極私的オタク論その4・「鉄オタ」「軍オタ」という表現について

 今日は鬱々と14時間くらい寝ていました。今後も記録に挑戦したいと思います。

 さて、昨日の記事で「鉄道趣味者や軍事マニアは「オタク」に包含されるのかされないのか、包含するかしないかは論者の如何なる立場によって変化するのか」などと書いたことに対して、Ta283さんより「私は自分が兵器ヲタクだと思っているのですが・・・違うのでしょうか?」という御意見が寄せられました。この点については今後考えてゆくつもりでしたが、とりあえず現時点での小生の意見を表明しておきます。

 当ブログの旧稿「『萌え』の魔の手に気をつけろ」および「極私的オタク論その1」で既に述べたことですが、鉄道や軍事のマニアは趣味の対象としているものとマニアな人々との間に商業的関係がない(少ない)という点で、所謂アキハバラ系の「オタク」と大きな差異があるように思います。
 この点、昔の「特撮マニア」も、おそらくコンテンツ供給側の主たる想定顧客(お子様)とマニアとがずれている、という点では似ていたのではないかと思います。或いは「映画マニア」についても、映画会社の収入の大部分を占める一般顧客層とは別個な、少数で特異な嗜好を持った消費者(そればかり相手にしていては算盤が立たない)層を指していたのでないかと思うのですが、小生は斯界に知識が乏しいので、勝手な思い込みかもしれません。

 このように、供給サイドの「想定外」の受容をする連中が(「供給サイド」というものを想定することすらできないような対象を受容する連中が)、そもそもマニアと呼ばれていたのであろうと思います。1980年代後半以降はオタク(当時は「おたく」か)という表現も(宮崎事件とも相俟って)使われるようになりますが、その際はマニアとかなり似たように使われていました。しかし同じ意味だったわけではありません。
 1990年代前半、当時リアル厨房だった小生は、中学で鉄研に所属していましたが、そこでの自称は「鉄道おたく」ではなく「鉄道マニア」でした。前者はいささか侮蔑的なニュアンスを有しているように感じられたものです。「おたく」というのは、マニアの中でもアニメ、ゲームあたりを中心とした趣味の連中に対し揶揄する(その趣味そのものへの批難と、その趣味をやっている特定の個人への批判と、両義あるはずなのですが、ごっちゃにされていくのは世の習い)含意をもった文脈で使っていたような記憶があります。

 長くなりそうなので日付が変わる前にひとまずアップ。まだ本題に入ってませんね(苦笑)

※追記:続きはこっち
[PR]

by bokukoui | 2006-02-07 23:58 | 思い付き