「ヒゲの隊長」は誰の利害を代表するのか

 数日前の記事のコメント欄で、いろいろと興味深いご意見が出ておりましたので、狭いコメント欄に書き足すのもなんだしということでこちらで一筆。

 まずお断りしておかなければならないことは、今回の参院選の期間中、小生は多忙にてろくに選挙関連の報道に目を通しておりませんので、イラク派遣自衛隊の隊長から転じて今回の参院選で自民党の比例代表から当選した佐藤氏が如何なる選挙運動をしておられたのか、よく承知しているわけではありません。ただ、無名さまなどの方から伺うには、どうも自衛隊っぽい格好? をして、自衛隊施設の前で演説したりされていたそうですね。また確か、比例の代表の中では、新人としてタレント候補でもないのに(?)相当の得票をしていたかと思います。
 で、これについて、左翼で平和主義者でミリオタな小生としては、ああ宇都宮徳馬先生が栗栖弘臣を打ち破った時代は遠くなりにけり(27年前か・・・)とまず思ったのでありました。栗栖を担いだのも民社党であって自民党ではなかったことからすると、時代も自民党も変わったのだということですね。思えば栄光の時代の自民党は、左側に宇都宮先生まで抱え込んで平然と政治やってたんですから大したもんだったんだなあ、とつくづく思います。小生は政治学にはとんと疎いですが、自民党はそのヌエ的性格(政治の場合は必ずしも非難の言葉ではない)から長期の政権を維持することができたのだろうと素人なりに考えます。しかしまあ、いまや自民党はその性格を振り捨てようとしている――少なくともやたらと敵を作りたがることを「毅然」と勘違いしている安倍政権の運営は――ことからすれば、とっとと政権も振り捨てればと思うのであります。

 話を戻して、で、「ヒゲの隊長」に投票した人たちはどういう人たちで、どんな期待を込めて投票したのかということは、検討するだけの価値があると思います。
 ここで「在郷軍人会」という言葉を無名さまが出されており、また某後輩氏が「得票数が自衛隊の定員とほぼ一緒で、陸自の駐屯地がある道県で集中得票しているという分かりやすい結果」と指摘されています。小生は既述のように今回の選挙の諸事情に通じているわけではまったくありませんが、これらの信頼できる方々からのご指摘からすると、「ヒゲの隊長」氏は自衛隊員を支持層として固めようとしていた、ということなのでしょうか。だとすれば、手法としては極めて伝統的な選挙戦ということになり、かつて自民党が建設業界や郵便局の票を当て込んだり、社会党が労働組合の組織票を集めたり、学会員が公明党に投票したりするのと同じ構図になります。
 で、こういう構図で議員が送り込まれるのであるなら、むしろ外交政策に際しては慎重に対処する方針を取るのではないかと思われます。もし憲法改正をして自衛隊が海外の戦地に派兵された場合、戦死するのは支持団体の人、ってことになりますから。
 この場合、自衛隊代表議員のなすべき仕事はむしろ、「現業公務員代表」としてその待遇改善にカネを出させることになるでしょう(正面装備費ではなくて)。これは行政改革という方向からするといささか難しいでしょうし、無名さまのご指摘「現役は別としても、退役者はあまりにも恩典が無い」からすると、既得権を守る以上のことが必要そうで、他の権益団体代表に比べてもなおその仕事は大変かもしれません。将校についてはまた別の論があるかもしれませんが、人数的に大部を占める下士卒の場合はこのように考えられます。

 自衛隊を現業公務員団体として考えたとき、教師の事例を参酌してみます。
 この場合、ヤンキー先生的思いつき「教育改革」に現場の先生を振りまわさせて疲弊させるより、ごく正攻法で現場に多くの予算と人材を与えて環境を改善させるべきではないか、という指摘が識者(苅谷氏や広田氏など)によってなされています。同様に国防についても、その構成員個々の待遇を改善することで、自衛隊員が麻薬でラリって憂さ晴らしをしないですむようにすることは、国防の根幹を強化することに直結するのではないかと思います。
 ことに、こういうことを書くのはあまり上品ではないかもしれませんが、徴兵制でなく志願制の軍隊の兵隊に、高度に発展した経済を持つ国で身を投じる人々の社会階層を考えた場合、それはもっと考えられるべきことではないかと愚考します。
 そういえば、わが国で軍隊が待遇への不満で叛乱や暴動を起こしたのって、竹橋騒動以来なかったような・・・これは結構珍しいことかも。

 しかしどうも、今回の「ヒゲの隊長」に投票した人は、このような層には限らないんじゃないか、違ったタイプの投票者もいたのではないかと、小生にはそのように思われるのです。つまり安全保障問題での活動を期待しての投票が一定数あったのではないかと思うのでして。
 これはいささか偏見があるとは自覚しておりますが、「元自衛隊」「イラク派遣隊長」という肩書きから投票した方々が対外政策に期待するものを推測するに、やはり対外硬・・・って用語は戦前のものですが、そういう方向である蓋然性が高いと思われます。しかし、上に書いたように、実はそれは自衛隊の構成員(下士卒)の利害とは必ずしも一致しないかもしれません。「ヒゲの隊長」は、どちらの代表者として行動することになるのでしょうか。
 小生が思うには、無名さまがご指摘されているような「カリスマ的な元自」登場による政治勢力は、自衛隊下士卒のような階層の不満を結集して何かに振り向けることに成功した場合であろうと思います。それはおそらく、対外政策以上に国内的な攻撃も含むことになろうと思われます。そしてそこに結集する層が自衛隊外の、社会に不満を持つ層とくっついたとき、もしかすると「悪い冗談」の事態が出来するかもしれません。
 もっとも、「元自衛隊」「イラク派遣部隊長」という肩書きに何がしか現状の自己の不満を託すような階層のメンタリティを斟酌するに、その多くは宮台真司の表現を借りれば「ヘタレ保守」ということになるのではないか(そういった力に自己を投影することで不満を解消しようとする)と思われるので、その結集は案外脆くすぐ崩れてしまうようにも思われますが。

 どうもまとまりませんが、こんなところで。
[PR]

by bokukoui | 2007-08-01 23:55 | 時事漫言