昨日の続き(磔愚談)

 木曜日は帰宅が遅いので、なかなか更新が面倒です。

 で、昨日の続きです。

 昨日の記事で磔写真を皆様にもご覧いただけたかと思いますが(もちろん苦手な方は以下も読まなくて結構です、というか読まない方がいいです)、それを元に磔の絵を描かれる方・映画を撮られる方などに小生が要望したい内容を以下に述べます。



 「磔」でウェブ検索するとよくSM趣味系のサイトに行き当たったりして、そしてその手の画像を見つけられるのですが(ここの第2談話室とか)、そういう画像の相当部分が、この実際の写真と比べると問題があるように小生には思われます。
 というのも、多くのその手の画像では、横木と腕がちゃんと重なっておらず、横木と縦の柱と腕とが直角三角形になっていたり、肘が曲がっていたりして、全体としての緊密さが欠けてしまっているように思われるのです。時代劇の磔シーンとか、SMもののAVとか、漫画とかの絵とか、皆そうなっているものが多いように思われます。
 しかし昨日の写真を見れば、横木は案外細くて腕と大差ない太さに過ぎず、その横木と腕は付け根まで沿っていることが分かります。手首だけではなく、肘と胸周りと、そこにも厳重に縄がかけられていることも読み取れます。

 江戸時代の日本は地域によって法に違いがあり、現在巷間に伝えられている情報の多くが幕府の天領、それももっぱら江戸方面のそればかりということをまず断っておきますが、昨日もネタに使った名和弓雄『拷問刑罰史』によれば、磔の柱は五寸(約15cm)角で長さ十二尺(約3.6m)、横木は幅三寸厚さ二寸(約9cm×約6cm)で長さが六尺(約1.8m)、柱の上から一尺(約30cm)とおよそ四尺(約1.2m、説明の文章や資料の図を見ても細かい数字が良く分からない)のところに通すそうです。柱は三尺くらい地面に埋めるそうなので、下の横木は地面から五尺(1.5m、江戸時代の体格なら男の身長くらいか)程度の高さになります。上の横木から二尺下がったところに腰掛の台が前方に突き出しています(ので、足首を括りつけている下の横木には、囚人の体重を支える役割はありません)。
 つまり横木は柱に比べてかなり細いのですね。しかも、昨日紹介の磔写真を仔細に見るに、柱を五寸角だとすると横木の太さはその半分以下、つまり二寸程度に見えます。腕の太さから考えてもそれが妥当ではないかと思います。つまり「厚さ二寸」が正面から見える横木の幅で、「幅三寸」は磔を正面から見た場合奥行き方向のことではないかという気もします。『拷問刑罰史』192ページの、『徳隣厳秘録』という当時の資料の絵の写真を見ても、そのように見えます(江戸時代の絵師が、近代的遠近法にどれだけ馴染んでいたか小生は知りませんが)。
 ところが、世間一般でありがちな「磔」モノの場合、縦の柱と横木とを同じ太さにしてしまい、その場合五寸角の柱に合わせた太さに横木をするため、緊密さを欠いたものになってしまうのではないかと思います。以下、極めてお粗末なものですが、図を描いてみました。
f0030574_1484437.jpg
 赤が人間の腕(小生の手首を大雑把に計測し、長径6cm短径4cm程度とした)で、茶が横木、青が縄のつもりです。
 で、腕に比して五寸角というように横木が太すぎると、かえって縄をかけた場合の隙間が大きくなり、受刑者の固定に差し障りがあるのではないかと小生は考えるのです。腕の太さと相応しい太さの横木を用いることが、固定にも便利であり、木材資源の節約にも繋がる(?)のではないかと思います。
 もっとも金具を用いる場合もあったと聞きますので、その場合はこの限りではありませんが。

