『日本会議の研究』を読んで、ミソジニーとオタクについて考える

 最近はようやく心身の沈滞から脱しつつあるのか、少しは本を読めるようになってきました。そこでもっぱら、積読の本を崩していたのですが、その中で珍しく、最近出た話題の本を読んでみました。それが菅野完『日本会議の研究』(扶桑社文庫)です。
 日本会議といえば、安倍政権を支える保守系市民団体として、最近メディアでも注目されるようになってきました。以前からも、例えば歴史教科書問題などで、小生の見解からすれば反動きわまりない攻撃をしかけてくる連中として、何となく存在は知っていましたが、その正体はよく分からないものでした。同書はその成り立ちと主要人物の活動について、詳細に調査した書物であり、一気に読んでしまいました。



 前評判どおりたいへん面白い本で、「生長の家」系の右派学生運動関係者が、その運動を継続・組織化して「日本会議」へ至り、そんな狭いインナーサークルが現政権を左右してしまっている、そんな危なっかしい状況がつぶさに述べられています。
 しかし『日本会議の研究』は、日本会議が「いかにして How」活動を行っているかは実に詳細ですが、「いかなる What」主張をしているのか、「なぜ Why」そんな活動しているのかはあまり触れていない印象です。なのでなんで彼らがそんな主張をしているのかがピンと来ないのが残念ですが、それは類書や続篇に譲るということなのでしょうか。
 実際つい最近も、俵義文『日本会議の全貌―知られざる巨大組織の実態』(花伝社)という本が出ているそうで、これも機会があれば手にとってみたいと思っています。日本近現代史の研究と教育に携わる者として、これらの保守系市民活動への対処は、考えておかなければならないことですから。
 このように、あくまでも『日本会議の研究』は、運動の手法や組織を中心に据えた本ですが、そもそも日本会議の運動の本質が空虚であり、運動を続けること自体が自己目的化しているということなのかとも小生は思いました。左翼活動家を「学生運動崩れ」とバカにする言い方がありますが、その点では日本会議こそ右派系学生運動気分のまま、「青年」の看板のままおっさんになった連中といえそうです。何せ同書によれば、日本会議の実務を仕切っているのは「日本青年協議会」という団体だそうですが、およそその中枢は「青年」とは呼べそうもない年齢の人々であることは、同書に詳らかです。
 実際、同書の内容についてあらましを述べたインタビューで菅野氏は、日本会議の「中身は空っぽ」と語っておられます。

 ・「日本会議は中身空っぽ」 異色の著述家・菅野完氏が解明(日刊ゲンダイDIGITAL)

 小生はこのような、菅野氏のネット上での発言を全部チェックしているわけでは全然ないのですが、その中でいくつか目に留まったものを読みますと、そこでは日本会議の活動の動機、その思想の根本について語っておられました。

 安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理(上)/(下)(ダイヤモンドOnline)
 日本会議はこれまでずっと「女子供は黙ってろ」運動をしてきた by 菅野完(togetter)

 端的にいってしまえば、それはミソジニー(女性嫌悪)、つまり「女子供は黙ってろ」ということだというのです。
 日本会議の本質はミソジニー、これは大いに腑に落ちました。『日本会議の研究』は、日本会議の本質が「一群の人々」の策動に過ぎないとし、菅野氏は先のインタビューでも「日本会議の小ささ、弱さが目についたのが正直な感想」と語っています。そんなごく一部の偏った意見が政権を左右することを、同書は問題視しています。
 しかし小生には、そんな日本会議をバックに持ち、日本会議と共通する考え方や価値観をかなりはっきり示している安倍政権が、消極的にせよかなりの支持をされている理由が、はなはだ疑問でありました。経済政策の「成果」ですべてが説明できるとは思えませんし、そもそもそんな経済的な成果が上がっているのかどうか自体が疑問です。すると大変憂鬱なことですが、日本会議に表出されるようなものの捉え方、価値観というものは、現代の日本社会で相当に広く支持されているものなのではないか、そう考えざるを得ないのです。

 そこでミソジニーがキーワードとして浮かび上がってきます。というのも、複雑化・高度化する社会で、安楽を求めた男どもがミソジニーに走り、さまざまな(擬似)科学を総動員してそれを正当化しようと躍起になっていた、という歴史的な先例が存在しているのです。であれば、ミソジニーを軸とした運動が何となく社会に受け入れられ、そこではおよそ学問的には誤った「歴史修正主義」が横行しているというのも、同様の事例であると考えられます。
 その先例とは何か――といえば、当ブログを長年読んでいただいている方でしたらまたかと苦笑されそうですが、それは第一次グローバリゼーションとも呼ばれる、19世紀での西洋でのことでした。19世紀西欧のミソジニーについては、ブラム・ダイクストラ『倒錯の偶像』という本が、主として絵画に描かれた女性像を題材として、詳細に論じています。小生はこれまで、ブログやサイトで何度かこの本を紹介してきました。

