年頭のご挨拶 及び教養について思っていること

f0030574_22253032.jpg
お題:未年から申年へ

 遅ればせながら、年も変わり干支も変わりましたが(既に1月も半ばですが・・・)、このブログを読んで下さる皆様はお変わりないでしょうか。昨年の大部分は、当ブログは休業状態でしたが、今年はそうならぬようにしたいと思います。とはいえ、博士論文の執筆がいよいよ大詰めに差し掛かっておりますので、まだしばらくは更新も思うに任せぬであろうと思われます。しかし論文完成後は、何年も延び延びの「旧MaIDERiA出版局アーカイブ」も復活させたいと考えておりますので、どうか本年もよろしくお願い申し上げます。

 というご挨拶だけでは詰まりませんので、昨年の積み残しの課題、当ブログの記事「昼間たかし『コミックばかり読まないで』略感、及びイベント告知」の補足として書くと予告しておいた、教養について思うことを少し書いておこうと思います。



 教養とは何か、それはもちろんそれ自体が大きな哲学的テーマです。小生は図らずも「教養」として日本近代史を教えるという仕事をしておりますので、その仕事の過程で考えたことを備忘として以下に記します。
 小生が「教養」講座を担当する大学は、それまで「実学」志向で名を売っていたところでした。しかし何でそんな学校が、「教養」を必修でやらせるようにしたのか?と小生は、採用面接のとき学園で一番偉い方に質問をぶつけてみました。そのお答えは「最近は企業の方が、実学ばっかりじゃなくて教養もある人間じゃないとダメだ、とか言うんだよ」とのことでした。となると、いまさら実学志向とやらで国立大学の人文系学部を廃止だか縮小だかしようとしている文部科学省は、世のニーズから周回遅れということかもしれませんな。
 それはともかく、そんな次第で小生は、「役に立つ」実学に対して「教養」の意義をどう打ち出すべきか?という課題を考えることになりました。ここで「教養というのも『役に立つ』んですよ!」と主張するのは、悪手です。これは教養が教養たる意義を捨て、実学の真似をしているだけですから(いや実際、けっこう教養も「役に立つ」ものではあるのですが)。

 そこで小生は。以前から愛読していた竹内洋の本など読み返し、しばし考えました。竹内の『教養主義の没落』には教養の意味を考える手がかりとして、井上俊の説が引用されています(孫引きですみません)。それによると、文化には三つの役割=「適応」「超越」「自省」があるというのです。それは

 「適応」:人間の環境への適合を助け、生活を充足させる
 「超越」:日々の実用を超えた、理想をめざそうとする思い
 「自省」:自分のやっていることは正しいのか、と自分を問い直し見つめなおす心

 とまとめられるようです。この三つが互いに拮抗し補完しあうダイナミズムによって文化は発展するのに、現代社会は「適応」が肥大化していると井上は指摘しているそうです。

 で、これを手がかりに、小生はこんな事を考えました。

 ●実学とは、現世の生活に直接役に立つ。とはすなわち、自分が学んだ分「強さ」を手に入れることである。
 ●これに対し教養とは、古典であるとか世界の成り立ちであるとか、偉大で巨大なものに触れることで、自分の「弱さ」を感じることである。


 自分が世界の中で小さな存在に過ぎない、というその立場を十分認識することで、そこで初めて自分が世界に何かをなしえる可能性を認識できるのではないか、そんなことを考えています。
 自分自身を超越した存在を知ることは、恐ろしいことでもありますが、同時にちっぽけな一個の生を越えた世界のあり方を知ることは、いかに(有利に)生きるべきかという「実学」の方法論では解決できない問題、つまりいつかは人間が直面する死という結末をどう飾るのか、ということへ取り組めるようになります。
 以前当ブログでは、神保町の潰れた天ぷら屋を題材に、「人間力」というあやふやな言葉について批判を繰り広げ、「人間力」を標榜する人びとは矢鱈とポジティヴがって死生観がない、と批判しました

