「メイドさん放談2010」公開のお知らせ その他ネット関係

 このところ、一日中眠いのにいざ寝ようとするといっかな眠れず、無闇と食いたくなる割に消化器の膨満感も絶えず、ひたすら懈さに丸まっているような日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。そんなこんなで、今週初めには更新しておく筈だった本記事も、週末になってしまいました。

 というわけで、毎年恒例の、


 が先日公開の運びとなりました。ご関心のある方は是非ご覧下さい。
 今年の記事公開は、昨年よりは早かったとはいえ、放談出席者が減った割に遅れたのは、相当部分小生の責であることをお詫び申し上げます。そんなに放談前に呑んだ覚えはないのですが、読み直してみて自分でもハテどういう趣旨の発言なのかしらん? と頭を抱え込むような箇所が少なからずありまして・・・一応直してはみましたが、意味不明の箇所への苦情などありましたら本記事のコメント欄にでもお問い合わせ下さい。あ、酒井翁への絶賛のコメントは、翁のブログのアップ告知記事にお願いします。

 ところで放談中に、酒井翁に『「メイド喫茶の起源はSM倶楽部ではなかろうか」論』という同人誌をご紹介いただき、貸していただいて読みましたが、これは確かに面白い同人誌です。小生が以前ブログに書いて編集の上サイトにアップしておいた記事「メイド徒然話~メイドさん=スパゲティ理論 或いは「メイド喫茶」批判再考~」というのがありましたが、この記事で小生はヴィクトリア朝からアメリカを経て日本にSMなどアングラ文化の形で「メイド」が入ってきたのではないか、と指摘しました。『「メイド喫茶の起源はSM倶楽部ではなかろうか」論』は、SMクラブのイメージプレイから「メイド喫茶」に至る流れを、風俗に関するいろいろな雑誌記事などをもとに説明しておられます。「ロールプレイ」という発想で、SMクラブなんかと「メイド喫茶」を繋いだのは、なかなか説得力があります。機会があれば、タコシェで探してみようと思います。
 本来ならここで、この同人誌の所論について考えたことなど一筆してみたいのですが、なかなか余裕がない以上に、「メイド」方面の感度が鈍ってしまって、どうも思い付きが発展しません。そのうち『倒錯の偶像』を読み直して何か書こうとは思ってるんですけど。この本を読めばまた触発されるところはありそうなんですけどね・・・畢竟、「メイド」方面に関して何か新たな知見を得ていないからだとは分かっているのですが。このカテゴリの更新も去年の放談の告知以来ですね。

 ことのついでで申し訳ないのですが、「メイドさん放談」中でも触れている、資料系メイド同人の雄として著名な、今度商業出版されるという、spqrの久我さまから、上に挙げた拙稿についてメールをいただいたことがあるのですが、久我さまに返事をしないままにしてしまったことがあります。この場で伏してお詫び申し上げます。
 小生はどうも「メール」という媒体が極めて苦手なので、失礼の無いような返事をしようとするあまり、そのまま返信不可能状態に陥ることがあります。返事をしない方が失礼だと理屈では分かっていても、こればかりは治らないままです。社会不適格者ですみません。ブログのコメント欄なら多分返信すると思いますので何卒・・・
 ご無礼の段、重ね重ねお詫び申し上げる次第です。


 なお、自分でも久しぶりに上掲サイト記事を閲覧してみたところ、半年以上MaIDERiA出版局サイトを放っておいたために、ページの先頭に広告が勝手に掲載されていました。いつの間にやらそんな仕様になっていた模様です。おまけにアクセス解析がサービス終了だとかで、取り敢えず半年放置はまずかろうと「よりぬき『筆不精者の雑彙』」を半年ぶりに更新し、アクセス解析を外しておきました。もっともまだ広告が消えていないようなのですが・・・
 サイト内広告といえば、エキサイトブログが来月から無料サービスのブログに広告を表示させるそうです(→「7月からの記事内広告表示に関するお知らせ」)。世知辛い世の中ではありますが、無料サービスのユーザーとしては文句を言うのもなかなか難しいところです。ただ、実施の半月前になって、メールではなく、ブログサイトのトップやブログ投稿画面の「お知らせ」コーナーにひっそりリンクされているだけという、こそこそした告知方法はまずかっただろうと思います。しばらく放っている(小生も半月くらいログインしなかったことは過去にあります)ユーザーにとって不意打ちになりますので。
 なんか「引っ越してやるー!」的な声が上掲リンク先に多いのは宜なるかなではありますが、当ブログについては、過去の記事にリンクして下さっている方も多いことを鑑み、移転はしないつもりです。というか、面倒なので(苦笑) ですが、当面は来月からブログに広告が入るらしいので、その旨ご承知下さい。
[PR]

by bokukoui | 2010-06-25 22:33 | 制服・メイド | Comments(2)

Commented by 久我 at 2010-06-26 00:43 x
お久しぶりとなります。

メールの件、お気になさらずに。
こちらこそ、急なものでしたので、失礼いたしました。
エントリ、随分参考になりましたので。

対談への感想は酒井さんのところにも書きましたが、
私はメイド喫茶には詳しくなく、源流について意見を持ちません。

その点で墨東さんのエントリや、アメリカ経由のお話などに
学びたいところがあるので、ひっそりと更新をお待ちしています。
Commented by bokukoui at 2010-06-28 23:50
こちらこそご無沙汰で申し訳ありません。メールの件につきましては重ね重ねお詫び申し上げます。

コメントありがとうございます。
「メイド喫茶」源流云々の件については酒井翁のブログのコメント欄に書いたとおり
(http://sakaishizue.blog42.fc2.com/blog-entry-424.html)
ですが、誤解を与えてしまったようで失礼致しました。

直接「メイド」とは離れるとしても、例えば英国のガーデンシティ概念が日本で換骨奪胎される過程など、いくつか書きたいテーマは考えておりますので、気長にお待ちいただければありがたく存じます。