東大前期合格発表に合わせ「一括徴収対策会議」発足

 最近MaIDERiA出版局サイトへお越しの方が、特にイベント前とかでもないのに結構多いのは、やはり受験シーズン関係で「東京大学オタク物語」を見に来てくださった方が多いのかな、などと思うのですが(トップページにしかアクセス解析つけてないのでよく分かりませんが・・・)、今日は東大の前期試験の合格者発表でした。あと後期の試験と発表もありますが、人数としては僅かなので、受験シーズンも大分終盤となります。「東京大学オタク物語」の続きが遅れて、先日体調を崩したこともあったとはいえ、この日に間に合わなかったことは誠に申し訳なく思っています。何とか後期発表までには、って去年もそう書いてましたね・・・進歩がない。

 それはともかく、この日を以って、当ブログコメント欄でもお馴染みの労働収容所組合氏が、表題にあるように「一括徴収対策会議」(一応仮称とか)という団体を発足され、本日合格者向けに宣伝活動を行いました。
 「一括徴収」とは、東大学内の七つの自治団体の4年分の会費を、新入生向けオリエンテーションの際に一括して新入生から徴収するという慣例です。詳細は「一括徴収対策会議」サイトに近日載ると思われますが、この一括徴収は支払い義務がないにもかかわらず、新入生がそのことを理解することが出来ないままに行われてしまっております。更に、そのようにして集められたお金の使途はしばしば曖昧な場合があり、しかし積弊によりその実態は公にされることのない状態になっています。
 この状態に対し、労働収容所組合氏は既に抗議活動を以前より続けておられたのですが(詳細は氏のブログ参照)、一部自治団体のこのような状況を是正するためのキーポイントとして、この「一括徴収制度」の見直しに的を絞った大衆的活動を始められたのです。
 本日配布されたビラの内容を以下に転載します。
新入生各位
   在学生有志

入学時の「一括徴収」に関する注意

 合格おめでとうございます。4月1日、2日に行われる諸手続に合わせて一括徴収というものが行われますが、これに支払義務はありませんので2007年度に入学される方はご注意下さい。
 以下に一括徴収について述べさせて頂きますので参考にして下さい。

◯一括徴収金の支払は任意です
 一括徴収は7つの自治団体が会費等を集めるための便宜上の仕組みです。外観上は大学の機関にも見えますが、実際には関係なく、これを支払わなくても入学や進学等に一切影響はありません。
 またこれは便宜上の仕組みに過ぎず、諸手続の日には払わず、後日各団体に支払う形でも問題ありません。もちろん、不要な団体に支払う必要はありません。
◯一括徴収金の使われ道はかなりの部分が不透明です
 自治団体の多くは決算や会計情報をきちんと公開せず、大まかな項目別の報告に留まっており、事実上は使途不明金だらけで、徴収の根拠も不明瞭です。
 また外観上は大学が協力している形なので、本来は大学等による監査が必要になりますが、「学生自治」の名を盾にされると大学は動き辛く、「従来通り」と言われれば中身を見ずに渋々通している状況です。
 当然、予算の組み方もいい加減で、私物化や違法行為の温床になっています。
◯一括徴収金を支払わないことによるデメリットはありません
 大学に入学することと自治団体に入ることは関係がありません。学生は大学の施設を通常の範囲で自由に利用できますし、自治団体がそれを規制することは出来ません。実際、払わずに不利益を被った人はいません。
 言ってみれば自治団体はサークルのようなものであり、必要だと思う人が入り、会費を払えば良いだけです。入学時に知らないサークルの会費を4年分まとめて払えと言われれば困惑しますが、一括徴収はまさにそれに近い話になっています。
 この活動は、学生の自治というものの時代に応じた形を模索する上で有意義かつ必要と考えますので、ここでリンクを張ってささやかながらご支援させていただく次第です。
 もっとも支援するというのは、(氏によれば)不明朗会計の穴埋めのために学生会館のゲスプリンター代が値上げされ、その結果同人誌製作コストが約14.4%上昇(『不完全メイドさんマニュアル』を100冊作った場合)したという、個人的事情が理由の一つではありますが・・・。
 とまれ、現時点では発足したばかりの運動体ですが、これからの新歓のシーズンに向け、運動の成果の多からんことを祈念いたします。

