霊柩車の衰退

 急に勢い込んで、万事積極政策にしようとしたものの、やはり無理が祟ったのか数日ダウン。しかしまたこれで引き籠もっては元も子もないところであります。
 気を取り直してまた出かけるようにしましょう。

 前回の記事で自動車の話を書きましたが、自動車といえば、しばらく前に祖父が死去した際に感じたことを思い出しました。
 諸般の事情により、葬儀屋さんとの折衝に小生も同席せねばならず、いろいろ話を聞いたのですが、その際に霊柩車をどうするかという話がありました。

 で、霊柩車は葬儀の価格に応じて「格が上がる」のですが、一番安いものだとクラウンがベースで、高くなるとリンカーン、キャデラックとなっていったように思います(リンカーンとキャデラックのどっちが上だったかは失念)。昔は高級車としてアメ車の人気は高かったそうですが、今の日本では高級と言えばまず真っ先にドイツ車が浮かんできます。が、霊柩車業界ではアメリカ車が健在のようで。ちょこっと検索してみると、洋式霊柩車にはメルセデスのEクラスのステーションワゴンベースもあるそうですが、いわゆる霊柩車らしい霊柩車、宮型霊柩車のベースはアメ車中心のようです。
 どうしてアメ車が斯界で人気があるのかと葬儀屋に問うたのですが、残念ながら回答は得られませんでした。素人考えですが、霊柩車、殊に宮型霊柩車は、ベースとなる車のボディを一部切断し、そこにやたらと工作物を搭載するわけで、車体(シャーシ)の強度が求められそうです。その点で頑丈であるとか、足回りの許容重量が大きい(そのため改造していっぱい装飾をつけることができる)とか、そういう点で有利なのかな、と思います。スピードは出さないし長距離も走らないから、走行性能や燃費はあんまり問題ではなさそうだし。

 霊柩車と言えば井上章一『霊柩車の誕生』という有名な本がありますが、小生も葬儀屋との折衝後思わず読み返してしまいました。この本はとても面白いですが、あくまで葬送と意匠、民衆のキッチュの文化のお話なので、ベースの自動車についてはほとんど論じていません。もちろんテーマから言って必要ないんですが、しかし日本独自の葬送文化たる霊柩車を技術的に支えるには、アメリカ車のタフさが必要だったとするならば、なんだかちょっと面白い「日本独自の伝統」ってもんだな、と思います。
 で、小生は宮型霊柩車を使ってはどうかと提案したのですが、一言の下に却下されました。結局洋式のそれにしたのですが、葬儀屋曰く現在では9割方洋式なんだとか。全国的な傾向かどうかはよく分かりませんが、上掲井上著では葬儀に使われる霊柩車は宮型が中心であると述べていたことからすると、20年ばかりで結構大きく世の中変わったということになります。
 井上著の主張からすれば、民衆が作り上げたキッチュのデザインというところに霊柩車の面白さがあるというわけですが、とすれば、それが学術研究の対象になったという時点で、キッチュの力が衰えてはじめてしまったのかも知れませんね。
[PR]

by bokukoui | 2008-04-04 19:16 | 思い付き