田母神俊雄出演の「笑っていいとも」を見てしまった

 今日は雨なので自宅でいろいろ作業をしていて、昼になったので何ぞ食さんと食卓についてテレビをつけたところ、表題の如き事態になっておりました。ブログ更新なんかしてる場合じゃないんですけど、流石に田母神氏関連の記事をいくつか書いてきた者としては無視しがたく、一筆。
 ちなみに当ブログの、田母神関連の主要記事は以下の通り。

 ・アパグループ『謀略に!翻弄された近現代 誇れる国、日本。』瞥見
 ・『諸君!』秦郁彦・西尾幹二「『田母神俊雄=真贋論争』を決着する」
 ・秦郁彦・西尾幹二「『田母神俊雄=真贋論争』を決着する」評 続き」
 ・『田母神俊雄=真贋論争』を決着する」評 蛇足的まとめ

 まあそのうち、「いいとも」の画像は youtube やニコニコ動画にアップする連中が出るでしょうから、見逃した方はそちらに。といっても、別に大したことはありませんでしたが。

 田母神氏は芸能人的に場をわきまえているのか、スタジオの観衆が大部分若い女性であることを踏まえて、自分を「人の良いおじさん」として売り込んでいる、という感じでした。「サービス精神旺盛」と自分で言っていたし、それは小生も実際そうだと思います。多分、国防と歴史に全く関わらなければ、本当に「人の良いおじさん」で済んだかも知れませんな。世間では自分を「危険人物」と言っているが、違うんだというイメージ戦略なのでしょう。小生もまた思うに、危険なのは田母神氏に託される幻想およびそれを託す人々の心境であって、田母神氏自体は、まあその、論文を書くような思考・言論の形態におよそ向いていない、ということだと思います。
 注目すべきはスタジオに贈られた花輪の多かったことで、本を出したとかいう出版社のとか、いろいろありました。アパグループからもあったのは勿論です。

 いいとものテレフォンショッキングといえば、何かお題を出して、スタジオの観客100人中1人だけ当てはまったら、出演したゲストが携帯電話ストラップをもらえるという企画がありますが、今回そのお題は、田母神氏の「論文」である「日本は侵略国家ではない」を読んだ人、というものでした。
 で、結果が2名。・・・新聞の全面広告とかで載せてたからでしょうかね。田母神「論文」については、上掲拙ブログの過去記事もご参照下さい。
 田母神氏が問題となった持説に触れたのはこの企画の所だけで、「『日本は良い国だ』と書いたら首にされちゃったけど、おかしい」みたいなことをちょっと言ってました。しかし、小生思うに、考えようでは日本は既に充分良い国でしょう。田母神氏がお昼にバラエティー番組に出ていられる、ある種のいい加減さがあるというところに。そのいい加減さの運用方向が問題ではありますが。

※追記:この田母神氏の発言にも関連して、以下の記事を書きました。
 直接的に問題になりそうな話はなかったのですが、何というか、「人の良いおじさん」の言説という“軽い”形で、田母神氏が売り込まれてゆくことに、危うさというよりむしろ膝から力が抜けるような感じがします。田母神氏をもてはやす(氏は今、月に20回も講演をしている由です)人々も、自分は決して「危険」な思想を抱いているのではなく、「人のよい」「サービス精神旺盛」な「普通」の人間であると自己規定しながら、「日本は侵略国家ではない」「良い国」と唱えているのでしょう。
 その、無反省に自分は「普通」で「正しい」と思い込まれることこそが、問題だと小生は思っています。それが無自覚に人を傷つけることがあるからです。あまり「普通」ではない、それになじめないような(大部分「普通」の人でも、どこかにそのような一面は持っている蓋然性は極めて高いでしょう。例えば「モテない」とか)、そのような人々を。

 とまれ、田母神氏の今回の出演がどのような効果が期待されていたにせよ、さすがにそれほど影響はないだろうとは思います。テレフォンショッキングでは、司会のタモリが「では、(今日のゲストのトークは終わりにして、次回の)お友達を紹介して下さい」というと、スタジオの観衆が「えーっ!!」と叫ぶのがお約束だったと思いますが、まあこれは「もう終わり?」の含意で、いわば礼砲みたいなものでしょうが、流石に今日は「えーっ!!」がなかったのでした。
 まあ、あんまり人の批判ばかり書いているのは、書いている当人の精神にも良くないので、今日の所は、田母神氏に危険なことを何も言わせないで間を持たせたタモリの司会が良かったということにしておきます。そういえば今週の「ブラタモリ」は本郷らしいですね。録画予約しておきました。
[PR]

by bokukoui | 2009-12-03 13:04 | 時事漫言