メイド徒然話~スパゲティ理論本論(2)

 昨日の続き物ですが一体いつになったら終わるんだこの話。書いてる方もいい加減草臥れてきただけあって、読者の方はさだめしもっと呆れておられるのでしょう、このブログの来訪者は先週から急激に減少中です(笑)。この分で行くと今月中にゼロになります。それもまたよし。

 さて、前項で「フレンチ系もクラシック系も、もとを辿れば同じ穴の狢、コインの裏返しに過ぎないのではないか」などと書きましたが(造語の意味は前項参照)、その理由を以下に述べます。

 小生が読売新聞ブログやワンダーパーラーの経営理念などから感じた違和感、或いは『エマ』を持ち上げる一部の声に感じた違和感は、自分たちの趣味をいわば高尚なものと思い、いわゆる「メイド」喫茶を批判する論調でした(もちろん、ブームに乗った安易な「メイド」喫茶が多いことは事実ですが、ブームに乗ったいい加減な〔短期的利益のみ最大化する〕経営の存在自体はあらゆる業種に見られることであります)。一例として、小生が「クラシック系」の命名を思いついたミクシーの「クラシックメイド好き集まれ!」コミュニティの意見に、しばしばこのような論調を目にすることができます。
 同コミュニティでのこのような「メイド」喫茶批判に対し、ちゃんと「ヴィクトリア朝のメイド」と「メイド喫茶」は別物と割り切って楽しめばいいではないか、とまことに穏当で紳士的にとりなす方もおられるのですが、それがかの「制服学部メイドさん学科」の人だったり(でも誰もそのことを指摘していない)、「電脳メイドしづ子20GB」の中の人だったりするのが、やはりなすべき人はなすべきことをしているのだなという感慨を小生に齎すのでした。

 ともあれ、これらの至極穏健でまっとうな議論でも、「メイド」喫茶とクラシックな「メイド」趣味は区別されることが前提になっているようで、もちろんそれは当然のことなのですが、一歩引いてみると案外両者は同じ起点から生じたのではないかと小生は思うのです。
 上掲コミュニティなどから読み取れるように、クラシック系の「メイド」趣味の方々は、主従関係であるとか信頼関係であるとか、そういったものを称揚する方が多いように思われます。しかし、19世紀の後半にもなりますと、中産階級や労働者階級の地位が向上する中でそのような主従関係は次第に崩壊してゆくわけで(それ以前にそもそもそんなものが存在したのかどうかということ自体検討せらるるべきですが)、そんな時代にどう対応してゆくのか、そこでいくつかの方法が考えられます。
 一つは「主従関係のあるべき姿」を想像してそれに傾倒する、というものです。こういった思いで描かれた作品の世界観に憧れる系譜が、現在の「メイド」趣味におけるクラシック系に繋がることは自明でしょう。実際の主従関係はそのような美しいものでなく、雇う側も雇われる側も精神的に面倒なことが多くあったということ、上流階級の場合そのようなゴタゴタは執事や女中頭が労務管理を行うことで避けられたにしても、その場合主人一家と使用人との直接的交流は殆どないのですから、やはりクラシック派の方々が憧れる麗しい主従関係は一般論としてはユートピアの産物と言わねばならないでしょう。
 もう一つは、崩壊していく主従関係をパロディ化することで、現実と異なる夢の世界に遊ぶというものです。フレンチ系はこちらに属すると考えられます。というのも、「フレンチメイド」という言葉の発祥は、バーレスクという諷刺喜劇(古典をパロディにしたりする)にあるそうで、1880年代(ヴィクトリア時代末期であることに注意)に確立されたバーレスクの衣裳というのは、露出度の高いえっちなものであったといいます。流石に当時は全部脱いじゃうと捕まるので、ミニマルな衣裳であったようです。しかし、バーレスクは1930年代になるとただのストリップに堕してしまったとか。
 が、一方で1930年代になると、ラバーやらレザーやらの加工技術の進歩を受けて現代的なボンデージ衣裳が登場し、SM文化が開花するに至ります。鞭打ち趣味はそれ以前から(諸説あるようですがヴィクトリア時代に行われていたのは確実)売春宿などで行われており、これらが融合してご主人様(女王様)―奴隷(メイド)のプレイスタイルが形成されてきたのでしょうね。

 まとめると、一見異なっているように見えるクラシック系「メイド」趣味もフレンチ系「メイド」趣味も、その源流を辿れば、19世紀の変化する社会に揉まれた人心が安らぎを求めて創り出した幻想世界にあったという点で共通ではないか、ということです。
 猛烈に乱暴な比喩を使えば、森薫『エマ』2巻に人攫いに攫われた少女時代のエマが、人攫いから逃走するエピソードがあります。脱走に成功したら使用人になって、失敗したらフレンチメイドになっただけだ、ということかもしれません。

 やっとこの議論も先が見えてきました。しかしまだ肝心の「スパゲティ」の意味を説明しておりませんね。もう一日だけ、お付き合いください。
[PR]

by bokukoui | 2006-06-05 23:59 | 制服・メイド