「メイド・鉄道・ミリタリーの微妙な関係」について考えてみる・中括

 先日来の話題です。「今晩中」に纏まらず済みません。
 一応一区切りつけますが、「完結」「総括」というほどのものでもないので、表題のような造語でお茶を濁す次第です。

 やや話が戻りますが、「メイド」趣味と軍事の結び付けに強い関係を有し、かつ鉄道にはそれほどの影響のない要素として、服装(倒錯)趣味的な要素を挙げておくべきでした。ですが、これはまた異なる論点なので、とりあえずは指摘だけにとどめておきます。また、よく統制されたシステムの美学の一環と捉えれば、以下に述べるであろう話題とそう大きくかけ離れるものでもないでしょう。

 さて、全能感といえば、下の記事に戴いたコメントにもありますように、神を連想するのが普通だと思います。そして神というと造物主たる全知全能の神、一神教的なそれがこれまたイメージされやすいでしょうが、ここで語る全能感の場合は、個人が主観的に全能感を得られる場合を指しているので、全知全能で全世界を統べる唯一神マタヨシほど巨大なものでなくても、擬似的にそのような効果を発揮できれば構わないのではないかと思います。もちろん、そのような全能感を得るシステムのモデルとして、一神教的宗教は非常に重要なことは論を俟たないのですが。
 ここで言う全能感というのは、自分が世界の中で孤立した詰らない存在ではないと感じられる状況、位の意味で使っています。
 で、小生の考え自体思いつきの域をそう大きく出てはいないので以下大雑把に書きますが、近代化によって「神」であるとか地域の共同体であるとか、その中に身を委ねてしまえるような対象から引き離された個人が確立した(させられた)結果、そういったものの代替物として全能感を得られるような対象が求められるに至ったのではないかということです。

 ここで、全能感の発露には二種類の回路があると思われます。一つには、個人を飲み込んでしまうような巨大な近代のシステム(国民国家、軍隊、鉄道etc.)に接近することで、この世界に対し客観的観察者である(ある種、神に似ていますね)ような地位に立ち、全能感を獲得するというものです。
 もう一つは、この世界の中に自分だけの世界を構築し、その中に自分が君臨することで全能感を獲得するという方法です(近代家族etc.)。
 カッコ内の例に挙げたように、これは趣味分野に限ったことではなく、近代に生きる人間は誰しも多かれ少なかれ持っていることで、それ自体は決して非難されるようなものではなく、むしろ適切にそのような全能感をある程度獲得することは「良き」生活を送る上で必須とも思われます。しかし何事も、過ぎたるは及ばざるが如し、なのは勿論です。

 というわけで、軍事・鉄道・メイドの趣味は、このような形の関連性があるのだろう、と現時点で一応の提言。我が身も顧みつつ。
 ところで、こういった全能感を得るためのツールは、身近に感じられるというより、抽象的なシステムや規範であった方が、より対象としてボロが出にくく、有効であるのではないかと思います。鉄道が軍事と違っているところがあるとすれば、殊に日本では、鉄道が生活と極めて密着しているのに対し、軍事は大きく隔たっているというところにあるのでしょう。それが全能感を得るツールとしてはやや不利に働いているのでしょう。その代わり、乗って楽しむような叙情的な、全能感とは別の機能を発揮しうるでしょうけど。
 「メイド」も、日本ではあまり実在しなくて、さらにそれを百年前の異国情緒で飾り立てることで、妄想ツールとしての性能を向上させているのだと思います。
[PR]

by bokukoui | 2006-07-21 19:48 | 思い付き