今日の東急デハ5001号の状況(39)

 今年最後の更新です。といっても諸般の事情によりだいぶ遅れてのアップになっております。



 まずは全景から。三連休しかもクリスマスイブの昼頃とあって、渋谷は人でごった返しており、写真を撮るのも一苦労です。この写真はクリックすると拡大表示します。
f0030574_14263781.jpg
 前回と大きく変わった点は余りありませんが、今回気がついた点をいくつか簡単に。

 まず、車体の顔というべき正面の、上の方に幾つか傷が出来ているように見受けられます。以下の写真はクリックすると拡大表示しますが、大き目の傷のような箇所を赤で囲ってあります。
f0030574_14284260.jpg

 また、ドアの附近(運転台寄りのドアです)に、テープを剥がしたような(?)跡が見受けられました。
f0030574_15173953.jpg

 車体の汚れも、全体に濃くなっているようです。
f0030574_1518832.jpg

 車内の展示は、東横線開通80周年記念の展示は25日までで、それからは渋谷をテーマにした写真コンテストの入選作品を展示するそうです。展示主体はまた渋谷区らしく、やはり商店街が関るという話は立ち消えになったのでしょう。また年末年始は昨年同様、この車内は閉鎖するとのこと。その前に大掃除と補修をやってもらえれば、まだマシなのですが。
[PR]

by bokukoui | 2007-12-24 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題 | Comments(3)

Commented at 2007-12-30 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bokukoui at 2007-12-31 23:32
非公開でいただいたコメントですが、ご当人から承諾を得られたこともあり、以下に再掲します。書かれたのは無名さんです。

<以下再掲>
自動車学校及び史学科の生徒、学生を集めて、ボランティアでレストアをさせるのも手と思います。
工業史、技術史の資料保管のためには保存とレストアの技術は必須ですが、日本においては大学、行政ともにまったく技術を持っていません。
博物館などでレストアをするときも市井の板金屋、マニアに依頼している始末です。
それらのことを鑑み、且つ失敗のリカバーを考えると(鉄板が厚いので)この車両は(あと土浦の装甲車両の数々)都合が良く、保存と技術習得を兼ねた活動をしたいところです。
<以上再掲>

ご指摘のような保存活動のノウハウの蓄積や体系化という試みは、今まで日本ではあまり聞いたことがないですね。近代遺産への関心も高まっていますし、これから取り組まねばならない課題と小生も思います。
今後とも宜しくご指導ください。
Commented by 東急ファン at 2008-02-15 12:43 x
 陸自の土浦武学校の車両も雨ざらしで、傷みがでていますね。
 M36やM4などは、古典的な武具の範疇にはいっているものと
 思います。(もちろん89式・4式といった旧軍の車両も同様です。)
 先日の横浜鉄道フェスタは、東急車輛販売の7000系鉄コレが
 大人気でしたが、5200系・伊豆急100系のしっかりした保存を
 同社には御願いしたいものです。
 5000系の悲劇を、くりかえさないでいただきたく思います。