何をするまでもなく駄目でした

 これで、名実共に戦史研NEET班の一員になれそうです。



 どこへ行く当てもなく、しかし気が付けば書籍部にいました。そこで憑かれた大学隠棲氏と偶然邂逅、氏の薦めにのって『コンクリートの文明誌』という本を買ってみました。ちょっとめくってみましたが、非常に面白そうです。ただいつになったらこの本まで順番が巡ってくることやら。
 あと何をトチ狂ったか、『嫌オタク流』『オタクエリート』を同時買い。まあいつも中庸を失わないのが小生のポリシーです、ってこれは『前進』と『神社新報』を同時に読んで「私は政治的に中道です」と主張するような馬鹿げた行為でしょうね。
 ともあれ、鉄道趣味者や軍事マニアは「オタク」に包含されるのかされないのか、包含するかしないかは論者の如何なる立場によって変化するのか、小生としてはそこんところに関心があります。「オタク」の周縁から中心を照射するのだ、なんちて。
 ちなみに『嫌オタク流』を買ったのはバカヨシキ所長のサイトを楽しんでいたからで、『オタクエリート』を買ったのはササキバラ・ゴウ氏の雑記(2005年11月21日付)の影響です。
[PR]

by bokukoui | 2006-02-06 23:55 | 身辺些事