 上に挙げたビラが配布された東大前期の合格発表というのは、そもそも受験生だけでなく家族も一緒に来ることが少なくなく、さらに運動会・サークル(特にテニスサークル)の勧誘だらけで、こんな状況でした。
f0030574_22511949.jpg
 大人数を繰り出して勧誘攻勢をかける運動会・サークルに混じって、しかし「一括徴収対策会議」は少人数にもかかわらずビラ配りを敢行した次第でした。

 さて、明日は「革命的非モテ同盟」ホワイトデー粉砕デモの取材に行きましょう。
 ・・・なんだか市民運動研究サイトみたいだな。いや、まさに「公安委員会」?
[PR]

by bokukoui | 2007-03-10 23:57 | 出来事 | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/4812567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 障害報告@webry at 2007-03-11 19:42
タイトル : ここは酷い一括徴収ですね
というわけで日経ビジネスの最新号を読んでみた こんな労組要らないって話 1950年の総評、60年の三井三池、74年の春闘ストで国鉄マヒ 89年の連合発足、2002年のベアセロってのが表紙 記事内の写真は労組の宴会とメーデーかなんかでのだれて寝っ転がる人 要するに労働貴族と労働者の権利の守護者からの逸脱を責める内容なんだよな なあ大学内にもそんな話がありましてってことで(話の枕が長いw)... more
Commented by 労働収容所組合 at 2007-03-11 01:54 x
いやいや、そういった具体的な不満こそ原動力(あるいは燃料投下)になるので大歓迎です。具体的でないと学部を動かす力にもなりづらいですし。
ただゲスプリの値段が戻るかどうかは成行き次第といったところで予測がつきませんね。生協が以前の価格設定で運用できるなら最善なんですが。

革非同のデモに参加できるかは不透明です。なんせ疲れてしまったので。あと12日に文書2つ出す予定が。
無責任な言い方ですが、行けたら行きます。
Commented by 労働収容所組合 at 2007-03-11 02:19 x
コメント欄で言うのもナニですが、配布ビラと同じ内容の文面を掲載しておきました。よろしければご参考に。
Commented by 昼行灯 at 2007-03-11 14:26 x
自分は入学時にそのように致しました。
現在はそのようにされる方も多いそうですが、当時は珍しく、
学生会館に払いに行ったら、「本気ですか?」などといわれたのも今は
追憶の彼方。


連荘を続け、最後に倍満ツモで纏めて吹き飛ばすのが好きだ。堆く折り重なったつみ棒を恨めしそうに見つめる様には心が踊る。多面待ちでロンあがりするのが好きだ。手の中からあふれ祈るように切り出された当り牌で、「高めだ」といってあがる時は胸のすく思いだ。残り少ない点棒をお互いに奪い合う他家を見るのが好きだ。既に最下位の他家からまだ毟り取って順位を上げようと必死な様子など感動を覚える。風牌を3フーローした時などはもうたまらない。早めにあがり切ろうと、悲鳴を思わせる鳴きを繰り返すのを尻目に、悠々と残りの風牌をつもりあがるのも最高だ。哀れな他家がラス親で健気に盛り返してきたのを、面前の役満で子毎前触れもなく粉砕した時など絶頂を覚える。清算の時青い顔をしているのをみるのが好きだ。「もう少し待って下さい」という声を聞くのはとてもとても悲しいものだ。

定番ですが、お後が宜しい様なので。後サイトを開設致しました。そのうちお目に止るかと。
Commented by bokukoui at 2007-03-12 17:00
>ラーゲリ氏
風邪気味のところお疲れ様でした。今は回復にご専念下さい。
思えば日大の学生運動も使途不明金などお金の問題から始まったわけで、やはり基本中の基本としてちゃんとするべきことなのでしょうね。

ビラありがとうございます。文面差し替えついでに写真を入れておきました。

>昼行灯氏
小生は何も思わず払ってから、昼行灯さまが払わなかったと聞いて、そういう方法があったかと愕然としたものでした。時代を先取りした慧眼には恐れ入るばかりです。

サイト開設との由、いよいよこの時が来たかとおののき・・・もとい喜びに打ち震えております。また近いうちに出来れば。
名前
URL
削除用パスワード