 更に考えるに、磔の場合下から上へ向かって脇腹から槍で突き上げることで処刑しますので(『日本残酷写真史』で下川氏は「のど元が見事に槍で貫かれている」(p.17)と書かれていますが、一般には磔の槍は横腹から突くもので、咽元を最後に「止めの槍」として突くといいますが、それは実際の処刑というよりも儀礼的な――或いは呪術的な意味があったのかもしれませんが――ものでした)、囚人を括りつける場合は下の方から上へ、斜めに衝撃がかかることを想定する必要があるでしょう。これが腕を各二箇所、左右合わせて四箇所を縛っているのに、脚が足首だけである理由ではないかと思います。
 つまり最も衝撃を受ける横腹から肩先までの場所を動かないように固定するには、胸の辺りとそこに直接繋がる腕とをしっかり固定しておく必要があるのではないか、ということです。これが腕が垂れて磔柱と直角三角形を作るような形になったり、肘が曲がっているような状態であったならば、体の特に衝撃を受ける胸部附近が動かないよう固定するためには殆ど効果がないということになるように思われます。つまり肘の上、高腕を固定する方が手首より重要なはずなのです。そして一番大事なのは、胸の附近を十字に括りつけている縄ということになるでしょう。槍が最初に刺さるであろう、腰の縄も重要です。

 しかし実際には、多くの磔(っぽい)画像では、手首を固定していないものはありませんが、胸部の縄や肘の上、腰の固定を閑却しているものが少なからず見受けられます。そのようなものを下から槍で突くと、受刑者の体が動揺して処刑が困難になるのではないかと考えます。
 ではなぜ多くの画像がそのような描き方をしているのか、という理由の考察はまた明日
[PR]

by bokukoui | 2006-12-07 23:59 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/3996730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by enma at 2011-05-04 16:11 x
今気づきました。磔柱と架刑の方法について多くの場合ご不満ですね。
私達が作ったものは、柱5角約2㍍、横木10×5㌢上180㌢下160㌢のものでした。柱約2㍍は、下の横木が床から約1㍍になるようにするためです。頭の上に20㌢見えるようにして、上の横木を着け、そこから腰までが40㌢、下の横木が更に70㌢、で床から80㌢はとれます。これが磔柱の一番美しい形だと思っています。
架刑ですが、背中が柱にピッタリと着いていること。両腕は、真っ直ぐに伸ばして、掌を正面に向けて横木に着け、手首が肩より少しあがるような、具体的には、脇の下が横木の下縁あたりで、手首の上が横木の上縁くらいの僅かなものですが、見た目には横木に沿ったよりも非常に綺麗に見えます。
脚は膝を伸ばして開く、曲がっていては駄目です。
縄掛けは、6㍉縄で結び目が見えないように木の裏側にすること。巻き方は小手縄4・5回、肘の上の高手縄4・5回、足首の足縄4・5回で、×字か横木の上下で縛るのがいいと思います。私は×でした。腰縄4・5回、襷縄1・2回、菱縄なら1回、でやたらに多いのはいけません。
略このような磔の写真がありますが、メールなら送れるのですが、ここではお送りできないのが残念です。
Commented by bokukoui at 2011-05-09 20:29
たびたびありがとうございます。
連夜寝落ちして返信が遅くなってしまい済みません。

このたびも貴重な経験譚をありがとうございます。
少し腕を斜めにするのが「美しく見える」というのは面白いですね。垂直と水平ばかりでない方が却って良いのでしょうか。
縄についても、実際に縛っているわけでないマンガとかのだと、どうやってるのか微妙なのもあったりしますが、やたら多いのはいけない、というのは成る程と感じました。
ただ磔の柱の高さが低めになっているのは、室内という制約や人手の問題でしょうか。

なお、小生のメールアドレスは左欄のとおりですが、enma 様はこら等のご経験を何らかの形でこれまで発表されてこられたのでしょうか?
Commented by enma at 2011-06-17 09:14 x
暫く所用があってご無沙汰していました。今お返事を拝見しました。
折角メールアドレスを教えて頂いたのですが、送信を拒否されました。
それでここへ書かせて頂きます。
腕の角度をつけるのはより強い拘束感を出すためです。こだわりですね。これが最高と思い込んでいる人間です。
磔柱の高さですが、少々次元の低い話です。スタジオクインの天井は3㍍以上ありましたので、本当は2㍍位は欲しいのですが資金問題です。手に入る一番長い材を選んだ次第です。それでも目の高さは2㍍位になりますので、磔に架けられると随分高く架けられたように感じていました。
発表はしておりません。いろいろ記録として持っております。もしよろしければお送りしますが。von0032@ybb.ne.jp
Commented by bokukoui at 2011-06-17 23:35
>enma 様
度々コメントありがとうございます。こちらも沈滞して更新が滞っており済みません。

腕に角度がある方が「より強い拘束感」があると考えられるわけですか、なるほど。正直小生は必ずしもそうは思わなかったりしますが、世間一般の流布している画像から考えると、おそらくそれがよりアクセプタブルなのだろうと思われます。
高さについては、資材の都合はやむを得ないですね。多分視点の置き方の違いで、柱のそばであるならば割と高く感じられるのかも知れません。

折角のご記録なので、やはりどこかでまとめるご価値があろうと思います。それにしてもメールの件はすみません。今まで特に不具合があったことはなかったのですが・・・ただ添付ファイルが大きいと受け取れない場合があったことは確かです。ちょっと調べてみます。
Commented by enma at 2011-06-19 10:39 x
折角のお勧めですが、発表場所がわかりません。もしするならきちんとした所に出したいと思います。内容は二つありまして、一つは磔を始めとした経歴でA4、27ページもう一つは幼時からここまでになってしまった経緯で4ページです。こんなことにご興味をお持ちでしたら思い切ってご覧頂きましょうか。そんなに長いものではありませんので、添付で送れると思います。
Commented by bokukoui at 2011-06-22 11:31
>enma 様
たびたびありがとうございます。返信が遅くなり済みません。
所謂SMの世界では、長年体験談を蒐集・発表しているような媒体はあると思いますが、「きちんとした場所」とはそのような媒体ではない、ということでしょうか。然るべき場所を探すのにお手伝いが出来るか自信はありませんが、もしお気が向きましたら左に掲げた先に送っていただけましたら幸いです。
Commented by えんま at 2011-06-22 14:26 x
すみません。この前と同じで、どうしてもメールアドレスが拒否され送信できません。ご面倒でも私のメールアドレスへご一報頂けませんでしょうか。
Commented by bokukoui at 2011-06-30 23:45
>enma 様
連絡が行き届かず申し訳ありません。
メールを送らせていただきましたので、そちらをご覧いただきますようお願い申し上げます。
Commented by 沙堂真赭 at 2014-10-25 10:07 x
enmaです。先日風俗資料館で、私が投稿していた「えすとえむ」誌を見付け、沙堂真赭のペンネームを思い出しまして改名いたします。
ところで、私が磔マニアになったのは、色々な縛りとは全く違った縛り方であることが元でした。
普通緊縛というと、手足を出来るだけ体に近くにして縛るのが普通です。しかし、磔では手足を出来るだけ体から離して縛り、人の最も弱い体の前面を、また大の字磔では股を無防備に晒すことで、一般に言う緊縛とは全く違った縛り方になります。それと高手小手や後ろ手に縛って柱縛りにされるよりも、手や足をそのままで木に縛り付けるので更に身動きがとれなくなります。磔の醍醐味はこのように、身動きできないことと、高い磔柱の上で女性なら胸、脇の下、股間などの恥部を余す所なく晒されることです。
Commented by bokukoui at 2014-10-31 23:39
>沙堂真赭さま
大変長らくご無沙汰してしまいまして失礼致しました。
コメントありがとうございます。

緊縛趣味を実践される方と、安楽椅子の歴史マニアのグロテスク考証趣味との相違が、お言葉でよくわかります。そして、「絵になる」ものもまた違う傾向を持ってるわけで、これらのものが混沌としているのが、磔をめぐる表象なのだと感じます。
メールも無事届いておりますので、別便にてお返事させていただきます。

まことに筆不精で申し訳ありませんでした。
名前
URL
削除用パスワード