妄想の対象としての「メイド」について思うことなど(3)

 えー、前回の記事で色々とご迷惑をおかけしてしまって申し訳ない次第でありましたが、それにも懲りず続きを書こうというわけでして。まあ、最後まで読んでいただければ、書かねばならない理由もお分かりいただけようかと思うのですが。なるべく軽く書きますので、読まれる方も肩の力を抜いてお気楽に。

 で、件の鏡塵さまのご執筆の記事の末尾、小生が読んで色々とやくたいもないことを考えるに至った箇所を、申し訳ないのですが引用させていただきたく。
第二のパターンとして想定される、「読者」が「創作」を敢えて「歴史叙述」として受け止める、という選択について検討する必要がある。つまり、言語を媒介する以上は叙述とはなべて「解釈」であり、歴史叙述と文学は理論上区別できないのだから、自らにとって価値のある叙述を「歴史」であると主張する場合である(『エマ』の「英國」こそがわが「英国」なのだ、と是認するような場合)。この「選択」については、自分が身を置く時間/空間と「断絶」した対象については、その言説はさほどの問題を惹起しないように思われる・・・このことが、「創作のメイドさんが妄想に陥ってしまう」ことの一つの理由なのではないだろうか。「創作のメイドさん」は「妄想に陥っている」のではなく、「妄想であることを(敢えて)選んでいる」ように思われるし、その「選択」が楽しめる「読者」であれば、「テクストの快楽」に意識的に身をゆだねる(溺れるのではなく)ことは一向に差し支えないのではないか、とさえ思えるのである。
 この文章の前半に関しましては、鏡塵さまがこの記事に補足として書かれた記事の中で懇切な説明をしておられますので、そちらをご参照下さい。

 で、ここを読んで小生が触発されたのは、「断絶」と「連続」ということばです。
 これが、「メイド」というのが少なからぬ人の「妄想」の受け皿として機能している、ひいては末期ヴィクトリア朝が「オタク」文化の中で一定の地位を占めるに至っている理由の一つではないかな、なんて思ったわけであります。

 一般的には、「メイド」に興味関心を持つような人は、「断絶」の側面に力点を置いているのではないかと思います。しかし、では歴史上にそのような素材を求めるのならば、別に末期ヴィクトリア朝である必然性はありません。なぜアンシャン・レジームのフランスでもなく、ビーダーマイヤーのドイツでもなく、ギルデッド・エイジのアメリカでもなく、ヴィクトリア朝末期のイギリスなのでしょうか。
 ここで小生が勝手に思うには、末期ヴィクトリア朝には「断絶」の側面だけじゃなくて、「連続」の面もあるからではないかなと、そのように思うのです。大英帝国を中心とする世界秩序など、今日のそれとは全く異なった要因もありますが、一方では消費社会の形成や中産階級の台頭のように、いま現在の日本の社会像のモデルの一つをこの時代の英国に求めることもある程度可能なのではないかと。なので、全く「断絶」している数多くの歴史的世界と違って、断絶しつつも「連続」の面があるため、その二面性が多くの人の妄想を受け入れやすくしている要因なんじゃないか、そう思うわけです。
 以前、「メイド」を巡るあり方を二分してみた愚論をものしましたが、二分というのはやはりあまりに大雑把で、様々な妄想の託され方のパターンを、もっと細分化して具体的に論じた方が良いとは思います。そして、おそらくは「連続」「断絶」の分け方と、上掲愚説での「フレンチ系」「クラシック系」とは、ある程度ずれているのだろうと思います。

 さてさて、小生は「メイド」について考える手がかりとして「近代家族」という概念を始終振り回していますが、要するに家族を公的な世間と離れた私的な安楽の場と捉える中で、「メイド」の存在意義が薄れていったのではないか、みたいなことを考えております。
 で、その「近代家族」の理想的居住地として形成されたのが、郊外住宅地です。日本では郊外住宅地開発に当たって、関西の阪急・関東の東急に代表されるような私鉄の影響が大きかったことは、夙に知られています。こちらの記事でも以前に書いたりしました。
 よく知られているように、日本の郊外住宅地の代表選手・田園調布のモデルは、イギリスのガーデン・シティであるといわれています。ハワードが著作でガーデン・シティ構想を説いたのがまさにヴィクトリア朝最末期の1898年、レッチワースの建設開始はヴィクトリア女王が没してエドワード朝になって間もない1903年。ヴィクトリア朝の終焉は、お屋敷から郊外住宅地へ、ブルジョワジーのあるべき住宅像が移り変わる時代なのであります。
 というわけで、小生は「新春メイドさん放談2007」の第一部末尾にて、「鉄道の話もメイドさんの話も近代史としては同じ」と放言するに至ったわけであります。
 その時点ではただ単に自分の二つの興味が繋がった、ということしか考えていなかったのですが、これを「断絶」と「連続」というように考えてみると、実は「メイド」が多くの人の妄想を受け入れられる理由にもなるのかな、とも思った次第なのでした。

 ただここで留意すべきことは、郊外住宅地の起源は明らかにイギリスであり、その起源は18世紀末にまで遡りうるのもであるとしても、日本に移入される以前にアメリカに渡ってある程度の発展を遂げており、日本に来た「ガーデン・シティ」も実はアメリカナイズされたものなのではないか(ハワードの構想の与えた影響は、直接的にはあまり大きくないのでは)という疑問を小生は抱いております。
 そう思ったのは、以前もちょっと触れましたが、『ブルジョワ・ユートピア 郊外住宅地の盛衰』という本を読んでの疑問なのですが、日本において郊外開発にもっとも大きな貢献をした電鉄業の経営や技術を見るとその疑いは更に濃くなります。大体電車の制御器だの台車だのという重要パーツの輸入先は、大部分アメリカなので(除デッカーの制御器)。

 『ブルジョワ・ユートピア』では、アメリカ最大級の郊外の例として、ロサンゼルス近郊が出てきます。この地ははじめ大規模な電鉄網によって開発され、その後自動車の普及によって、郊外は中心のない新たな形へと変化を遂げ、そのため電鉄網は全廃されたという歴史をもっています。その電鉄がパシフィック・エレクトリックといいますが、同社は最盛期には1700キロの路線網を有し、アメリカでも最大級の電鉄会社でした・・・が、その電鉄は1961年にすべて消滅します。詳細はこちらのサイト参照。
 ちなみに、猪瀬直樹『土地の神話』を読むと、田園都市会社の渋沢秀雄は、イギリスのレッチワースより先に、ロサンゼルスからパシフィック・エレクトリックで結ばれたパサディナを見に行っていることが分かります。
 アメリカに最盛期2万キロ以上あったという電鉄網は、ほとんど廃止されてしまいました。ここが日本と鮮やかなコントラストをなしており、ここから日本近代の特質もうかがえるのではないかと考え、博士論文のネタにしようと目論んだりしています。
 というわけで、日本の郊外と電鉄業にあり方を考える上では、アメリカについて知る必要があり、その中でも代表的なロサンゼルスを含む南カリフォルニアには、アメリカの電車を含む鉄道の一大博物館があるので一度行きたいとかねがね思っておりましたが、こんなマニアックなスポットにツアーなどあろう筈はなく、また個人旅行で行くにしても公共交通機関もないらしく、夢のまた夢と思っておりました。英語力もアレだし。

 が。
 当ブログにも折々コメントを下さる、海外旅行上級者の東雲氏が、この博物館に一緒に行かないか、と先日急遽お誘いくださいました。ゴールデンウィーク明けで格安航空券もあるとかの由。
 というわけで、明日から日曜まで渡米します。このブログもその間お休みさせていただきますので、何卒ご諒承下さい。

※追記:アメリカ旅行の顛末はこちら。パシフィック・エレクトリックの車輌も登場。
[PR]

by bokukoui | 2007-05-07 23:58 | 歴史雑談