池袋の「中華街」で白酒(中国焼酎)を呑み犬を食う話など

 昨日今日と、暑さと湿度にすっかりやられてへたり込んでおりましたら、今日は午後になって急に雹と雷雨になり、あまつさえ落雷で停電まで起こる始末でした。そんなこんなで論文も仕事も進まず、引き籠もって他の方との連絡も途絶状態で、いろいろと申し訳ない限りです。
 しかしへたり込んでいるばかりなのも芸がないので、なにがしか精の付きそうな話でも一席。

 小生はそんなにしょっちゅう人と呑んだりはしませんが、ここ1年くらいは、呑むなら極力池袋の“中華街”に出掛けています。前にもちょっと怪しい中華料理店の話を当ブログでもしました(「注文の少ない料理店・岩男潤子さん篇」他)ように、元々中華料理は好きで、辛いものも好みでしたが、そんなB級グルメ愛好者にとって、池袋駅の北西に集まっている中華料理店はまことに魅力的な店と料理が揃っています。これははじめ、物好きな友人にたまたま紹介されて行ったのですが、すっかり小生も魅せられ、今では人と飲み食いする話になるたびに池袋で呑むように仕向けて、同好の士をせっせと増やしています。
 池袋の“中華街”の店は、横浜の中華街が戦前の華僑によって形作られ、その出身者が華南中心だったので広東なんかの料理が多いのと比べ、近年(90年代以降くらいらしい)形成され、また華北や東北(昔で言う「満洲」)や四川なんかの料理が多いところに特徴があります。で、一世紀かけていわば日本化された横浜のと違い、池袋のそれは中国現地仕様に近いので、香辛料(唐辛子とか山椒とか香菜〔シャンツァイ、コリアンダー〕)をしこたま投入した強烈な味わいが売りです。これは日本では、人によって好き嫌いが分かれるところと思いますが、物食いの良い友人に恵まれて我ながら幸いです(笑)

 てなわけで、考えてみれば年中へばっている小生を誘ってくれる有り難い友人諸氏と、時間と体調の許す折は池袋で飲み食いしております(といっても精々月1回くらいか)。
 で、しばらく前にその中の一軒・大宝(池袋北口店)で食したメニューが実に旨く、忘れられないので以下に紹介します。精も付きそうだし。
f0030574_2183443.jpg
大宝 池袋北口店の犬のスープ

 というわけで表題の如く犬です。
 当ブログではずいぶん前に、石毛直道先生の本を紹介し、中国で犬猫の類を食う話などしましたが、池袋の中華料理店では、犬を出す店が結構あるようです。さぞアクが強い味であろうと期待しつつ箸を延ばすと、これが意外なくらい上品で、程よい辛さと相俟って実に美味でした。牛豚鶏よりは多少癖がありましたが、羊(羊料理が質量とも豊富なのも池袋の特徴)よりは癖が少ない気がします。料理法も良かったのかも知れませんが。
 というわけで、小生はとても「犬が好き」です。中華料理は一人で行っては楽しめないので、同道の愛犬家(意味違う)の方を募集しております。もっとも、店員のみならず客もあらかた中国人で、店内公用語が中国語状態というさしもの池袋でも、犬肉の在庫はさほどないのか、注文したら無かったこともありました。日本では仕入れが難しいのかな。

 さて、池袋の“中華街”に小生がはまっている理由にはもう一つ、白酒(中国焼酎)を小生がすっかり気に入っているという事情があります。これについてもことのついでに一筆。

 概して、紹興酒は嗜むという方は多くても、白酒を好んで呑む物好きな日本人は少なかろうと思います。大体その存在すらろくすっぽ認知されていないでしょう。小生もやはりそうでした。それが呑むようになったきっかけは全くの勘違いだったのです。
 それは昨年某日、渋谷の台湾料理の名店・麗郷で食事をしておりました時、同道者が紹興酒を注文しようとして、間違えてメニューの「中国輸入酒」の一番上(確か)にあった「高粱酒」を注文してしまったのでした。間違えたと気付いた時には後の祭りでしたが、もったいない精神を発揮して呑んでみたのです。

