凹み中

 作業に作業に問題が発見され、激しく凹んでおります。
 色々と進めていることがらの優先順位について、再検討する必要があると言わざるを得ません。今更どうしたものかと・・・。

 先日新しい地図帳を買って、ひらがな市町村名の増加にいささかの感慨を抱きましたが、今回の参議院選挙の候補者一覧を見て同じような印象を受けました。あまりに特異な漢字の場合はともかく、投票所には候補者の名前も掲示してあるのだし、そこまでひらがな表記にせんでもいいのに、と思いました。特に「維新政党・新風」もそんなことをしているとは苦笑。旧字体でも使った方がらしくないかい?
 比例でひらがな表記の人名のない党は「新党日本」だけですか。むしろ有田芳生氏の名前は読み方が分かりにくいのでひらがなにしても良いような気がしますが・・・「よしふ」という響きはちょっと不穏ですかね。カタカナで書くと特に。

 黒川紀章の「共生新党」という党名を見るにつけ、駕籠真太郎先生の「動物の王国」という作品に出てくる「共生党」を思い起こしてしまいます(『ハンニャハラミタ』収録)。動物愛護から暴走した無茶苦茶な政党という設定でした。


 選挙についてまじめに考えていることもありますが、時間も精神的余裕もないのでそっちは省略。
[PR]

by bokukoui | 2007-07-28 23:59 | 出来事