冬期講習終了・これから大掃除(予定)

 3日から一週間続いた冬期講習も漸く終了。昨年末の冬期講習が終わって一日の間もなく冬コミとなり、そのまま年が明けて、年賀状を出したらまた冬期講習と慌しい年末年始でした。少しも休んだ感のないまま明日は大学院の初日。
 積読本や収納場所未確定の書籍・資料が山積し、大掃除に手のつかないままゴミと一緒に年越ししてしまいました。おまけに昨晩の家捜しで混沌は加速の度合いを増し、はやいとこ何とかしないとまともに生活できなくなりそうです。一応導入すべき本棚は見繕い、資料整理用のファイルやケース類も買ってはおりますが・・・幸い冬期講習も終わったし、当面喫緊の学会報告などもないし、明後日には大掃除としますか。
 書くだけ書いて実行しないという我が悪癖への戒めとして、現状の写真を晒し挙げておきます。
f0030574_0212859.jpg
 手前に上だけ見えている本の山二つが積読本(藁)、その奥は収納場所未定の漫画・同人誌類です。積んだ山が崩れて平たくなり、またその上に堆積する・・・という地質学的なモデルを構成しております。しかもこんな状況なのに、ついついまた最近出た漫画本を買い込んでいることが写真からもお分かりいただけようかと思います。
 漫画と同人誌はこのような状況ですが、一般書籍も危機的状況です。
f0030574_0285666.jpg
 見て明らかな通り、この写真に写っている本棚はすべて前後二段に本を積むという、最もやってはいけないことをやってしまっています。奥行きが深すぎるのだと本棚の構造のせいにしておきますが、色々思うに、本棚の奥行きは20センチもあれば殆どの場合充分なように思われます。
 ついでに、新年早々古本屋で新品同様の『発掘カラー写真 1950・1960年代鉄道原風景 海外編』を見つけて、特別定価で買い損ねていたためつい手が出たりして、事態は悪化の一途を辿っています。

 そして。
 この写真は、本当に一番恐るべき箇所はあえてフレームから外しているということを告白しておきます。

 読む方では、エレイン・S. エイベルソン『淑女が盗みにはしるとき―ヴィクトリア朝期アメリカのデパートと中流階級の万引犯』(国文社)を年が明けてから読了しました。昨年後半以来、電鉄業との関連でデパート業の研究を幾つか読んできて、そのついでに以前買ってあったこの本を読んでみたのですが、なかなかどうして面白い本でした。
 しかし、明日は年明け最初の大学院の演習が午前中にあり、年明け早々から遅刻したくはないので、詳しい内容紹介や感想は又の機会とさせていただきます。本書は「ヴィクトリア朝」と言いつつもほぼすべてアメリカの話なので、「メイドさん」に関心がある人にはお勧めしません。しかし19世紀以来の消費社会の展開に興味のある方、階級やジェンダーの問題に関心のある方には相当に面白いと思います。
 「恋愛資本主義」云々を議論される方も、こういった書物を紐解いて事態の分析の一助とされては如何でしょう。小生はかねがね主張しておりますが、「恋愛資本主義」は中産階級の発展に伴う近代家族モデルの拡大にその源流があり、近代家族に閉じ込められた女性と資本主義下における消費の関係を考える上で本書は大変示唆に富んでいるからです。
[PR]

by bokukoui | 2007-01-09 23:59 | 書物 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/4297766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 新九郎 at 2007-01-10 22:03 x
「本の山」という単語がぴったりですな。
ちなみに我が家は、古いので本で傾きそう(文字通りの意味で)です。
Commented by bokukoui at 2007-01-11 14:07
山のままならいいんですが、しばしば「地すべり」「山崩れ」を起しまして・・・

ところで、冬休みの忘年会/新年会が出来なくて残念でした。
まあ、そちらが休みになるとこっちのバイトが忙しくなるという構造的問題(苦笑)があるのですが・・・センター以後にでもひとつ席を。
名前
URL
削除用パスワード