小さな世界

 今日は交通史の勉強会に行ってきました。
 その会に来ている某氏が、実は冬コミでMaIDERiA出版局の本を買われていたということを知って驚愕。なんと狭い世界であることか。

 その話をした際、某氏が「MaIDERiA」を読みあぐねておられましたので、この場を借りて解説いたします。
 「MaIDERiA」の読みですが、渡辺プロデューサーが最初命名した時には、読みはわざと決めていませんでした。「マイデリア」「メイデリア」どっちでもいい、ということでしたが、小生が「MaIDERiA出版局」名義でコミケに申し込む時、読み仮名を「メイドエリアシュッパンキョク」にしてしまったため公式の読みは「メイドエリア」のようです。ですが渡辺さんと会話の時は「メイデリア」と言っているような。
 まあ、「関西鉄道」が「かんせいてつどう」「かんさいてつどう」などと適当に読まれるようなもので、公式はともあれ分かればどちらでもいい、というところで。
 読みが分かりにくいサークル名で済みませんでした>Aさん

 今後も、様々な出会いが楽しみのような怖いような・・・
[PR]

by bokukoui | 2006-03-09 23:55 | 制服・メイド