 ・今週の一冊 第99回 今週の妄想
  ブラム・ダイクストラ(富士川義之・藤巻明・松村伸一・北沢格・鵜飼信光共訳)
 ・わたしのリコネクションズ~メイド・非モテ・倒錯の偶像・高山宏など

 その繰り返しで恐縮なのですが、すなわち資本主義社会の圧力に押された男による、ミソジニー的な文化状況が19世紀後半から20世紀始めに展開していたこと、そしてダイクストラの議論では、ミソジニーが実際には不可能なガイニサイド(女性皆殺し)の妄想の代わりに、第一次世界大戦に至ってジェノサイド(民族皆殺し)への道を切り開いた――としています。
 このようなミソジニーによる憎悪の文化が、一度目は悲劇として、二度目は喜劇として起こっているのであって、その喜劇が現状の我が国ではないかと、小生は思うのです。

 そして小生が指摘せずにはおられないのは、ダイクストラが『倒錯の偶像』であまた紹介した、19世紀のミソジニーを表象した絵画のような文化風潮に相当する存在として、現在の日本で比定されるべきは、まさしく「オタク」文化とされる、「萌え」的な表象なのではないかということです。現在のオタクの「フェミ」嫌い、強いものに傾く権威主義などが、それを感じさせるにはおられません。
 この点は、先に挙げた小生の旧稿で述べておりますので繰り返しは避けますが、十年余り前の記事では「あと百年経って新たな『倒錯の偶像』が編まれ、女性を描いた絵画に代わって萌えキャラの画像が大量に張り込まれ、フランシス・クックやオットー・ヴァイニンガーに代わって斉藤環や東浩紀が取りあげられるような本ができるかも知れない、と考えると、たまらなくわくわくします」なんて書いていたことが、もはや洒落では済まなくなってきているのが、現在の状況のように思われるのです。

 今世紀に入って、「萌え」的な美少女の表象は猖獗を極め、公的機関や企業のキャンペーンに登場することも大変に多くなっています。
 かつてはオタクはバッシングされ蔑視されていたマイノリティだったとされていましたが(もっともこれについて、斯界に詳しいライターの昼間たかし氏――以前氏の著書『コミックばかり読まないで』を当ブログで紹介しました――は、そんな「迫害」は神話であって実際にはなかったのではないか?と疑問を呈されていますが)、時代は大きく変わって、もはや「オタク」的とされた美少女を中心とした表象は、日本社会の表現の中でマジョリティとなったのではないでしょうか。
 むしろ公的機関との結合や「クールジャパン」とやらの喧伝などによって、本来サブカルチャーであったこれらの表現が、ほとんど「権威」となっているのではないかとすら、小生は思うのです。

 近年のネット上の言説では、「萌え」表象について苦言を呈すると、自称「表現を守る」と称する「オタク」が徒党を組んで袋叩きにするのです。先日も『ハイスクール・フリート』なるアニメを自衛隊が募集ポスターに使ったことを批判した社会学者の女性のツイートがまとめられ、袋叩きになっていました。
 小生はこの一方的な展開を詰まらないと感じ、さてこそミリオタの端くれとして、女性の表象と軍隊の関係の類例を挙げて議論の相対化を試みたのですが、楽しく皆でサンドバッグを叩いている興を削いだらしく、碌な反応はありませんでした。

 自分たちが受容している表現を批判された際、それについて類証や先例を挙げて議論を深めていくのではなく、皆で同じようなコメントばかり並べて、互いに自分の「正しさ」を褒め合う――こんなこんな光景を小生は以前も見ました。それは西尾幹二氏の議論を当ブログで批判し、それに対し西尾氏がご自身のブログで「反論」(それはもっとも重要と小生が考える論点を華麗にスルーされていましたが)を述べられた時でした。もっとも西尾氏の名誉のために付け加えておきますと、西尾氏は「保守論壇」にあっても、日本会議とは袂を分かたれたそうであります。
 ちなみに先のまとめで、小生のコメントに対し「フェミは行政にばかり文句をつける」という反論(これは反論としておかしいです。女性差別的な表現への異議申し立ては公的機関に限らず、企業に対しても広く行われています)をした人物は、『ぼくたちの女災社会』なる、まことミソジニーを具現化した著作を物していたことには、オタクとミソジニーの縁の深さを感じさせられ、うんざりしました。