 50度を超えるアルコール分の強烈な刺激が、舌を焼き、喉を焦がし、胃に沁み込んでいくと同時に、独特の香りが鼻から抜けていきます。そして胃から沁み込んだ熱さが、体の中全体にじんわりと広がっていきました。
 その時、小生は「火酒」という言葉の意味を初めて理解できた気分になりました。そして、寒冷なロシアの住民がウォトカを愛飲する理由も、なんだか腑に落ちたのです。なるほど、これは効く。

 以降、小生は白酒を呑む機会を窺うようになったのですが、日本では中華料理屋こそ多々あれど、紹興酒はあっても白酒を出す店は決して多くありません。まあ、注文する人が少ないでしょうから無理もありませんが。その点、池袋はどこの店でも常備しているし、料理も羊肉を使ったり香辛料が多かったりと、白酒との相性もばっちりです(その点、麗郷は台湾料理なので紹興酒向きではないかと思います。白酒の銘酒として名高い汾酒を置いているのは有り難いのですが)。
 もっとも池袋の店でも、品揃えはさほど多いようではなく、また銘酒となると結構なお値段です。大体どこの店にでもある主力品種で、値段がお手頃なのは、北京の「二鍋頭」と山東省の「孔府家酒」みたいです。
 二鍋頭は、ウィキペディアの「白酒」のページに「紅星二鍋頭」の100mlの小瓶が掲載されているようなメジャーな存在らしく、その「紅星」ブランドが有名なようです。もっとも、ちょいと検索してみたところでは、有名というのは別に高級なのではなく、安くて広く売られている、ということのようです。日本で言えば「大五郎」みたいなもんでしょうか。安くて強い、まさに「人民の酒」ってとこじゃないかと。香りは少し癖があるかも知れませんが、気になる程じゃない・・・と思います。
 孔府家酒の方はそれと比べるともうちょっとブランドものらしく、池袋の怪しい中華料理店の中でも特に怪しいと衆目の一致する「知音食堂」で「白酒はどれがおすすめ?」と聞いたら、店員さんはこれを勧めてくれました。一番安い二鍋頭(紅星ブランド)よりは高いですが、二番目のお手頃価格でした。これは香りが結構良く、日本人にも呑みやすいんじゃないかと思いますが、ただ池袋で提供される孔府家酒はアルコール度数が39度と低めのものらしく、舌を焦がし喉を焼く強烈さに乏しい憾みがあります。
 その他の酒は値段が上がるので気楽には呑みにくいのですが・・・ま、機会があれば今後とも挑戦していきたいと思います。

 で、ブログにこんな記事を書いているのは、無論同道者を求めるためです(笑)。白酒は大体一瓶500mlで供されますが、これを一人で飲むのはどうも危ないし(苦笑)、グラスで出す店もありますが割高ですし。
 小生を池袋に誘ってくれた友人は二人おりますが、一人は呑まない人で、もう一人は逆に酒好きなのものの、日本酒や焼酎やウイスキーはいくらでも呑むくせに、白酒には今ひとつ付き合ってくれないのが残念です。どうも相性というのは仕方ありません。小生は日本酒呑めないしね・・・(←またぞろ小生の「在日」疑惑が再燃しそうです)
 その点、憑かれた大学隠棲氏と、同氏の高校の先輩の方と3人で呑んだ時は、ご両人とも結構気に入って下さったのか、大いに盛り上がったのは幸いでした。流石、酒屋が作った学校の卒業生だけのことはあると感心した次第。きっと家庭科の時間に樽酒でも振る舞われていたのでしょう。

 さて、いつの間にかえらく長い記事になってしまいました。池袋について書きたいことはまだまだあるのですが、未だにくたびれ感が取れずに身動きが思うに任せない状況なので、ここで一旦切って続きは後日に。

※中華料理や犬・白酒などの話の続きはこちら。
 ・爆発!? する中国製「燕京ビール」を池袋で愛飲してた話
 ・池袋で犬を食い白酒を呑んだ話・つづき 白酒飲み比べ談
 ・羊串狗肉 東京で犬を食う話・続き~楽々屋@池袋、故郷味@御徒町
[PR]

by bokukoui | 2010-06-28 23:59 | 食物