鍋焼うどんの探求(8) 巴屋@本郷(三丁目)

 タイトルが(7) 巴屋@本郷・・・と酷似してますが、場所がこちらは本郷の三丁目です。地下鉄丸ノ内線の本郷三丁目駅から、おおむね南側が三丁目で、本郷三丁目の交差点を越えて北が四丁目・五丁目・・・となっているようです。同じ本郷通りで、駅を挟んで4~500メートルばかりの距離に、同じ屋号のそば屋さんが2軒あるのでした。
 というわけで、巴屋「鍋焼 並」(1000円)です。
f0030574_1245089.jpg




 ビルの1階がそば屋さんになっています。五丁目の巴屋同様、あまり広くはありません。鍋焼うどんは並があれば当然「上 1260円」もあり、価格設定やメニューの構成、表記は五丁目のと違っています。また、この店では鍋焼のメニューに「10月頃~4月頃の季節もの」と註記してありました。
 では、本題の具の調査です。

  ・卵(半生、とろとろ)
  ・鶏肉
  ・椎茸
  ・筍
  ・麩
  ・かまぼこ
  ・なると
  ・ほうれん草
  ・長ネギ
  ・薬味の白ネギ(別添)

 天ぷらが入らない構成です。ということは「上」にすると天ぷらがつくのかな?
 五丁目の巴屋と、具は結構違っていますが、麺の感じはやや細めで柔らかいところが似ています。天ぷらがなくても、鶏が入っているせいか、卵のお陰なのか、そんなにあっさりした感じは受けませんでした。同じ名前の近所の店とどういう関係かは分かりませんが、鍋焼うどんの差別化はしっかり図られていました(笑)
f0030574_149962.jpg

[PR]

by bokukoui | 2010-03-31 23:57 | [特設]鍋焼うどん探求 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/13267398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード