本日の活動

 今日は、本ブログコメンテーター・ラーゲリ緒方氏と『1918』という第一次世界大戦最後のドイツ軍大攻勢を扱ったゲームをプレイしました。『コマンドマガジン日本版』という雑誌の付録ゲームです。
 顛末は緒方氏執筆の戦史研ブログ参照。

 このゲームの発売は1996年でしたが、小生が買ったのは1999年ごろであったように思います。その頃まで流通在庫が結構あったのです。要するに売れなかったんですね。小生がさる方から聞いた噂――あくまで噂――によれば、編集部でこの『1918』の付録化を主張した人物は、これが売れなかったため編集部を追われたのだとか。
 そんな噂が出るのもむべなるかなという売れ残りようだったのですが、ではクソゲーかといえばそんなことはありません。上掲ブログの如く、よくできた面白いゲームです。
 では何故売れなかったかといえば、題材が第一次世界大戦という日本人にとって(軍事マニアであっても)馴染みの薄い、興味の湧かない対象だったから、これに尽きるようです。そのためプレイされることすら少なかったのでした。しかしいざやってみれば面白いので、ゆっくりと評判が知れ渡るにつれて在庫は姿を消し、遂には再版されるまでに至ります。

 以上、ゲーム自体充分面白いのですが、ゲームの辿った運命も日本の軍事マニア業界の様相を反映してなかなか興味深い、そんな作品と戯れた半日でした。
[PR]

by bokukoui | 2006-02-09 23:59 | 出来事