高校生の世界観

 バイト先の塾で、異動した新しい校舎にて初授業。人数がこれまでの所より随分と多い(といっても8人ですが)ので色々と手探り状態。
 初回の授業では、まずは世界史の舞台を理解するということで、世界地図を描かせてみるのですが・・・

・8人中7人は、一応南極以外の大陸を認識していると見られる。
・皆愛国心に溢れているのか、日本列島はそこそこ正しく(島が四つある程度は)描いている。九州と四国を統合していた徒輩が二名いたが・・・
・アジア大陸とアフリカ大陸を分断していた者5名。みんなそんなにスエズ運河が好きなのか。
・グレートブリテン島を描いていた者は6名に及び、うち5名はアイルランドも描いていた。一方でマダガスカルは3名、インドネシアは4名、フィリピン2名、キューバ2名、セイロン0名。流石英国。

 一応いいかなと思えるのは半分くらいか・・・まあ、これでも予想よりはマシでした。

 小生の描き方では、赤道と北緯40度線をまず描いてから描くことにしています。また、大西洋を中心にして描く方が描き易いように思います。世界史の理解の場合も、有体に言えば大西洋中心の世界地図の方が便利ですし(近代でしか世界地図は使わないので)。
[PR]

by bokukoui | 2006-03-20 23:58 | 出来事