「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」感想

 (1)(2)(3)(4)とレポが長きにわたった、「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」の個人的感想を簡単に。

 その前に、他の方のレポをご紹介。簡にして要を得ておられるので、当ブログのむやみと長いレポを読むより効率的かと(苦笑)。第2部の飛び入りゲスト紹介の充実振りは他の方のレポよりできがいいと思いますが、そこは枝葉ですしね。

・崩壊日記(出張所) さん「昼間たかしプロデュース「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う-」in阿佐ヶ谷ロフトA」
・実物日記さん「今さらな愚痴。されど。」

 なお、この一連の記事、実際には2日から5日にかけて断続的にアップされております。同じ日のことなので日付をそろえてみたのですが、かえってわかりにくかったかも。



 さて、いろいろと思ったことのうち、幾つかをつらつらと。

 この場で話されたことで小生もまた考えざるを得なかったこと、それは「善意」な人たちをどう説得するのか、という点です。これについては議論中永山氏が「資料や情報を幾ら積み重ねても、最後のところで『でもやっぱりこういうのは規制しないとね』と結局感情論や一般論になってしまう」という問題にどう立ち向かうかという疑問を提起しており、これは小生もこういった問題について考える時にいつも行き着かざるを得なかった点でした。
 で、これについて主に松浦氏などがイベント中でいろいろと語ってくださいまして、その内容は首肯するところではありますが、しかしそれは結局、決め手となる対策はないということになります。ネットという新しい手段も別段何かを変えるわけではなく、所詮やっているのは同じ人間、というのが荻上氏の指摘でした。それもまた大いに頷けるところです。

 この話題について語られるとき、規制批判派がいつも指摘する点、今回のイベントではダニエル氏がそのままずばり言われていますが、実在の児童の人権を守ることが一番大事ではないか、という点があります。表現規制に脱線して肝心のことが無視されていることが問題であり、それを執拗に追及し続けることは大事だと思います。日本ユニセフ協会のページではチェコ、ネパール、モルドバの事例が挙げられており、このような事態を阻止せねばならぬことは勿論です。しかし、それと日本の漫画を取り締まることとの間に何の関係があるのでしょうか。これらの事例を読んでまず考えられることは、貧困だから売る物が人間しかない、ということです。であれば、日本政府は自国内のマンガをどうこうするよりも、ODAを贈った方がどう考えても直接にその国々の経済を活性化し、ひいては親が子どもを売り飛ばす事態を軽減せしめることが出来るでしょう。
 しかし、合理性や論理性をもって説得できないとなると、同じ土俵で議論をしても何も成果はないということになります。結局の所、「十字軍」的信仰心の問題ですから(実際の十字軍の方がまだある種「合理性」があったような気も・・・)。イベントでは語られませんでしたが、問題のアメリカ大使館のハンセン書記官、信仰は何なんでしょうね。キリスト教の聖書根本主義派、ファンダメンタリストである蓋然性は少なからずあるように思われます。

