クリスマス記念・台湾の教会いろいろ~台湾ところどころ(3)

 今日はクリスマスです。クリスマスといえば、本来なら教会に行って神に頭を垂れるべきところ、99%以上が非キリスト教徒の日本人は、イルミネーションなんか飾っちゃって、お祭り騒ぎの口実でしかなく嘆かわしい限り――と、革命的非モテ同盟の長年の同志である小生は思わなくもないですが、震災後一時はすっかり自粛したイルミネーションもすっかり復活している今日この頃です。しかし、自然エネルギーが劇的に普及したわけでもなければ、原発が全面再稼動したわけでもなく、円は安いままなのに、そんなことに電気を使っていいのかとこれまた小生は思わないでもありません。そりゃあ原油の値段は底抜けみたいですが・・・。

 てな前口上で、こんな教会の写真をお目にかけます。
f0030574_20562547.jpg
クリスマスでもないのにイルミネーションをしている台南の教会(2015年8月撮影)

 これは今夏に台湾へ家族旅行で行った際、夜の台南の街を歩いているとき目に留まった教会です。そりゃあ、目に留まらないはずがありません(笑)。これがクリスマスなら、イルミネーション見物と教会へのお参りが一度に済ませられて合理的、なのでしょうか?

 ところで以前、あるキリスト教徒の友人が(冗談半分とは思いますが)言っていたことがありまして、日本では普通、キリスト教の教会は十字架を白く塗っている、しかし良くも悪くも「熱心な」牧師さんなり神父さんなりがいる教会では、赤く十字架を塗っているというのです。これが電飾つき十字架で夜空に輝いているとなると、熱心すぎて暴走しているような聖職者がいる傾向がある・・・なんてお話でした。この挿話からすれば、この教会は伝道や奉仕活動に並々ならぬ熱意を傾けているのでしょうか? それとも、中国(台湾)の感覚では別段普通の装飾なのでしょうか?
 それで、少し気をつけて町並みを見ておりますと、台湾は結構教会が多いようです。そこで、撮影した教会の写真を並べてみることにしました。
 



f0030574_22104342.jpg
十字架がネオンサインの台北の教会(2014年9月撮影)
ちなみに十字架の電飾は点滅しながら色を変える

f0030574_22153833.jpg
夜の台南でもイルミネーションはしていない(照明は明るい)教会(2015年8月撮影)
この教会はカトリック

f0030574_22201472.jpg
大きなビル丸ごと?の台南の教会(2015年8月撮影)
真耶蘇教会という、もともと北京で創設された教派らしい

f0030574_2223036.jpg
「台南神召会」というこじんまりした教会(2015年8月撮影)
英語で「TAINAN ASSEMBLY OF GOD」とある

f0030574_22283740.jpg
台北の大通りに面した大きなビルに入っている教会(2015年8月撮影)
「基督教台北真道教会 Taipei Truth Church」とある

f0030574_22335381.jpg
台北の中正紀念堂そば(確か)に聳え立つ教会ビル(2015年8月撮影)
台湾で最大手という台湾基督長老教会の教会で、幼稚園も併設

f0030574_22374267.jpg
台北の雑居ビルのワンフロアに入っているらしい小さな教会(2015年8月撮影)
「栄光小組教会 GLORY CELL CHURCH」とあるが、お店のような看板

 他にも、何気なく撮った風景写真を見返したら、これ教会じゃ?なんてのも数点ありましたが、分かりにくいので採りませんでした。しかし、観光客がちょっと街歩きをしただけでこれだけ教会に気付くとは、それにビル丸ごとのような大きな教会が幾つもあるとは、台湾のキリスト教は日本よりは大分盛んなようです。
 ちょっと検索してみたら、台湾のキリスト教人口は約50万人ないし人口の約4.5%という数字が出てきて、この二つの数字は倍ぐらい違いますが、少ない方を採っても日本の人口比1%かそれ以下と言われる教勢よりはかなり上です。さらに教会の数は各宗派あわせ3000以上らしく、これは7000余という日本と比べると、人口比では3倍はあることになりそうです。なるほど、目に付くわけです。

 台湾のキリスト教は、wikipedia情報ではそれなりに歴史があるようですが、宋美齢はクリスチャンだったし、日本の植民地支配が終わってからの流れもあるでしょう。もっとも台湾の独立傾向を主張する教会勢力も強いようで、民主化運動にも関わっていたとか。教勢の拡大にはこのような政治的な成果も関わっていそうで、かなり複雑な経緯があるようです。日本語の良い参考書があればよいのですが。
 そういえば日本のキリスト教会では、キリスト教徒の多い韓国からの伝道者が多いと聞きますが、歴史的に縁のある台湾からの影響はないのでしょうか。
 で、韓国ほどではないにせよ、日本よりはだいぶクリスチャンの多い台湾であれば(もっともこれでも世界の中ではまだ少ないほうなのでしょう)、教会同士で目立とうとして十字架に照明ぐらいつけそうです。LEDの電光掲示板を台湾の人は好きなのか、ビルや観光スポットなどに取り付けてある例を結構見ました。それと同じような感覚なのかな、と今のところ思っています。

 というわけで、クリスマスにかこつけて教会とイルミネーションの小ネタ話のつもりが、意外と大きな記事になりました。ガイドブックには載っていないこんな発見があるから、旅は楽しいですね(小生自身はすっかり引籠りですが)。
[PR]

by bokukoui | 2015-12-25 22:57 | 思い付き