 で、これは前回の記事で書いたことにもつながるのですが、ここでいう「偉大で巨大なもの」とは何で偉大で巨大であるかといえば、それが体系をなしてこの世界の様相を説明しているからです。単にそれ自身がでかいだけではなく、そこからつながって世界を説明していくのです。前回の記事のコメント欄に書いた内容を再録しておきます。
 小生が考えているのは、この「体系」というところが学問であり教養である上で重要なポイントではないか、ということです。そこでこの感想文でも、断片と体系を対比させて論じているわけです。
 末尾の「のうりん」騒動で昼間氏の評言に同意を示しているように、小生は必ずしもいわゆる「左」から「右」を批判する向きでこの文章を書いたつもりはありません(小生自身がどっち寄りかといえば左寄りでしょうが)。それこそ昼間氏の作品を評する上でもっとも忌まねばならぬことです。
 この感想でも「艦これ」を通じて「オタク」的なあり方に批判を加えているのは、断片を恣意的に切り張りして偽史を捏造し、それがまるで「教養」であるかのように振舞っている、その点に関してです。断片を断片として愛でている方々については、小生は批判を加える意図は全くありません。
 ここで昼間著は、昼間氏が足で稼いださまざまな「断片」を並べ立てているのですが、これはオタク的偽史にも、あるいは「子供の人権」を唱える「左」的にも、そして「右」であっても、そういったありきたりの体系を装った恣意的な断片の配列がしにくい、そんなえり抜きの断片ばかりなのです。昼間氏はここで読者に、ありきたりの体系に断片を配列して安心してしまう、そんな安易な心境に否を突きつけます。そして読者は改めて、偽史でない体系を本書を通じて現代文化の中に見出すことを迫られます。これぞ、ビルドゥングスロマンと小生が本書を評した所以です。
 これが大事なところと小生は思うのでして、単に「偉大で巨大なもの」に打ちのめされただけでは、そのまま打ちひしがれて終わってしまいかねません。下手をすれば長いものに巻かれる権威主義、事大主義になってしまうかもしれません。そうではないはずです。偉大で巨大な存在を前に謙虚になりつつも、世界を説明していく体系の一端に触れることで、目の前のことに左右されずに俯瞰的に世界を把握することが多少なりとも可能になり、そこから自分の進みたい方向も示唆されるでしょう。すると、「弱さ」と同時に自信も得られるはず、そんなふうに小生は思っています。「超越」と「自省」をともに実現できるのです。

 体系を知ることは、断片を都合よく切り張りして偽史をでっちあげることとは対極です。今の世の中はどうも、都合のいい断片を切り張りすることが目に付いてならぬように感じるのですが、目前のことに過剰に「適応」しようとするあまり、そういった行為に走ってしまうこともあるのかとは思います。世知辛いですね。
 にしても、それだけ過剰な「適応」になってしまうのは、長期的な衰退傾向にわが国があるという社会的状況があるにしても、それのみならずやはり、複雑で高度になっている世の中というさらに長期的なトレンドも当然影響しているでしょう。教養を身につけるのが容易でなく、また教養自体のあり方も多様化せざるを得なくなっていると考えられます。
 そこでポイントになるのではと小生が考えているのは、想像力です。ある体系を勉強することで、他の体系にも想像を広げることが出来る、そんな想像力を涵養することが、現在の教養にとって大事なことではないか、そんな府に思っています。

 で、そんな想像力の涵養には、「物語」という表現はとても有効であろうと小生は思うのです。
 ただその割に、お前は「萌え」的なものを目の敵にしているではないか? という指摘もあるかと思いますが、あれは表現の方ではなく、その受容のされ方を専ら問題にしているつもりです。「萌え」的入門書の類は、なるほど偉大で巨大でとっつきにくい体系を親しみやすくする効果は一定あるでしょう。親しんで、そこから奥に入ってくのならいいのです。しかし往々、親しみやすさそれ自体を本質と取り違えているように思われます。「萌え」的記号の順列組み合わせに堕して、それで理解したつもりになっているのです。
 これはいわば、偉大なものを卑近に引きずりおろし、馴化させてしまうことではないか、小生はそう思います。呑み込みやすくし過ぎたあまり、肝心の体系を見失ってしまっているのです。断片を断片として愛でること自体は小生は構わないと思います。ただそれを以て、体系と取り違えてはならないというだけです。ここを取り違えると、下手をすると体系を馴化させて征服した気になってしまい、さきの教養の小生なりの定義で言えば、自分が「強く」なったと思い込んでしまうことになってしまいます。残念ながら小生は、そういった――「艦これ」好きと称する人々が歴史修正主義的な言説を垂れ流すような――事例を、少なからず見てきました。

 年頭から長々書いてしまいましたが、時間がかかって年頭ではなくなってしまいそうなので、それに一生かかったって結論が出るような話でもなし、ひとまずここで終わりにしておきます。
 3月初めまでは大して更新できなさそうですが、今年は昨年のような長期休業状態は避けるつもりですので、どうか本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by bokukoui | 2016-01-16 22:24 | 思い付き