教えてあげる 嘘じゃない “愛”のこと

 一昨日の記事の続きです。
 いきなり話が逸れますが、小生がこれから長々と書くであろうことの要約は、既に以前当ブログでマンガの感想を書いた中で書いてしまっております。ので、それをお読みいただけると以下の話が分かりやすくなる、というか読まずに済んでしまうかも(笑)しれません。
 それを踏まえて前回の続き、すなわち「革命的非モテ同盟」さんの「自由恋愛は自由ではない」で示された方針についての違和感について述べたいと思います。

 まず断っておかなければならないのは、小生はアイザイア・バーリンについて「E.H.カーの『歴史とは何か』に出てきた人」というくらいの認識しか持っておりませんし、「~からの自由」「~による自由」はそういえば昔高校の世界史のフランス革命の授業で習ったなあ、という程度のことしか知りません。ので何か用語の使い方や概念の理解で誤った箇所があるかもしれません。

 さて、一昨日の記事で話題に載せた加藤秀一『<恋愛結婚>は何をもたらしたか』を読んで思ったことなのですが、同書では「恋愛」「結婚」「幸福」が分かちがたく結びついてしまっている現状を再検討しています。恋愛して→結婚して→幸福な家庭を築く、というのがあるべきライフスタイルとして深く浸透してしまっている、ということです。同書ではこのような考え方がどのようにして(優性思想と絡み合いつつ)普及していくかを検討しています。
 で、明治から戦後にかけて日本で「恋愛」が普及してゆく過程には、確かに「革非同」の古澤氏がご指摘の通りに、イエ制度などの「封建遺制」からの自由という意味が含まれていたでしょうし、今日尚そのような意味が全く力を失ったとまではいえないでしょう。しかし現在のところでは、おおむねそういった前近代のままのイエ制度的な規範(ってこれ自体もどこまで「前近代」なのか怪しいところですが)によって「恋愛」を抑圧する、という事態は決して多いとは思えません。それだけ「恋愛」が社会に普及したのであり、その結果として愛情によって結びついた夫婦及び親子関係を基軸とした「近代家族」が定着したのです。

 かかる状況下において、今現在「恋愛」が何がしかの抑圧をもたらすとすればなんでしょうか。
 それは、旧来の規範を打ち破る自由をもたらした筈の「恋愛」が、新たな規範となって抑圧する原理になってしまっている、ということになろうかと思います。
 「恋愛」がそれだけ規範としての力を持ちえたのは、加藤秀一氏の説を踏まえれば、それが「結婚」を介して「幸福」と分かちがたく結びついているからでしょう。さらにそれが、近代的国民国家とも相性が良かったことが、新たな規範となるだけの根拠を与えたことも考えられます。
 となれば、結局「恋愛」を巡る諸状況の下で抑圧されている人々に求められるのは、「消極的自由」、つまりこの場合は「恋愛からの自由」ということになるでしょう。
 「恋愛」が「幸福」と密接に結びつくことによって、恋愛していない人は不幸である、さらには恋愛できない人間は落伍者である、といったような規範となって人々を縛るところに問題があるわけです。それに対し、新たな規範を設けてそれを押し付けるようなことは、何ら解決になりません。より正確に言えば、ここで小生が考えた「恋愛」の抑圧からの解決法は、「恋愛<という規範>からの自由」ということになります。「恋愛」そのものを否定するのではなく、「恋愛」ばかりが「幸福」を得る道ではない、という相対化を図ることが、可能な解決方法なのだと当面考えています。

 規範の良し悪しが問題ではないのです。幸福は自分で決めるべきことで、外部から規範として拘束されるべきものではない。これが基本原則です。外部からそれを押し付けることが(たとえそれが如何なる「善意」に基づいていようとも)問題です。「恋愛」という規範に対抗して別な規範を拵えてそちらへの乗換を迫ったところで、結局規範を押し付けて抑圧しているという構図に違いはありません。一部の「非モテ」関連の言説にはそういった疑問を感じます。なぜ中絶の話をそんなにしたがるのでしょうか。道徳的な優位を持ち出すことは事態の解決にはなりません。
 「恋愛」もまた極めて個人的な心情の問題が基本であって、自分自身ですら把握することが容易ではない、矛盾に満ちた、強くて弱く熱く冷たい人の心の問題であります。
 古澤氏もこの点には気付いておいでのようで、恋愛は個人の間の問題です、個人の気持ちを権力は規制出来ません。愛国心を示す態度を強制は出来ても、愛国心は強制出来ません。そう見ると平等な権利の獲得は与えられず、平等な権利の剥奪しかとりえないと考えてしまうのです。とコメント欄で吐露しておられます。前段については全く賛成です。しかしそこでなぜ、後段(「そう」以下)のような単純かつ乱暴な結論に飛躍されるか、正直謎であります。 

 とはいえ規範の相対化を図るといっても、それはなかなか大変なことで、というのもそれだけ「恋愛」と「幸福」との関係が密接だからです。その過程を歴史的に追っかけていくと、多分そこでは近代家族との関連や、資本主義の発展との共同関係が見出せるでしょう。この規範を遵守することは、それなりに合理的な生き方であったからです。
 ただ、その構造をよりよく知って再検討を加えることにより、ある程度は抑圧的な規範として降りかかってくる「恋愛」に対処することが出来るかと思います。
 というわけで、以下に現時点で小生がこれらの問題について考えている視角を提示し、「恋愛」と資本主義がいかように結びつく関係にあるか、近代家族との関り、等について書こうと思いますが、随分長くなったので一旦ここでおしまい。
 さらに続きはまた次回(明日と書かないあたりが筆不精者)。
[PR]

by bokukoui | 2007-01-16 23:58 | 思い付き