 とまあ、「萌え」表現への異議申し立ては、少なくともネット空間では袋叩きになるのが昨今の風潮でして、中国の「愛国無罪」になぞらえれば「萌えもえ無罪」という状況のように思われます。同様の事例については、先に挙げた昼間氏がアニメ『のうりん』ポスター騒動一件で書かれたことも参考になりますが、「オタク」と称する人々は自分たちの愛好する表現に苦情が来ると、自省することも分析して議論することもなく、相手を「フェミニスト」と決め付けて袋叩きにするのです。これもまた、ミソジニーの表れではないでしょうか。
 まとめて言えば、「萌え」好きな「オタク」の一般化・大衆化は、日本会議的な反動の風潮と軌を一にしているのではないか、というのが、幾つかの書物を読んで小生が考えていることなのであります。

 話がだんだん日本会議から離れていきますが、「オタク」の一般化・大衆化は、本来マイノリティであったオタクが自己の趣味嗜好を正統化するために行っていた理論武装を、放擲させるようになっていったと考えられます。本来子供のおもちゃで「下らない」存在だったはずのマンガやアニメ、ゲームにあえて耽溺するのは、それがこんなにも面白いからだ――と主張する必要があり、さてこそそこでテクストを面白く読みこなす技能が求められたのです。オタクは読み巧者であり、だから面白かったのですね。
 然るにこれがマジョリティとなってしまいますと、「オタク」であることは、ただそうあるだけで正統と認められるようになっていきます。そして批判に対し、読み巧者としての技能で対応するのではなく、衆を頼んで袋叩きにすることで正統性を主張するようになるわけです。これは堕落といわずばなりますまい。
 先日ネット上で多少話題になっていた、「同人やめました」というブログ記事で論じられていることも、同じ方向性を示すものといえましょう。読み巧者であることよりも、流行に乗っかり、その場のウケを取ることが重視されるわけです。そんな身内のノリでどこでも押し通すのは、知的怠惰に他ならないでしょう。

 ここで話を日本会議に引き付けておけば、「身内のノリでどこでも押し通す」ことや、また自己の正しさを理論武装と活動実績で示すのではなく、ただそうあるだけで(日本人である、成年男子であるなど)で得ようとする堕落は、日本会議の特徴ともあい通じると指摘できます。

 もっとも、いささか話は余談にわたりますが、「オタク」が本来読み巧者だったのもどこまで当てにできるのかなあ? という面はあります。というのも、小生が最初にネット上で『倒錯の偶像』を紹介した10年以上前のことですが、当時ネットのオタク方面でそこそこ知名だったらしい人がこの本をやはり紹介していたのですが、それがはっきり言って無茶苦茶な内容だったのです。それが以下のです。

 ・書評「倒錯の偶像」 -「電波男」と反復する歴史-(kagaminblogのブログ)

 この方が思想関係の書物を手広く読んでおられたようなのですが、それでいてミソジニーのもたらした惨劇を告発する『倒錯の偶像』を読んでおきながら、どう考えたってミソジニーの延長線上にある本田透『電波男』を礼賛している、これは矛盾でなくてなんでしょう。両者を止揚しようとしているわけでもなさそうですし、ダイクストラの指摘するミソジニーの流れを電波男が食い止める、などというのは全く逆だろうと読んでいて頭が痛くなってきます。
 で、そんなこの記事を真に受けたのが次の記事。

 ・萌えブームの先にあるもの(Operation:Mindcrime)

 このブログを書かれたWATA氏は、自他共に認める「ネット右翼」的なオタクの「喪男」であったかと思いますが、そんな人が『倒錯の偶像』を倒錯して受け取ってしまっているのでした。
 そしてこの伝言ゲームは続きます。

 ・萌えに隠されたシグナル(喪男道)

 「喪男道」の「覚悟」氏といえば、十年ばかり前にネットの一部界隈で流行っていた「非モテ論壇」最右翼の、ネット上のミソジニーの権化のような方として、その筋では名を轟かせておりました。しかしその女性嫌悪は氏自身の心をも蝕んでしまったのか、やがて氏はネット上の活動を休止され、その消息は分からないままです。
 そんなミソジニーの極北のような人が、知らずミソジニー批判の書である『倒錯の偶像』を自己の価値観に沿ったものとして受け入れている、これは何とまあ皮肉というか馬鹿げた光景であることよ、と小生は愕然というか憮然となったのでありました。

