今日も思いつくまま・当てもなく教育について語ろうとする

 以前に村上ファンドが阪神株を手放すという情報で下らぬ憶測記事を書きましたが、結局は阪急が引き取るという話がここ数日出ています。阪急単独で全部引き取れるのか疑問の余地は大きいですが、どの私鉄が引き取るかという点では妥当な話でしょう。やはり岩下清周は正しかった?

 それはともかく、少し前に教育について何か書こうとして挫折しましたが、もしかするとそこで語りたかったことに繋がるかもしれないコラムを日経新聞本日の夕刊に発見。それは金田一秀穂氏の「にほんごチェック」という記事です。表題は「『〇〇力』安直な造語飛び交う」。ちょっと引用してみましょう。
 「力(りょく)」は今一番はやっている造語成分といってよさそうだが、なんでもかんでも、力をつければいいというものではなかろうとおもう。
 少し前に、老人力ということばを赤瀬川原平氏が発明した。老人特有のゆっくりさ加減、力の抜け具合を表したことばで、マイナスの力のようなものであった。そこでの力というのは、決して強いものではなく、それをあえて「力」と言い当てたところに、センスのよさがうかがえた。しかし、昨今の「力」には、その洗練が見られない。
 なるほど、言われてみれば最初は赤瀬川原平氏だったかも。「力」とは通常決して見做されないものを敢えて「力」と呼ぶところにセンスがあると金田一氏は指摘し、しかし最近のにはそれが欠けていると批判、「(最近の「力」は)何らかの積極的な価値のことであり、力さえあればいいだろうという安直な思想が見え隠れする」とまとめています。
 この手の安直な「力」の最高峰に「人間力」が位置します(アマゾンのカテゴリ「和書」で「人間力」と入れて検索し、発売年月日順に並べてみるとなかなか楽しいです。どうも教育現場で生み出されたらしい言葉が、加藤諦三センセイや船井幸雄大センセイあたりによってビジネス界に導入され、ゴキブリのように繁殖していく過程を見て取ることができます)が、ともあれ、この手の安易な「力」使いを流行らせたのは、まず間違いなく齋藤孝でしょう。
 アマゾンで彼が本のタイトルに使っている「〇〇力」という言葉を調べると、「作文力」「質問力」「国語力」「少年力」「日本語力」「コメント力」「潜在力」「集中力」「眼力」「英語力」「段取り力」「読書力」・・・他に「~チカラ」なんてのも幾つかありましたが、これだけ書いていればこいつが安易な「力」をはやらせた張本人である可能性はかなり高いでしょうな。齋藤の著作に「体育会系的な明朗さと健康至上主義」を日本文学の研究者・坪井秀人氏が指摘したと、香山リカの本に書いてあったけど、齋藤の言説の背後にあるのが「力さえあればいいだろうという安直な思想」であることは、かなり確かなのではないかと思います。
 さて、話はここから本題に入りますが、今日はこれ以上考えていないので続きは明日。
[PR]

by bokukoui | 2006-04-18 23:59 | 時事漫言