磔愚談つづき

 というわけで、一昨日の話題の続きです。
 特段危険な画像の登場予定はありませんが、きわめて読み手を選ぶ話題なので、ご承知の上先へお進み下さい。



 さて、前回前々回の記事で、小生はあることを断りなく前提として記事を書いておりました。それは「磔=日本における処刑の様式」ということで、キリスト教の宗教画でおなじみのような、西洋の――というか、古代ローマで行われていたようなそれを全く無視していたわけです。その理由を説明することが、前回の記事の末尾で出した課題の答えにも繋がるので、まず古代ローマの処刑法をあえて話題にしなかった理由を述べることとします。

 「磔」という漢字を漢和辞典(旺文社の『漢和辞典』p.750)で引くと、

・罪人のからだを引き裂いて殺した刑罰。車裂き・牛裂きなど。
・城門でいけにえを裂き殺して悪気をはらう祭事。
・死体を市中にさらしてみせしめにする刑罰。
・はる。はりのばす。
・筆法の一つ。
・裂ける音。
・(日本での意味)地上に立てた十字架にしばりつけ、槍で左右から突き殺す刑罰。

 といった意味が並んでいます。つまり「磔」という漢字は、こういった人体に強い衝撃を与えて破壊するような処刑方法を意味するということが分かります。前出『拷問刑罰史』でも、「磔」の漢字には以上の意味があるので「古文献だけの記録では、単に刺し殺したものか、引き裂いたものか、はっきりしない(p.113)」と述べられています。

 さて一方、キリストを処刑したことでとみに著名なあの十字架に架ける処刑法、あれの死因は何なんでしょうか。
 ここでマルタン・モネスティエ『【図説】死刑全書』を紐解くに、
十字架上で死ぬのは、多くの人々が考えているように飢えや渇きによるものでも、また出血によるのでもなく――釘打ちではごくわずかしか出血しない――窒息によるからである。十字架にかけられた者は、腕より上に体を引き上げないかぎり呼吸できない。さらにそのような姿勢で、釘に体を支えられて激しい苦痛にみまわれるため、たちまちすべての筋肉が激しく収縮する。その一方で、胸郭は空気をいっぱい吸い込んだきり、それを排出することができない。(p.62)
 とあります。
 一方、小生の最も印象を受けた死刑関連書籍であるK.B.レーダー『図説 死刑物語』には、
架刑での死亡は、たいていの場合、血液の循環が阻害されて心臓がまいってしまうことに起因しているといえる。ほとんど身体を動かさないで吊りさげられていると、血が下半身にたまってくる。ついで、脳の中の血が欠乏してきて、心筋の痙攣による呼吸困難、心臓細動、そして失神を引き起こす。(p.112)
 とあり、若干の相違はありますが、吊り下げられるという不自然な姿勢による呼吸や血流の不全により死に至らしめられる、ということのようです。
 この方法を採る理由についてレーダーは、「囚人を死に致すという本来の仕事は第三者的なものに委ねて、その罪人の死に対する責任は執行者に負わせないようにしようという意図(p.105)」によるものだと指摘しています。人間がする事は吊るすだけで、死ぬのは自然の力に任せるという発想だというのです。そのような発想の持つ呪術的な意味合いについては、レーダー書をご参照下さい。

 つまり、日本で行われていた「磔」と、古代ローマの処刑法――これを爾後レーダー書の訳語に従って「架刑」と呼ぶことにしますが――は、一見似ているようでいて実は大きな違いがあるということです。前者が人体に強い衝撃を与えて破壊するようなものであるのに対し、後者は吊るすことによって死に至らしめるのであります。系譜で言えば前者は現在の銃殺刑に繋がり、後者はレーダーの意見を斟酌すれば絞首刑に繋がることになります。(ここらへんについては昨日アップした記事も参照)

 で、結局、日本式「磔」の描写に妙なのが多いのは、古代ローマ式「架刑」を実態と乖離した聖像(イコン)としてしまった、キリスト教千数百年の積み重ねが混入してしまったからなのだろうと推測されるわけです。
 ではそうなると、百五十年前まで実践だった(そのため写真まで残っている)日本の「磔」のイメージに、何故西洋のそれが混入したのか、ということも考える必要があります。それは恐らく、キリスト教の宗教芸術類のイメージ蓄積が膨大なもので、更にそれが洗練を積み重ねることで強い訴求力を持つに至ったということが根本的な理由であろうと思います。

 これはレーダーの指摘ですが、キリスト教の普及によりキリストの処刑法であった架刑が神格化され、そのため様式化されて実態に即さない宗教芸術がゴマンと作られたため、架刑に対する実態と乖離したイメージが普及してしまったといいます。実際のキリストの処刑は、十字架ではなく一本の柱に括りつけられていた可能性が高いとレーダーは主張しますが、これは十字架の方が宗教的なシンボルとして訴求力が強いから、そちらが宗教的シンボルとして採用されたのだといいます。
 で、話は飛びますが、19世紀は「写実的」な歴史絵画が結構流行っていた(ドラクロワとか)時代だと思いますが、こういった絵によって十字架刑の(イコンとしての)訴求力は極限にまで高められ、それが明治以後日本にもキリスト教徒一緒に流入してきて、何がしかの影響を与えたのではないかと思います。キリスト教的な架刑をモチーフとした芸術自体が、歴史的事実よりも訴求力に重きを置いて磨き上げられたものですから、明治以降の日本で江戸時代の記憶を上書きしえたとしても不思議ではありません。
 しかもそういった「表口」だけではなく、19世紀末以降興隆していったSMプレイやボンデージにも架刑のモチーフが採用されて、「裏口」からも「はりつけ」に対するある種のイメージが形成されてきたわけです。それが戦後の日本の『奇譚クラブ』あたりで日本式の「磔」と出会って・・・となると、キリスト教イメージの時代劇への混入も納得がいくというものです。
 まあ、江戸時代の「磔」の柱が十字架形なのが、そもそも当時のキリシタンの影響という説もあるようですけど。

 なんだか話が結局怪しいところに落ちてしまいました。いつぞやの「メイドさん」論と結局は同じオチかい。
 レーダーの本は小生も大いに感銘を受け、これを手がかりにもっと真面目に死刑について語りたいと思わなくもありませんが、もういい加減長すぎるので、又の機会ということで(あるのか?)。
[PR]

by bokukoui | 2006-12-09 23:58 | 歴史雑談