 もっともこのような事態を招く「信仰心」というのは、別段ファンダメンタリストだの自爆テロする連中の専売特許というわけではありません。合理的解決よりも精神の主観的安定を求める、いわばモルドバの子供を救うのにODAよりもマンガを焚書にすることを重要と思ってしまうような、そういう心の動きは遍在しており、こと近年顕著になっているように思われます。これは個人的行動としてならば別に構わない場合が多いと思われます(失恋してスイーツをやけ食いする女の子に「健康に良くない」とアドバイスするのは無意味です。自殺とか心中とかならともかく)。ですが、政策とすべき物ではありません。
 このイベント中で皮肉として「国益よりも子供の安全」という言葉が出てきましたが、問題解決への合理的方法論を欠いた善意の暴走が政策に取り入れられた場合、多大な弊害をもたらすことになるでしょう。こういった暴走は近年、「安全」という錦の御旗の元に、既に様々な問題を巻き起こしつつあるように思われます。食の安全然り、建物然り。これは皮肉にも、日本が歴史上世界でも稀に見る安全な社会であるが故に生じたように思われます。
 この問題については、藤田省三が四半世紀近くも前に「『安楽』への全体主義」として述べている内容が、今日なおより痛切なものとなっているように小生は思います。一度はそれを題材に議論してみたいと思っていますが、今はその暇がありませんので、とりあえず同論文を収めたみすず書房の単行本『全体主義の時代経験』(「『安楽』への全体主義」は本書の中核をなす「全体主義の時代経験」の前触れ的存在)の裏表紙に書いてある内容紹介を書き写しておきます。
  20世紀は、全体主義を生み、かつ生み続けている時代である。それは、3つの形態をとって現れた。最初は「戦争の在り方における全体主義」として、ついで「政治的支配の在り方における全体主義」として、そして今やそれは「生活様式における全体主義」として登場した。「安楽」への全体主義である。
 そこでは、「安楽」を憑かれたように求めて、不快の源を根こそぎにしようとする強い動機が働く。J.ハックスリーが害虫駆除を「マス・ケミカル・コントロール」と呼んだような事態である。それは、ナチズムやスターリニズムの政治支配における、不快な存在に対する「追放と拘留」の無窮運動という現象に対応している。社会基礎的次元に達し、日常化しているだけに、より根本的とも言える。
 著者(註:藤田省三)の描く20世紀像も、その最先端あるいは最終局面にある日本社会の粗描も、きわめてペシミスティックである。それだけに、ソルジェニーツィンの「陰気な顔して何になる」という引用が、現代における勇気の在り方を示して、一層のリアリティを帯びる。我々はこのような時代に生きている。

 さて、そんな時代にどうするのかっていう答えは、正直わかりません。松浦氏がイベント中で紹介していた『論座』の対談では「教育」という話だったそうですが、気の長い話です。しかし結局は、気の長い話を諦めず続けていくしかないのだろうとも思うのです。
 気の長い話を諦めず続けるためには、経済的基盤もさることながら、志気の維持が重要です。やたらと規制したがる方々の少なくとも一部は、宗教的なものからその志気を補充再生産しているのだろうと思われます。それに対抗して気の長い話を続けるには、やはりそれに関わるものが好きだという強い情熱が必要なのだろうと思うのです。

 イベントの最後の方で、ロフト店長平野氏が「希望は戦争」赤木智弘氏に議論を持ちかけ、それに対し壇上から永山氏や増田氏が罵倒し返す、という一幕がありました。なるほど小生が書き起こした文字面だけ読まれた方には、氷河期世代・赤木氏の苦衷を察せられぬ高度成長期に青春を送った平野氏を、永山氏や増田氏がたしなめたようにも思われるかも知れません。しかしその場の様子をつらつら思い返すに、むしろ「怒鳴る」というコミュニケーションが平野・永山&増田間に成立したにもかかわらず(最後に永山氏は「叫んでストレス発散もできた」と発言しています)、肝心の赤木氏は頭上飛び交う声の中で発言できていなかった、そんな情景が思い浮かぶのです。
 この一連の議論があの場で一応収束したのは、増田氏が結局は将来への希望という一点を認めたことでした。思うに増田氏や永山氏、平野氏といった方々は好きな何かを持ち、それがいわば「希望」となって、こうして生きてこられたのではないかと推察します。一方赤木氏は戦争が好きではない(好きで傭兵になってアフリカとかに行かれてもそれはそれで困る、というかだから子供の人身売買とかが無くならないのですが)ということが以前お話ししたときに分かりましたので、多分そこに齟齬があるのだろうと思います。

 要は、憎悪よりも愛を持って、ということです。作り手と受け手と双方の愛が、豊かな文化の実を実らせ、それが次の世代へと受け継がれていくのです。そしてそれこそが、その実を受け継ぐであろう子供たちへの、前の世代の愛に他ならないのですから。
 うん、綺麗にまとまったかな?
[PR]

by bokukoui | 2008-05-01 23:59 | 漫画