車中点景

 折角直った(らしい)ので、何か書くことにします。このところ短い更新しかしなかった(できなかった)し。

 先日電車の中で、新書版サイズでソフトカバーな、分かりやすくいえばエロゲーのノベライズ(笑)によくありがちなサイズの書物にカバーをかけて熱心に読みふける中年女性の姿を目にしました。最初に考えたのは、やおい小説を読んでいるのではないかということでしたが、ふと挿絵が目に留まるとそれはこれまた随分と「萌え」系統の女の子の絵ばかりで、これはやおいじゃなさそうだと気がつきました。はてラノベの何かでしょうか。
 と、その女性がページをめくった折、見返しの表題が目に留まりました。
 『ガールズ★レボリューション』という本でした。

 何となく気になっていたので、帰宅してから調べてみたのですが、グーグルで検索したときアマゾンより上位に来ていた上掲セブンアンドワイの記事を読んで苦笑。何が苦笑といって、ここで書評? をしている内容が何ともはや。
まだ読んでないので百合度は未評価ですが、公式の紹介文を読む限りかなり百合度は高そうに見える。

まだ未読です。パラ読みしてみて……うーん、どうでしょうね。百合度は問題ないとは思うんですが。読んだらコメントします。
 読んでから書評書け! という根本的な指摘は、しかし敢えてここではスルーしておきましょう(一応、この内一人は読んでから再度書評書いているし)。何より問題は、いくら「百合」を標榜している小説だからといって、「百合度」なる一元的な尺度のみで本を評価してはばからないという、その単線的な価値観にあると思うのです。
 以前墨耽キ譚第11回で、ナヲコ先生の『voiceful』に触れた際、同書のアマゾンでの評価に関して「(「百合」の度合いが低いからといって)星を減らさないで欲しい。看板にとらわれて作品の判断にバイアスをかけるのは馬鹿げたこと」と書いたことがありましたが、「百合」作品を巡る評価がこのように「百合度」なるものばかりで計られてしまうとすれば、「百合」という分野の発展については悲観的な予測を立てることしか小生にはできません。なるほど「百合」という業界というか、ジャンルというものが、他のそれに比して相対的に未確立な状況にあるとすれば、或いは「百合」の基盤を固めるために敢えてそういった評価を前面に押し出しているのかもしれません。しかしそのようなテンプレートばかりを強調するのは、おそらく長期的な視点では合理性が低いのではないかと思うのです。

 まあ、「百合」素人の戯言はひとまず措いて。
 この『ガールズ★レボリューション』という書名でぐぐったら、出版元のサイトがひっかかりました。「JamPlus Novels」というところの第3弾の配本のようで、なるほど百合だけじゃなくやおいなども手がけているようですね。同時配本は・・・『シャナイ恋愛のじ・か・ん♥』こりゃやおいだな。で、もう一冊は・・・『メイド王子~プリンス・メイド~』・・・はあ。
旧華族に代々執事として仕える永倉家の長男たすくは、父親から執事とはなんたるかを叩きこまれてきたため人助けが趣味に。十四歳になったたすくはある日、松平グループの跡取り凛音お嬢様のメイドに抜擢させられてしまう。お館様のいいつけを受けて全寮制の聖セシーリア女学院へ。以来お嬢様を守るため七転八倒のメイド生活がはじまった。
 いやもう、このご時世、今更どんなメイドものが出てこようと、もうそれだけで云々するのは止めるべきであると思っておりますので、メイドだの執事だの云々に関してはこれ以上何も申しません。
 ただ、一つ気になるのは、学校の名前です。「聖セシーリア女学院」ってんですけど、「聖セシリア女子中学校・高等学校」という学校は実在しています。いいんでしょうか。実在の学校の方は全寮制ではありませんけど、女子校ではあります。

 全く余談ですが、最近はデザイナーズブランドだとかでいろいろな制服が増え、アニメやゲームに出てくる制服を「こんなん実在するかい」とか思ったらそれみたいな制服が本当に現れたりして油断のできない御時勢ですが、小生の個人的な評価では、聖セシリアの制服は「アニメっぽい」というか(関係者の皆様ご寛恕を)、かなり特徴あるデザインで面白いと思っております。
 学校の公式サイトに画像がありますが、ちと小さくて見にくいので、ここではイラストを紹介します。
 このイラストは、以前も紹介したことのある、ピザ萬釜戸氏のサイト(注:グロ画像のため18禁サイトです)の作品です(この画像は18禁ではないのでご安心を)。氏はイラストの説明でこの制服がどこの学校であるのか明示しておられませんが、これはどう見ても聖セシリアだろうと思います。ブレザーの白くて結構幅のある縁取りが、なんというか「アニメっぽさ」というか(笑)、独特の雰囲気を醸し出しています。最初見たときは何だこれ? と思いましたが、見慣れるとこれはこれでいいのではないかと思います。件の『メイド王子~プリンス・メイド~』表紙に見えるお嬢様の制服、灰色のセーラーですが、これが物語上の「聖セシーリア女学院」の制服であるならば、実在の聖セシリアの制服の方が、むしろ常識離れなデザインではないでしょうか。
 そろそろ衣替えの季節、またこの制服もお目にかかれることでしょう。
[PR]

by bokukoui | 2006-09-15 04:42 | 出来事