鍋焼うどんの探求(17) 味のデパート コシバ@川崎

 鍋焼うどん企画を続けますが、今回は本郷を離れて川崎へ。なぜ川崎かといいますと、当ブログの先ほどの記事「鉄道とエロの微妙なお話~京浜急行電鉄社内報『けいひん』より」中にあるように、神奈川県立川崎図書館に調査に行ったためです。で、川崎駅から図書館へと歩いている途中、やや遅めの昼食を摂ろうと思い、沿道の飲食店に入った際の成果が今回のものです。
 というわけで、川崎駅付近の味のデパート コシバにて、「なべやきうどん」(780円)を食しました。
f0030574_22303238.jpg





 今まで当企画で鍋焼うどんを食べに訪れたお店は、どこも蕎麦屋もしくはうどん屋でした。しかし今回は、店名にもあるとおり、専門の蕎麦屋・うどん屋ではなく、街の普通の「食堂」という感じのお店です。小生は「味のデパート」という、わかりやすくいえば「昭和レトロ」的(この表現は好きじゃないのですが)フレーズを掲げた看板がふと目に留まり、店のショーウィンドーの食品サンプルを眺めました。
f0030574_2250650.jpg
 とんかつ、エビフライ、カキフライ、コロッケなど揚げ物の定食、ハンバーグにナポリタンやオムライスなど「洋食」、ラーメン・焼きそば・中華丼など中華系、とまあ何でもありの一昔、いやふた昔前の正しい食堂です。そしてそのサンプル中に、これを小生は見いだしました。
f0030574_22534997.jpg
 をを、これは! 蕎麦屋以外でも鍋焼とあらば探求せねば、と早速小生は暖簾をくぐりました。

 入ってみれば、これまたふた昔前の内装、というか、学食みたいな味も素っ気もないテーブルに、パイプ椅子が並び、おばあさんが店番をしてます。しかし、これは大事なことなのですが、センスがふた昔前でも、内装そのものはとても綺麗なのです。特に床なんか、最近工事でもしたのかぴかぴかです。照明も蛍光灯が無闇と明るく、雰囲気はありませんが、しかし時代に取り残された食堂ではなく、どっこい現役で盛業中のお店のようでした。
f0030574_2333510.jpg
壁に貼られたメニューいろいろ

 上の写真のように、壁にいろいろメニューを貼りだしているのも昔ながらの食堂の雰囲気をかき立てますが、注目していただきたいのは、壁に貼られたメニューの紙がどれも綺麗で、文字も墨痕鮮やか、という感じであることです。これも盛業中の証左かと思います。
 そして、豊富なメニューがどれも安めです。この鍋焼うどん探求企画でも、780円というのは最安値です。しかし安いのは他のメニューも同様で、たくさんあるメニューを眺めたところでは、どうも一番高いのはえび天ぷら定食1100円、のようでした。どうもこれ以外、4桁のメニューは無いようです。こうなると、素っ気ない内装も余計なコストをかけない営業努力、と好評価に変わります。

 さて、肝腎の鍋焼うどんについて検討してみます。具は以下の通り。

 ・えび天
 ・卵(普通の落とし卵、黄身とろとろの固さ)
 ・かまぼこ
 ・なると
 ・麩
 ・鶏肉(2片)
 ・椎茸(半分)
 ・さやいんげん(2片)
 ・長ネギ(2片)
 ・薬味のネギ(別添)

 具はおおむね蕎麦屋のそれと変わりないものといえそうです。彩りのさやいんげんがやや特徴といえるでしょうか。個人的には鶏肉の入っているのが好みなので、これはいい感じです。だしは濃いめで、しっかりした味でした。それもまた食堂の雰囲気に相応しいといえましょうか。麺は太めで、柔らに煮てありました。コストパフォーマンスまで考えれば、全体としてなかなかです。

 というわけで、初めての「蕎麦屋以外の鍋焼うどん」探訪でした。今後も蕎麦屋に限らず見ていきたいと思います。
 余談ですが、「蕎麦屋以外の鍋焼うどん」の裏返しとして、「蕎麦屋のラーメン」という探求も、いつかやってみたいと思っているのですが、小生は鍋焼うどんで手一杯です(笑)。どなたかブログのネタにどうですか?

 最後に、店の外観と場所を掲げておきます。看板のセンスも「昭和」ですね。
f0030574_23434721.jpg

[PR]

by bokukoui | 2010-12-22 23:59 | [特設]鍋焼うどん探求 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/15209918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード