「やつら」と「わたしたち」

 高校生の時分だったか、国語で長田弘の「『敵』という名の怪獣」という話を読まされました。その頃は余りその意味が良く分かりませんでしたが、今はいくらか判るような気がします。

 で、奈良県でこんな条例が可決された由。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/060310.html
 この記事では「案」ですが、通っちまったそうです。
 そのことをニュースで聞いて、冒頭に書いたようなことを思いました。

 当ブログ読者の方に多いであろういわゆる「オタク」方面の方と密接に関連する条項を挙げるならば、18歳未満の者が「正当な理由がなく、有害図書類(奈良県青少年の健全育成に関する条例第21条第1項の規定により指定された図書類又は同条第2項の規定に該当する図書類をいう。以下同じ。)及び有害がん具刃物類(同条例第22条第1項の規定により指定されたがん具刃物類をいう。以下同じ。)を所持する行為」が「不良行為」に含まれている模様です(ネット上で見つけたのは2月20日時点の案なので、可決されたものとは異なっているかもしれません)。「正当な理由」って何なんでしょうね。
 そして、この条例の第4条には(同上)、「県民(少年を除く。)は、不良行為少年を発見したときは、当該少年にその行為を止めさせるため必要な注意、助言又は指導を行うとともに、必要に応じ、保護者、学校(学校教育法第1条に規定するものをいう。以下同じ。)の管理者又は職員(以下「学校関係者」という。)、警察職員その他少年の保護に関する職務を行う者に通報するよう努めるものとする。」のだそうでございます。
 松文館事件を想起せずにはおられません。あの事件は、息子がエロマンガを持っていることに気が付いた親が、何をトチ狂ったか、平沢勝栄に通報して漫画家と出版社を逮捕させた事件でした。そんなこと家庭内で解決しろと思わずにはいられませんが、条例の文面からすれば、奈良県ではこのような行動が推奨されることになるのでしょうか。

 さて、数日前に書いた記事のコメント欄でのたんび氏のご指摘と本件の問題構造は通底するような面があるのではないかと思われます。それは、世の中の様々な問題は、清く正しく暮らしている自分とは関係ない「やつら」が外部から襲ってくるために起こってくるのであり、自分は正統性をもって「やつら」を批難することが可能で、かつ「やつら」を排除すれば問題は解決すると考えてしまいがちな心理状況が少なからず存在する、ということです。
 考えてみれば、「オタク」もその心理状況下で「やつら」として排除される存在の有力候補ですね。最近いろいろと話題になったお蔭で、あまりそのような目に合わなくて済む(そのような振舞いをする輩がいた場合、少なくともネット社会では逆に徹底的に攻撃される)ようになって慶賀の至りですが、その一方で「オタク」の持っていた「何か」が失われたような気がしなくもありません。そこまでして掴むほどの地位だったのか、どうか。

 まあとにかく、陰謀論とかにはまらないようにしよう、というのが本稿の趣旨な訳ですが、言うは易く行なうは難し。自分にとって嫌いな「やつら」(嫌韓厨の心理とかはこれかな?)、何をやってるんだか分からんような「やつら」(宗教関連とかが例でしょうか)、何かキモいことやってるような感じの「やつら」(同性愛者差別とかこれですね。やおいも入るのか?)に対してもそう言えるかどうか、「DQN」「珍走団」「学会員」とかを代入して思考実験することにします。仲良くする必要はさらさらありませんが、別段いちいち宣戦布告する必要も必ずしもないだろうし、そういう攻撃的な行動は、最後は自分の首を絞めるはずだからです。
[PR]

by bokukoui | 2006-03-24 23:57 | 時事漫言