生存報告など

 間が空きました。
 あまりに更新がないためご心配くださる方もおられまして、また某方面では小生の死亡説まで流れていたらしいので、とりあえず表題の目的のために一筆。

 小生は一応生きておりますが、同居の祖父が先日急に亡くなり、一時はその後始末でドタバタしておりました。小生の体調は正月以来あまり良くなかったのですが、葬式だなんだでは諸般の事情により小生もかなり働かねばならず、突発事態に一時的に躁状態になったのかかなり動き回りました。その反動なのか、葬式以後またどかんと沈滞し、寝床から出ることも少なく、現在に至っております。「自室警備員」以下ですね。自室すら警備できてないから。
 体調は相変わらずで、最近は掌の皮膚の異常が新症状に加わりました。ご心配下さった方々から、結核説・慢性疲労症候群説・肝臓病説などのご意見を賜りましたが、どなたからも精神病説の指摘を受けなかったところ、小生平生の人徳と思っております。

 そんなわけで、何とか明日からの3月、気候もよくなるでしょうから回復に専念し、新年度からは研究もちゃんと稼動できるようにしたいと思っております。もっともこの状況で様々な事を積み残し、多くの方にご迷惑をおかけしておりますので、その債務返済も平行して出来るだけ進めねば、という状況です。画面を見ているとものすごく疲れるので、万事休み休みですが・・・。
 ブログの更新もまたそのうちに。
[PR]

by bokukoui | 2008-02-29 23:19 | 身辺些事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://bokukoui.exblog.jp/tb/7574092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 労働収容所組合 at 2008-03-01 00:14 x
>精神病説の指摘を受けなかった
それはこの度の「異常」の原因ではないと判断されたのみかもしれませぬ。つまり通常という。
Commented by 大名死亡 at 2008-03-06 00:43 x
 手掌部皮膚の異常ですか。
 実は私も先日体調が悪い時に、手掌部と足蹠部の皮膚がべろべろはがれてくる、という症状に見舞われました。
 もともと常在菌の菌叢が複雑そうな部位ですから、免疫力低下の際にはある特定の菌が大繁殖するのかもしれません。

>精神
 常日頃他人に「あなたの精神は異常である」と指摘して暮らしている我々共有の知人の精神がどのようなものであるかはよく知られておりますので、我々の間では他人の精神状態を云々することが「良識ある人間にとっては避けるべきこと」になっているのかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード