一昨日の続き

f0030574_2354588.jpg 教育の話の続きを書こうと思いつつも、なかなか重いテーマなので、先にこちらの話題の続きを書かせていただきます。歴史教育問題は明日こそ(←もう何日言ってるんだ)

 で、一昨日書いた記事には随分と多くの反響を戴きまして、まことに有難いことでございます。特に緒方氏がこちらで小生の疑問にお応えくださっているのは欣快の至りであります。
 にしても、何となく自分が『げんしけん』のハラグーロみたいな、えらそうなこと言いたがりの人間のようにも思われてくるのであります。自戒の意を込めて『げんしけん』1巻より左の引用をば。

 さて、上掲緒方氏のご説を、乱暴ではありますが小生が要約させていただきますと、軍事というものに馴染みがないから、ちょっとでも軍事的な要素があるとすぐ「軍オタ」というレッテルを張ってしまう、だから「軍オタ」が多く見えるだけではないか、そのようなことと思われます。
 これは納得できるご指摘で、「一般的」な趣味様の事柄と比べると、ちょっとでも詳しいように見えただけですぐ「軍オタ」認定されてしまうとは言えそうですね。宮崎アニメを全部見たからといって「アニメオタク」「映画マニア」と認定されることはありません。でも、空を飛ぶ飛行機のシルエットを見て「あ、P3C」とでも呟けばかなりの可能性で「軍オタ」認定されるような。

 蛇足を承知で若干の補足を試みます。「アニメオタク」の人々にとって、見慣れたアニメ世界に見慣れない「軍事」という要素が入ってきた時、この見慣れない要素を排除するのではなく、それに彼らが惹かれ、結果として木尾士目をして斑目のごときキャラクター造形(軍事オタクっぽい言動をしたがるガンダムオタク)をするに至らしめたのか、その点はちょっと検討に値するかと思います。
 やはり何か、軍事的なものに彼らを惹きつける要素があったのでしょう。それはある意味、「遠い世界」のものであったが故に、彼らの憧れをそそってしまったのではないか、そう考えられるのではないかと思います。だから、現在の世界を構成している政治的・地政学的・歴史的要素と関連付けて軍事を考える人々とは、そもそも軍事へのアプローチへのスタンスが全く異なってしまっているのでしょう。
 一つ比喩を使っての説明を試みます。ガンダムを一皿の料理に例えると、軍事はそれにかけられたスパイスのようなものだったのでしょう。ちょうど中世ヨーロッパ人にとってスパイスが見知らぬ東洋世界の象徴であったがために高い価値がつけられたように、ガンダムオタクも見知らぬ不思議な要素である軍事に憧れ、それにコミットすることで満足感を得ていたのではないでしょうか。
 そこへインド人(緒方氏)がやってきて、自分が毎日主食にしているカレーのスパイスを、変な具合に崇めたてて、珍妙な(インド人から見て)料理をこしらえているのを見れば、海原雄山の如く「人の食うものではない!」と怒り呆れるという自体も生じるのではないかと思います。
 でもガンダムオタクの方が人数が多かったもので、カレーはいつの間にかイギリス式の方がメインになってしまったのでした。

 かえって分かりにくくなったみたいですみません。
 続きを、一昨日の記事へのコメントの返信も含め、次回の記事で書きますので、しばしお待ちを。

 余談。
 小生のさっきの食事:インド人が経営する食堂でマトンカレー+ナンを食す
[PR]

by bokukoui | 2006-08-24 23:59 | 思い付き