謹慎・断酒のお知らせ

 本記事は地震による「自粛」とは関係ありません。地震よりずっと前からの事情で、どさくさ紛れというか。
 至極個人的なことで、小生と不幸にして直接の関係を持ってしまった方々向けの報告です。



 先月後半から今月前半にかけて、当ブログの更新が滞っておりましたのは、小生がいささか負傷して逼塞を余儀なくされていたからです。
 それも災害なぞではなくて、非常に間抜けなことに、酔っ払って駅の階段から転落し、頭を中心に全身を激しく打って、頭部から大量に出血して救急車で病院に担ぎ込まれ、頭部を19針縫った挙げ句、数日病院に泊まる羽目になったというものです。阿呆らしすぎて我ながら言葉もありません。何より、酔っ払ったあたりで記憶がなく、気がついたら病院にいたという顛末です。
 然るに悪運強いというべきか、幾ら検査しても脳や骨に何らの異常は見られないということで、入院は比較的短期に終わりました。しかし頭頂部の傷は結構深く大きく、単に切れたというよりえぐり取られた(どういう落ち方をしたんだろう?)ようになっており、数週間を経た現在でも何だか体液が沁み出しているようです。大袈裟に言えば、「インディアンにトマホークで頭の毛をむしられた」みたいな状態です。今でも糸が残っていて、どうかすると頭が痛んだり(中も外も)めまいがします。
 更に全身を打った打撲も今なお癒えず、首や肩や背中などが痛むほか、右膝の感覚が未だに一部回復しておらず、階段の上り下りなどがちょっと不都合です。階段は上りよりむしろ下りが厄介に感じられ、地震後の節電で下りのエスカレーターが止められている昨今は厳しい情勢です。
 かかる状況のため、先月末より今月半ばまで、逼塞を余儀なくされておりました。現状でもパソコンを扱うような姿勢を続けることが苦しく、論文も仕事も捗らない有様です。

 酒を過ごすことが今までないではなかったとはいえ、ことここまで至ってしまってはやはり当分の間アルコールを断ち、身を慎む所存です。そもそもあまり動き回れる状態でもなく、元来人と会わなければ飲むこともない習慣なので、しばらく謹慎します。酒の席に同席されていた方々、通報して下さった方には心よりお詫び申し上げます。
 奇しくも更新中断前の最後のブログ記事中で今後は極力世界との関わりを減らし、人と会わない・会っても話さない、何もやらないなどと述べましたが、その方針の正しさを改めて確認した次第です。小生が現実に人と関係を持つことは、今回の件のような重大なリスクを伴うものだということを我ながら痛感せずにはいられません。
 ですので今後は謹慎し、極力皆様と関わらず、ご迷惑をかけないように致します。

 それにしても、怪我をした日も元々調子がいいわけでもなかったので酒は控えようと思っていたはずだったのに、どこでたがが外れてしまったのかと、我ながら悔いるばかりです。
 一つには、その席でお会いした方々が大変素晴らしく面白い方々だったので、珍しく気分が高揚したということもあろうかと思いますが、やはりなにがしか鬱積していたものがあったということが大きな原因であることは疑う余地がありません。ますます人と会うべきではないですね。

 いいわけめいてますが、それでは先月末に何が鬱積していたのかと思い返しますと、全般的な不調やそれに起因する諸問題は以前からのことで、それが特段今更の引き金でもなさそうに思われます。やはり先月、更新中断前の記事で書いたように、小生の知人の中でも特に札付きの悪質クラスタの諸氏から、「呼吸するように他人の人権を蹂躙する」「差別と偏見に満ちた妄想を公共の場で垂れ流す」「公教育の限界」「最後の一人になっても民衆に発砲し続けるカダフィ親衛隊員のようだ」「強制収容所の囚人長が適任」などと忠言されたことがなにがしかわだかまっていたのだろうと思われます。しかし本件が皮肉にも、これらの指摘の正しさを立証してしまったわけです。
 なお、小生の負傷を聞いた上掲悪質クラスタ諸氏の反応は「駅の階段でなくてホームだったら」「まったく、ここで生き延びて何の幸運だったというか」といったところでした。いずれにせよ、社会性が欠如した連中にすらこう言われるようでは、世間のまっとうな方々にお会いするなど反社会的行為でしかありません。
 負傷して身動きもままならず悶々としながらそんなことを思わざるを得ませんでした。ただ今は謹慎と断酒に専念するのみですが、しかし上掲悪質クラスタの諸氏が誘われるのでしたら話は別です。彼らなら文字通り、小生が「死ぬまで」つきあってくれるでしょうから。

 なお、本件に関する反響をもう一つ。
なんか3000年後くらいに「太古の人々は階段落ちの危険の中で生きていた」というナレーションの背景の映像が『戦艦ポチョムキン』という地獄絵図が展開されそう
5:49 PM Mar 1st
Im_Weltkriege
Study Hard
 これを読んで、一瞬HNを「ポチョムキン墨東」に変えようかと思いましたが、流石に止めておきました。
[PR]

by bokukoui | 2011-03-23 23:45 | 身辺些事