続「メイド・鉄道・ミリタリーの微妙な関係」について考えてみる

 昨日の記事の続きで、引き続き森薫先生のインタビュー【メイド・鉄道・ミリタリーの微妙な関係】について考えて行きたいと思います。

 まずは引き続き、逐条的な話を。
メイドオタクはミリタリーオタクとかとかぶってるんです。戦車好きがメイドも好きだったりするから。メイドさんに火器や銃器を持たせたがる人も多いんです。」という指摘に関して、これは恐らくかなり妥当なものであろうと小生も同意します。
 昨日の記事では、「メイド」属性な人々の多くについてその趣味へのアプローチは鉄道・軍事の趣味者と異なるのではないかと述べましたが、今日は一転して「メイドオタクはミリタリーオタクとかとかぶってる」という指摘に賛意を表している。これは矛盾しているように思われる読者の方も多いと思います。
 しかし、これはどういうことかといえば、「戦車好き」で「メイドも好き」な人がいたとした場合(そういう人が大勢いること自体は確かだと思います)、彼らの趣味対象へのアプローチが戦車へのそれとメイドへのそれとで異なっている、そういうことです。
 そういった人々の「メイド」趣味は多くの場合、軍事に向けられるよりもより「ネタ」的な盛り上がりを重視する傾向があるように思われるのです(このことは、「メイド」衣裳を着けたドールでゲームをする「めいどはんまー」に参加されている方々のサイトを見て思った感想でもあります。それほど網羅的に見たわけでもありませんが・・・)。

 引き続き森先生の発言を引用すれば、「細部のパーツにこだわるのも好きで、単純に可愛いのも好き。あと、女の子も好き。」とありますが、細部にこだわるのは確かにマニアな人々の通例であります。また、兵器などへの細部へのこだわりはフェティシズムに通じるものもありそうで、そこら辺で「単純に可愛いのも好き」なのと繋がってくるのかもしれませんが、この部分での森先生の論旨展開はちょっと分かりかねます。
 細部へのこだわりといえば、MaIDERiA出版局対談企画「墨耽キ譚」(先日更新しました)でこれまで縷々語ってきたとおり、森先生の特徴でもあるように思います。それだけに森先生が、「メイド」趣味と鉄道や軍事との近親性を説かれるのは至極合理的で、また一見同じ人がやっている実例も多いのですが、しかし見た目よりは断絶が大きいのではないかと思います。

 さっきの「ネタ」的なものをより強く求めるのでは、ということから論を発展させれば、軍事などの場合マニアは自分が如何にその対象について知っているのか、ということが彼らの語りの中心になりますが、「メイド」の場合は自分がどれだけメイドが好きか、ということを熱く語る方が語りの中心になるのではないか、そんな風に感じるのです。
 鉄道趣味者はしばしば、一般人がディーゼルカーを指して「電車」と言った時、鬼の首を取ったようにその間違いを責め立てるという性癖を持っています(中学生位に多い・笑)。さらに多い例として、軍事趣味者の場合、一般人(含マスコミ)が「装甲車」「歩兵戦闘車」を「戦車」と呼んだ時や、「軍艦」と同じつもりで「戦艦」と言ったりした時に、鬼の(以下略)。
 一方、「メイド」属性の人がコスプレ喫茶の衣裳や漫画・ゲームの「メイド」の衣裳にいちゃもんをつけるケースはそれよりも多いとも思われないし、また仮につけたとしても、これも先月初めの当ブログで書いた(追記:その後編集してこちらに再録)ごとく、考証よりも自分の妄想に合わないという理由でスカートの長さに文句をつけている場合が多いように思うのです。そして何より、より「正しく」いちゃもんをつけるために勉強しようという意欲が、「メイド」趣味には鉄道・軍事に比して乏しいように思われるのです。
 要するに、森先生は「メイド」の裾野が広がった点を評価しておられ、それはある程度もっともだとは思うのですが、実は「メイド」の広がった裾野の多くは「ネタ」としてのメイドであり、鉄道や軍事に関心を抱く人々のような「ベタ」さが乏しいのではないか、そう考える次第です。

 なお、「女の子が好き」なのは鉄道や軍事が好きな連中に限った話ではないので、ちょっと如何なものかと思います。ただ、これは森先生の次の発言にも続く話題と思われるので、明日引き続き考えることにしたいと思います。
[PR]

by bokukoui | 2006-07-11 23:57 | 思い付き