酒井翁再び立つ・完結編

 一年前と同じ様なタイトルのつけ方をしておりますが。

 というわけで、今年はじめにこのブログで報告した鼎談「メイドさん放談2007」が、酒井シズエ翁のサイト「旦那様と呼んでくれ」にアップの運びとなりました。昨年と比べ公開の日付が遅れているのは、多分小生が録音から起された生原稿を読んで、自分の喋ったことのあまりのイタさに握り潰してしまいたくなって、しばらく修正作業をせずに放っていたからだと思います。すみません。
 今年は、昨年のごとくきっしーさんに「管巻いてる」とは言わせない、という意気込みで収録に酒井さんも北庭さんも、そして小生も臨んだはずなのですが、差し入れと称して持っていった葡萄酒を一人で一本飲んでしまったせいか、一人で延々と喋り捲ってイタいこと限りなかったのでありました。特に第1部の終わりあたり。
 あと、「続きのシャーリーも単行本になると思って読んでませんけど、ならなかったら困りますね」とか言ってましたが、結局『シャーリー』の載っているビームの増刊は買ってしまいました。山名沢湖も載っているならいいかな、という理由が大きかった気もしますが。

 とまれ、ご関心のある方はご一読を。酒井翁と北庭さん、そして小生の「メイド」観は実は結構違っているところもあって、その対立がある種の面白さを生んでいるのかもしれない、そんな感想を今となっては抱きます。
 そして、長時間のテープ起しの労をとってくださった酒井さんに心よりの感謝を。小生は元々声が低い上に早口で聞き取りにくく、おまけに語彙も偏っているので、さぞ判りにくかっただろうと思います。ありがとうございました。

 しかし、去年の記事に関する自分の感想も「えらく一人で喋くってましたな。なんだかイタイ人みたいだ」・・・進歩が無い。

※追記:この記事へのコメントに応えて更に発展させた記事はこちら
[PR]

by bokukoui | 2007-03-04 23:56 | 制服・メイド