最近のことなど

 前回の記事に挙げた眠気もネット環境も改善しておりません。

 世間は連休だったようですが、小生は不調のままなすところなく、荏苒とここ一週間を過ごしてしまいました。昨日頃から何とか動き始めては居ますが、何とか今月中には旧に復さないと、諸事の予定がどうしようもなく狂ってしまいます。そうやって焦れば焦るほど眠れなくなって悪循環に陥るのですが。


 そんな日々に、更に落ち込むようなニュースが。

 大江志乃夫氏死去 茨城大名誉教授

 何か一つの時代が移り変わっていくような、そんな感を抱きました。
 上掲リンク先は、大江先生の代表作として『日露戦争の軍事史的研究』を詳しく挙げていたので選びました。新聞の訃報などでは大佛次郎賞を受賞した歴史小説『凩の時』を挙げているものが多いようで、確かに同書は名作と小生も思いますが(当ブログで以前ちょこっと触れました。もう改訂版が書かれることもないのですね)、しかしやはり大江先生の代表作は『日露戦争の軍事史的研究』だと思います。

 なんだかもっとまとまった感想を書く精神的余裕がないのが更に無念です。
 今はただ合掌。
[PR]

by bokukoui | 2009-09-25 19:50 | 出来事 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/12005200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 障害報告@webry at 2009-10-04 00:43
タイトル : ここは酷い新駅舎案ですね
小田急線下北沢駅の新駅舎案が猛反発される理由[絵文録ことのは]2009/10/03 http://www.kotono8.com/2009/10/03shimokitazawa.html このクラスの乗換駅なら再開発でもっと発展しても、と思う人は たぶん下北沢に魅力を抱かず新宿に出てしまうのだろうなw 「下北沢の今の文化」を愛する人だけが「下北沢という地域の未来」を占有していいのか 東京の西側は当分は人口はごっそりと減ることはないのだから 利用客の集まる駅は開発するのは意味があ...... more
名前
URL
削除用パスワード