(左手のオレンジのジャンパーの人たち)。いつもに増しての賑わいで、車体の観察もなかなか面倒でした。

 では、久しぶりなので、以下に主だったところの写真を一通り列挙していきます。
f0030574_23341071.jpg
 正面右下の尾灯周りです。多少錆が増えている感じです。

f0030574_23361346.jpg
 乗務員扉の手すり附近。割と触られやすい箇所と思います。

f0030574_23381055.jpg
 銘板。確か以前は錆などなかったと思ったのですが、多少見えています。

f0030574_23393438.jpg
 運転台寄り扉。傷のもっともつきやすい箇所ですが、ここはかえってさほど大きな変化はないようです。

f0030574_23411840.jpg
 運転台寄りの扉の戸袋窓と、その隣の窓の間です。前からの状況ですが、窓枠が錆びて浮いてきている様子がうかがえます。

f0030574_23453624.jpg
 同じく運転台寄り扉の戸袋窓の角。ここのひび割れと錆の流れ出しは以前より悪化しているようです。

f0030574_2347438.jpg
 これは運転台側から3枚目と4枚目の窓の間の状況。汚れが結構溜まってきています。

f0030574_23493033.jpg
 ちょっと分かりにくくて済みませんが、運転台側から3枚目の窓の角。ここも中の窓枠が錆びて表面の塗料を押し上げているのがだんだん目立つようになってきました。

f0030574_23515776.jpg
 これは運転台側から4枚目の窓の角。ここもひび割れが大きくなっているように思います。

f0030574_23532231.jpg
 これは運転台側から4枚目の窓の下の方の傷です。傷自体は前からありましたが、塗料の浮き上がりぶりは以前より明らかに酷くなっています。

f0030574_2356722.jpg
 車端部寄りの扉附近です。もっとも傷のつきやすいところです。

f0030574_004860.jpg
 車端部寄りの扉の戸袋窓の角です。塗料の剥がれ、錆の流れ出しの状況がかなり悪化しています。

f0030574_02214.jpg
 同じ戸袋窓の別の角です。ここも錆で塗料が浮き上がっていますが、もう一方の角のような前との変化はないように思います。

 車内の展示自体は、今年の1月以来変わらない「渋谷『大好き』観光写真コンテスト」という企画の展示でしたが、中吊りが変わっていました。
f0030574_062959.jpg
 この連休中に行われる「渋谷スターライトドーム 渋谷の空から環境を考えるという企画だそうです。
 で、この中吊りで初めて知ったのですが、渋谷区は小学校跡地に文化施設を建設し、そこにプラネタリウムを設けるのだそうです。2010年秋完成予定だとか。2001年に五島プラネタリウムが惜しまれつつ閉館してからおよぞ10年の時を経て、渋谷にまたプラネタリウムが出来るわけですね。こういった総合文化施設自体は、こういう言い方も何ですが、「ハコモノ」として常套だろうとは思います。しかし、そこにプラネタリウムを載っけるとは、渋谷の関係者にはプラネタリウムへのこだわりが結構あったのでしょうか。
 「ハコモノ」とは書きましたが、このような施設自体は結構なことでしょう(場所柄、多分有効に活用されるでしょう)し、プラネタリウム復活というのも素晴らしいことと思います。デハ5001号もこういう施設内に展示されるというならまだ良かったんですが。
 あとはただ、その施設にネーミングライツで珍妙な名前がつかないことを祈るばかりです。
[PR]

by bokukoui | 2009-05-02 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題