徴兵・傭兵・義勇兵

 新しく決まった自民党総裁が、最優先課題と掲げているらしい教育政策がそれはそれはスンバラシイものであることは、産経新聞が以下のように報じたりしておりますので、皆様ご存知のことであろうかと思います。
 テーマは10くらいあるが、例えば、子供たちに、1人で生きているのではなく、社会みんなで助け合って生きているのだと実体験してもらうために、奉仕活動、ボランティア活動を必修化しようという案がある。
 高校卒業は3月だが、大学入学は9月にする。半年のブランクのうち3カ月間は、介護施設などで奉仕活動をしてもらい、その経験がなければ大学に入学させない。
 これ以下の、アベ先生の「教育」構想の頓珍漢ぶりについては、先に指摘している方も多いのでもう今更本記事では致しません。アベ先生が首相になることが決まってしまった以上、これから日々それにどう立ち向かうかが既に問題です。
 で、カマヤン氏のブログを拝読すると、早速次のように実践行動を行っておられました。
塾にて。「今日、安倍晋三が自民党総裁になりました。26日には総理大臣になります。ですから、君たちは高校を卒業したら、半年間、農業強制労働をすることになりました。安倍晋三の教育政策とはそういうものです。なお安倍晋三本人は生まれてこの方、受験勉強すらしたことはありませんし、もちろん農業労働なんてしたことはありません」
 さて、小生の今日の授業はアメリカ独立革命でした。
 小生の教育相手は、カマヤン氏のように小学生ではなく、また高校3年生が主体ですから、制度作りの時間上、来年矯正労働(多分こっちの方が字としてはいいと思う)させられるのは何とか免れそうに思われます。なので、小生は授業にラファイエットやコシューシコが登場したのをちょうどいい機会だと思い、以下のように述べました。

 「『義勇軍』のことを英語で volunteer といいます。『義勇軍』というのは、理念に共鳴して自ら戦場に身を投じた人々のことです。ですから「ボランティア」というのは個人の自由意志によって行われることです。しかしアベ新総裁は勉強が足りないのか、『奉仕活動』を義務化しようとしています。これは徴兵で集めた軍隊を『義勇軍』と称するようなものです」

 もっともその後に、「朝鮮戦争に介入した中国軍は、『義勇軍』と称していたという実例はありますが」と付け加えたのには、生徒は意味がよく分からなかったようですが。
 ・・・あ、スペイン内戦のコンドル部隊とかはどうなんだろう。あれは志願か? あの当時ドイツは徴兵制を復活させてたと思うけど。イタリア軍はどうだったんでしょう。スペインに従軍するかどうかはある程度自由意志でも、集められた当初は徴兵だったのかな。

 閑話休題。
 そんなご時世に、このような判決が出されたのは、些か驚きましたが、しかし最近には少ない喜ばしいニュースでもありました。
国旗国歌:都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決
 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がないことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。(中略)
 判決では、「国旗掲揚、国歌斉唱に反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。起立や斉唱の義務を課すことは思想・良心の自由を侵害する」と判断。
 さらに、「通達や都教委の一連の指導は、教職員に対し、一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法」と指摘した。
 というわけで、アベ総理の「教育改革」船出に相応しいニュースかと思います。司法についてもこのところしていなかった期待が少し戻ってきたような。
 で、今日は新司法試験の最初の試験結果が発表になった日でしたね。合格率はなんだかんだで、有利な初回であるにもかかわらず半数を切ってしまったようですが、ともあれ、今後暫くは(また制度が変わるかもしれないけれど)この制度の下で法曹界に人材が送り込まれることでしょう。
 小生の個人的な知り合いに、このロースクールに通っている人が少なからずいるのですが、この新制度で育った人が将来斯界で活躍する時、どのような仕事をしてくれるのでしょうか。今回のような思い切った判断を下したり、或いはこのような訴訟にも関っていくような、そういった人材は出るのでしょうか。
 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 期待はできますが、期待のしすぎは禁物、やはり裁判所頼みでなく自分で戦わなきゃ最後は駄目、ということですかね。
[PR]

by bokukoui | 2006-09-21 23:59 | 時事漫言