箱根の話(上)

 カテゴリをまた一つ増やしましたが、いくらなんでも毎日この調子でやるつもりではありません。
 で、このカテゴリは、鉄道趣味者である筆者がそれに関連して思ったことや気付いたことを述べるものです(昨日のはどうなんだ、というのはさておき)。別段そういう趣味のない人にもわかりやすいネタの提供を目指します。

 さて、正月に「箱根」と言ったら箱根駅伝な訳ですが、何でこんなに人気が出たのかといえば、きっと正月番組があまりに詰まらないものばかりなのでみんなこれを見るようになったため、なんじゃないかと思うのです。で、小生もこれを見ているわけなのですが、上記以外の理由には、神奈川県民に馴染み深い地域を走ること、そして何より、箱根登山鉄道の電車が見られること(笑)があります。箱根登山鉄道は小生の鉄道趣味人生上かなり決定的な影響を与えた電車なので、正月から姿を見られるとなんとなく嬉しいものです。
 ところで駅伝では、小涌谷の駅のそばで箱根登山鉄道の踏切を渡りますが、ここでは選手が電車を待たせているんですよね。なんとまあ(昔は違ったらしいですが。日本テレビの圧力?)人が電車より偉いとは。
 というところでふと、箱根登山の電車は大概のんびり走っているので、もしかしたら駅伝の選手よりスピード遅いんじゃないか、と思ったので調べてみました。

 箱根登山鉄道の電車が小田原→強羅を走るのに、最も速い列車で45分かかるようです。この区間は15キロなので、電車の表定速度(走行距離を停車時間を含む走行時間で割った値)はちょうど時速20キロになります。
 一方、今年の5区で区間賞を獲った順天堂大の今井選手は、23.4キロを1時間18分30秒で走っています。平均時速17.9キロ。
 今年は天気が悪かったので、そのことを勘案し昨年の記録を調べると、コース変更があったので距離は20.9キロ、区間賞は同じく今井選手が新記録の1時間9分12秒。平均時速は18.1キロ。まあ流石に電車の方が速い・・・といってもほんのちょっとで、箱根湯本で少し停車していればひっくり返されそうですね。
 では下りの方はどうなのか、というところで明日へ続く。

 ちなみに何でこんなこと計算しようかと考えたかといえば、JTBがこんなのを発行したからです(笑)。JR時刻表が好きな人も多いのですが、昔からJTBに馴染んでいたので、つい嬉しくなって買い込んでしまったのでした。
[PR]

by bokukoui | 2006-01-02 23:55 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/262996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード