ヘンリー・ダーガー展についてちょこっと(あと2日なので)

 引き続き論文中です。あーうー。
 ・・・故大平総理のように唸っているだけなのも芸がないのでちょこっと。

 いつぞやの記事で行くつもりと書いた原美術館のヘンリー・ダーガー展「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」、会期がいよいよ16日までとあと二日に迫ってきました。
 で、実は小生既に行ってきたのです。論文その他で忙しかったのですが、割と近所に用事で出かけたついでに。率直に言って、事前に予期していたよりも結構面白かったので良かったのですが、感想をきちんと書いている暇がありません。ですが、まだ会期があるうちにちょこっとだけ書いておきたいことがあるので、とりあえず感想の完全版はまた論文終了後書くとして、一つだけ。

 事前に予期、ってのは、ヘンリー・ダーガーという人は他人に見せるなんてことを全く考えず、ただ自分のために作品を創っていたのだから、見ても訳が分からず共感も出来そうにないところが面白そう、と思っていたわけです。
 ところが一枚の展示を見て、それが結構偏見だったと気がつきました。
 それは実物ではなく、ダーガーの描いたものを写真で撮って引き伸ばしたものでしたが、明らかに地図でした。四囲に方位が書き込まれ、なにやら地形らしきものが描かれています。しかし黒と赤の二色だけ(多分鉛筆?)のものなので、あんまり観覧者の注目を集めていませんでした。展示位置も部屋の端っこで、隙間があったから張ってみましたみたいな感じで、何ら説明もキャプションもついていなかった(まあこれは他の展示物も大体そうだったけど)ので。

 で、他の観覧者はそれを見て、「なんだろうこれ」とか言ってるのですが、それはダーガーの作品『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子ども奴隷の反乱に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語』の戦況図だろうとすぐ分かりました。自分も同じような妄想架空戦況図を書いたこと数知れず、だったからです。赤鉛筆で描かれていたのは敵軍でしょう(仮想敵を赤で書く軍隊の習慣をダーガーは知っていたんでしょうか? 単に赤鉛筆で書いただけだと思うけど)。
 ケバで高地が描かれ、また川が描き込まれていて、しかし他の表現を端折っているところがいかにも戦況図的です。高地に「〇〇 RIDGE」とか「〇〇 HILL」なんていちいち書き込まれていて、そういえば南北戦争のゲティスバーグ戦況図には「セメタリー・リッジ」だとか「カプルス・ヒル」なんて地名があったなあ、と見ていて頷きました。川らしきものには「〇〇 RUN」と書いてあったのですが、帰宅してから手持ちの南北戦争の資料を見たら、川は「ピッツァーズ・ラン」などと書かれていて、なるほどと納得しました。
 こんな地図なら、今までの人生で主に授業中数知れず自分も描いてきたなあ。我が妄想の半分は戦況図とか戦闘序列の類の創作に費やされたものです(残り半分はいうまでもなく鉄道路線図の類の創作に費やしました。なお時刻表創作の妄想に励む川島一派もいますが、小生はその趣味はありませんでした)。少女はじめ空想のキャラクターにどうこう、という妄想をする趣味はなかったのですが、こっちの方はたっぷりあったもんで、急にダーガーに親近感が湧きました。

 ご多分に漏れず斎藤環先生の『戦闘美少女の精神分析』を読んでダーガーを知った口ですが、「美少女」だけでなく「戦闘」の方にもそっと力点を置いてダーガーを見直すと新しい発見があるかも、なんて妄想しました。
 で、何がいいたいかというと、労働収容所組合氏がご自身のブログにて、妄想を書いている自分のブログに比し小生のブログは事実に基づいているとご批判をされたので、それに対し弁明を試みたのが本稿の目的です。是非ラーゲリ氏にダーガー展を閲覧していただき、ダーガーが作品中にコラージュした米兵(多分)が持っている拳銃の形式を特定していただければ望外の喜びであります。

 もそっと真面目な感想文は、論文終了後に書ければいいな・・・。
[PR]

by bokukoui | 2007-07-14 23:58 | 出来事