魔窟発掘品

 昨日の清掃中に発見されたもの。
f0030574_015092.jpg
 見ての通りレールを枕木に留める犬釘です。
 小生の記憶では、上の短いものが1994年に廃止になった和歌山県の野上電鉄の廃線跡から拾ってきたもので、下の少し長いものは1997年に廃止になった信越本線の碓氷峠区間の廃線跡から拾って来たものです。
 最高速度が40キロしか出せず、車体幅が2.4メートルくらいしかない小型車しか走れなかった野上電鉄の犬釘に比べ、108トンの重量を誇るEF63が走っていた碓氷峠の犬釘が長いのは理に適ったことでしょう。いや、むしろ、それだけ線路規格が異なっている割には余り長さに差がないと見るべきかも知れません。

 ところで掃除機導入は・・・結局実現しませんでした。とほほ。
[PR]

by bokukoui | 2006-09-05 23:59 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/3257625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 任意労働収容所 at 2006-09-06 16:03 x
アメリカの某所に行けばまだ純金の犬釘が落ちてたりしないんでしょうか。
Commented by bokukoui at 2006-09-07 12:33
ジェシー・ジェイムズあたりが当の昔にかっぱらって・・・と思いましたが、良く考えればあの泥棒貴族どものこと、きっと純金の犬釘の費用を会社に経費で落とさせて、それを金メッキの犬釘にすり替え、差額をポケットに入れてしまったことでしょう。
名前
URL
削除用パスワード