 発端の『倒錯の偶像』書評を書かれたkagami氏は、実に広く諸書を読まれているようではありますが、それがオタク(ひいては自己の性的嗜好)の擁護に過剰に動員されると、このような悲喜劇が起こってしまうのであるなあと、痛感させられました。贔屓の引き倒しではいけないと、小生もわが身を省みて思った次第であります。
 よく読んでいることが、理論武装を怠らないオタクの美点だとは、一般論としては思うのですけれど、時として暴走することもあるという例でした。以前の当ブログの記事で、「倒錯の偶像が倒錯してネット上に漂っている」と書いたのはこのことです。当時はあまり露骨に書くのは何となく遠慮したのですが、今となってははっきりさせた方がよいと考えを改めました。
 なお、オタクと「読み」というかコンテンツ受容と、政治的嗜好との関係については、「非実在青少年」問題が喧しかった6年前に、当ブログで既に論じておりました。本記事と併読していただければ幸いです。

 ・それでも、オタク達は「自民党」を選んだ

 政治的な方向性としては、オタクの人権を擁護して表現の自由という大義名分に乗っかってくれそうなのは、どちらかといえばいわゆる左派です。表現既成を道徳的な観点からしそうなのはいわゆる右派です。
 にもかかわらず、表現既成反対を「オタク」として掲げる人の多くは、左派を嫌っています。そこで敢えて、表現を守るために大同団結するか、政治的信条を重視して表現への嗜好を断ち切るのかでもなく、迷走して今次の参院選でも泡沫候補に過大な夢を見たりしてしまっているという、一見奇妙な現象があります。 それを6年前の小生はどう捉えるのか悩んでいたのですが、今回の菅野氏の示唆によって、ミソジニーの観点を導入することでその整合的な理解の可能性が拓かれたと考えています。

 さてさて、話がだいぶ拡散してきましたので、そろそろまとめに入りましょう。
 ここまで、ミソジニーをキーワードで考えれば、日本会議が大きな影響力を政界に持っていることと、「萌え」美少女的な表象が社会に瀰漫していることとは、同じ社会情勢がそれぞれの面で表れたことではないか、と指摘してきました。だからひとこと注意しておくと、日本会議=オタク、ではないですよ。それぞれが同じ社会情勢を、別個の局面で反映しているということです。
 で、となりますと、じゃあ根本の社会情勢って何よ、という話に当然なります。なんですがこれは現在のところ、小生の手には余る問題です。19世紀欧州の抱える、資本主義とグローバリズムに圧迫された社会の不安、という要素は確かに今の日本でもあるでしょうが、それがなぜ今の日本ではミソジニーを通じて、日本会議や「萌え」表象につながったのかは、今後の研究に委ねるよりありません。

 ですので、ここでは参考になるかもしれないことを若干述べて、まとめに代えることとします。
 といっても、これまた以前に、「艦これ」で歴史を云々する徒輩について評したまとめ及びその続きのまとめで述べたことの繰り返しになりますし、また今年の初めに教養について思ったことを当ブログで述べた記事も同じことを語っているつもりです。

 すなわち、同じ淵源に端を発している可能性のある、日本会議的な反動と、「萌え」表象の浸透拡散については、ミソジニーの他に、体系化を軽んじて、目前の自分にとって好ましい衝動の断片をかき集めて、オカルト的に世界を構築する傾向にあるのではないか、そう小生は考えています。その背景には、冷戦後の「大きな物語」の喪失という毎度ながらの話はやはり無視できないですし、教養という一身を超えた普遍的な存在への敬意が失われていることもあるのでしょう。
 なお、日本会議的なウルトラナショナリズムは、普遍的な国家と人民の像を描くよりも、「日本古来の独得の精神」という、分かったような分からんようなものから成り立っていますので、一身を超えたように見えても、普遍的な存在への敬意には当たりません。
 そこで普遍をもたらしてくれるものは、これは小生は真剣に、信仰なのではと考えています。いやいや、あんた日本会議の批判的検証本を賞賛しておいて、信仰が足りないとはどういうことかと思われる方もおられるでしょうが、ここでの信仰とは、一身を超えた普遍的な存在への敬意ということであって、現世利益だの居場所サークル探しだの互助会だのではありません。普遍的な存在への敬意を抱くことで、そこから世界を貫く体系を見出し、もって自身を律することができるのではないかと思うのです。小生とてまだまだ修行中の身ではありますが。

 以上、話が途方もなく各方面に広がり、それでもまだ思ったことの一部しか語れていないのですが、ひとまず終わりにします。そして何より、これだけ考えるきっかけを与えてくれた、『日本会議の研究』の著者の菅野氏に敬意を表する次第です。

※追記:本記事への補足、批判への反論等をまとめました。
 「ミソジニーとオタクに関する補遺(『日本会議の研究』感想おまけ)」
[PR]

by bokukoui | 2016-07-09 12:18 | 書物