今日の東急デハ5001号の状況(11)

 本日も見に行ってきました。



 時刻は午後9時を回っていました。まずは例によって全景。写真はクリックすると拡大します。
f0030574_5392430.jpg
 夜といえど渋谷の人通りはなかなかのものです。
 昼間の開いている時間帯の管理を担当しておられる渋谷区サービス公社の方々は、客用扉を車内から締めて清掃など処置を行い、乗務員扉から降りている模様です。そのため乗務員扉はチェーンつきの南京錠で閉ざされていましたが、そのチェーンが多少改良されていました。この写真もクリックすると大きく表示します。
f0030574_5471349.jpg
 ちなみに先月の20日に撮影していた写真を以下に示します。
f0030574_5472259.jpg
 というわけで、むき出しのチェーンが自転車のタイヤのチューブか何かでカバーされたので、車体の傷みも多少はマシになることでしょう。
 車内の様子は、既に閉まっていたので外部より伺うより他にありませんでしたが、展示内容に大きな変化はないようです。ただ見たところ、車端部に置かれていた、最初に設置した時の式典の時の看板? らしきもの(こちらの記事の一番下の写真)が撤去されていたようでしたが、開いている時間に又確認しておきましょう。

 車体の汚れ等に関しては、正面の一番目立つところにこんな汚れが。写真はクリックすると大きくなります。
f0030574_612498.jpg
 文字通り顔に泥を塗られた、というところのようですが、しかしまたJRの改札から待ち合わせ場所であるハチ公銅像前への動線が曲がるところですから、こうなること自体は不思議ではありません。やはり人出がえらく多いところですので、邪魔といえば邪魔ではあるのでしょう。
[PR]

by bokukoui | 2006-12-06 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題