特別・通勤・臨時・快速

 多分風邪だと思うのですが、喉の具合が悪く万事だるくてやる気が出ず(←それはいつものこと)、今日は早くに休もう、どうせ書くネタもないし、などと思っていたところ、以前紹介した覚えのあるこちらのサイトで知ったのですが、「大学生における準ひきこもり行動に関する考察 ―キャンパスの孤立者について―」なる文章を発見して一読。検索してみたら結構話題になっているみたい。

 我ながらあてはまるところ少なからず感じられ、といって正直「全く自分そのまま」というほどでもないという感想です。
 就職活動は全くしなかったし、必要以上に人付き合いをすることは余りなかったし今もありません(大学はそのよう煩わしさがない、というのは素晴らしいことだと思うのですが)。中高で不登校ではなかったけど学校自体が開放病棟みたいなとこだったし。友人がいないわけではないですが、人に物事を相談するのは極めて下手です(聞く方は割と平気)。なので論文なども一人で抱え込んで自爆する方ですな。それでも一人で出来る仕事の方が共同作業より気楽です。もっとも学業成績は(機密)。
 しかし、若者らしく溌剌であれ、男らしく性役割を受容せよ、人と交われなどという社会的圧力にどうにも馴染めない人間が、何とか居場所を見つけて辛うじて社会不適格者のレッテルを貼られるのを免れているという状況もここには含まれているわけで、余程問題が顕在化するまではあまり突っついたりするのは良くないのでは、とも思うのです。

 トータルで言えば、小生は「準ひきこもり」に近い性格を多分に持っているけれど、全くあてはまるとは(自己判断では)言えないだろう、となりそうです。
 しかし、「準ひきこもり」自体が「ひきこもり」と「正常」な人間との間のグレーゾーンというか、境界事例を一つのカテゴリとして自立させたものといえそうなものですが、さらにその境界の境界みたいなところにいる小生はなんと名乗ればよいのでしょうか。「準」の下だから「区間ひきこもり」くらいかね?
 上掲の文章は、話題提供としては意味がありますが、本当に一つのカテゴリとして取り上げようとするといろいろ難しいところもあるように思われます。だからといって全く否定するつもりもありませんが。
[PR]

by bokukoui | 2006-05-15 23:58 | 思い付き | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/2177986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 労働収容所 at 2006-05-17 01:16 x
ううむ、それでは私は社会不適合を宣告される前に、世間の連中は溌剌とする方向性が間違えていると主張してみたいと思います。
あと女も軍隊に入れ、物事を人間関係に堕落させるなを付け加えて。要するにいつも私が言ってる事ですね。こりゃいかんな。
Commented by bokukoui at 2006-05-19 10:12
緒方氏の場合は社会不適合な振舞いをすることによって社会に適合するという極めて高度なテクニックを使用しておられるのではないかと愚考しております。
Commented by 某後輩 at 2006-05-25 00:48 x
毎度の如く遅レスですが。

紹介されていた論考、自分のことかと思って身構えて読みましたが全然違うと分かって一安心。もっとも身内にかなり当てはまる人がいるので喜べませんが……。

ラーゲリ氏>

「敢えて人の嫌がることをやる」「敢えて空気を読まない(というか、空気に逆らった)言動をとる」など、ラーゲリ氏の高等テクには毎回目を見張るものがあります。全く真似したくありませんが(笑)
Commented by bokukoui at 2006-05-27 15:45
>某後輩氏
確かに貴殿の場合とは全く異なりますね。非社交的、ということはないですから・・・。
あと私信。日曜日は行きます。
名前
URL
削除用パスワード