今日の東急デハ5001号の状況(2)

 本日も所用で渋谷駅を通りましたので、表題の件について報告します。



 今日は通った時間が夜遅くだったので、夜間の警備体制が月が変ってどうなったかを確かめることとします。昼間の警備体制が11月には行ってどう変ったかは(1)の記事をご参照下さい。

 本日の写真です。撮影時刻は22時半頃。写真はクリックすると拡大します。
f0030574_118574.jpg
 上にも記しましたように、先日ご報告の通り、昼間(18時までの開放時間帯)の警備はセコムに代わって渋谷区サービス公社が行っていましたが、夜間の警備についてはその際「別のグループがする」とだけ聞いていました。しかし、この時間帯、警備員らしき人間の姿は見当たりませんでした。小生が観察・撮影のため割いた時間は数分間でしたので、或いはその後巡回などが行われていたのかもしれませんが、間なしに警備が行われているという体制ではなくなっているようです。
 その他の変化としては、先月の夜間(同じ様な時間帯でした)と比べて、床下の明かりが点燈していることがあげられます。警備上の理由なのか、ライトアップ的なものかは判然としません。

 今日の報告は以上です。
 現在のところ、目に付く車体への破壊行為・落書き等はありませんが、夜間の警備が明らかに手薄になっている状況からして、今後の動向が一層懸念されます。
[PR]

by bokukoui | 2006-11-08 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題 | Comments(0)