東大名物「反白色テロル大連帯」のエピゴーネン登場?

 年末商戦も酣という感のあるこの頃に相応しいかもしれない話題。
 で、最近こんなページを見つけました。

 革命的非モテ同盟「12・24クリスマス爆砕大衆行動」

 はてなブログではとりわけ盛んな、オタクによる「非モテ」問題関連活動の一つのようです。新左翼のパロディをやっているあたりが面白いですね。
 で、クリスマスに配布するというビラがこちらのページに載せられています。

 ・・・・・・。ものすごい既視感。
 そう、このビラの文面は、当ブログやMaIDERiA出版局サイトでこれまで取り上げていた、「反白色テロル大連帯」の撒いていたビラとそっくりなのです。
 こうなりますと、自称「日本で一番『反白色テロル大連帯』について詳しいページ」を作った(笑)者としては、この「革命的非モテ同盟」の運動とどういう関係があるのか、大いに気になるところです。
 「反白色テロル大連帯」のビラは、MaIDERiA出版局サイト

 「東京大学オタク物語その三 反白色テロル大連帯とは何だったか」

 に掲載してあるので、比較してみてください。
 「革命的非モテ同盟」(以下「革非同」と略させていただきます)のビラの表面の煽り文句、
 「つぶせクリスマス! なくせバレンタイン!」
 これは「反白色テロル大連帯」(以下「反白色」と略す)のビラと全く同じです。
 さらに、それに続く「革非同」のビラの見出し、
 「クリスマス迎合「カップル」集団に怒りの階級的鉄槌を!」
は、「反白色」のビラの
 「クリスマス迎合のニセ「カップル」盲従集団の延命許さず、武装蜂起せよ!」
と、ちょっと似てますね。
 そして、
 「ベンチを奪取せよ! レストランを占拠せよ! ホテルを爆破せよ!」
という文句も全く同じですね。
 これ以上いちいち例示はしませんが、どう考えても「革非同」のビラは「反白色」の強い影響下にある、というか、早い話がパクリではないかと考えざるを得ません。

 「反白色」については上掲記事に書いてありますのでご参照いただければ分かりますが、これは元々共産党系学生組織・民主青年同盟、通称民青の一員であった人物が、学友会での影響力拡大のために作った団体ではありましたが、そのビラはネタとしてあまりにも秀逸であったため(共産党が新左翼風のビラを作ること自体が既にネタ)、相当広く人口に膾炙するに至りました。時々学内でこれを見つけた東大生の中にマジに反応してネットなどにそう書いてしまい、他の連中に突っ込まれる、なんてこともありましたっけ。
 で、「革非同」の方もこれをネタとして楽しまれているのでしょうか。

 ただ率直に言って、仮にこれがネタであろうがなかろうが、元ネタである「反白色テロル大連帯」について一言も触れていないのは如何なものかと思います。そして続けて考えるに、

1.「革非同」がネタの場合・・・ネタとしては元の「反白色」よりも楽しみにくい。
2.「革非同」がマジの場合・・・それは痛い。

 というわけで、どっちに転んでもあまり好意的に評価できません。せめて元ネタへの敬意くらいは表していただければ、もうちょっと連帯する意欲も沸いたのですが。
 革命的非モテ同盟に対し、本件に関する釈明を求めたいと思います。さもないと、彼らこそ反革命的であると糾弾・・・なんてことやってたから新左翼は内ゲバで衰退したんでしょうね(苦笑)。つうか元が民青だから共産党に踊らされて「ニセ左翼暴力集団」とかレッテルを貼られてしまいそう。
 なお、このほかの可能性として、

3.「革非同」=「反白色」の中の人

 という場合もありえます。この場合はメットと角材もって駆けつけます。

 さて、本来はこの後になぜ「革非同」は「元の「反白色」よりも楽しみにくい」のかをきちんと説明しなければなりませんし、更に「恋愛資本主義」という言葉についても少々思うところがあるのでこれを機会に少し書いてみたい気もするのですが、日曜日だとばっかり思っていた某学会の報告が実は土曜日だったということにさっき気がついて青くなってレジュメを作成している途中ですので、この続きはまた明日にでも。
[PR]

by bokukoui | 2006-12-15 23:58 | 思い付き