お詫び(帝メ顛末)・腰痛など

 先月、借り物のノートパソコンを座卓の上に置いてせっせとゼミのレジュメ作成に励んでいたところ、月末に報告が終わった翌日(今月1日)の朝の起床時腰に違和感を覚え、現在に至るも無くなっていません。1日のレポが時間かかったり、その後新たな記事を書かなかったり、コメントレスが遅れているのもだいたいそのせいです。
 やはりこの姿勢は良くないので、そのためにも新マシンを導入せねばと思うのですが、ビスタ登場以後の状況がさっぱり分からず、どうしたものやら。旧マシンの周辺機器のうち、キーボードとディスプレイは生きているので、ノートパソコン買ってきて自宅使用時にはそれにつなぐ、というのも、ちょっと考えなくもないのですが。

 さて、表題にあります通り、遅くなって申し訳ありませんでしたが、こちらについて。



 まず何より、上記のような事情もあるとはいえ、新刊が出ませんで申し訳ありませんでした。
 お越しいただきました方にはご説明申し上げました通り、ネタ自体は収集済みですので、夏には何らかの形にしたいと考えております。済みませんでした。

 「帝国メイド倶楽部」のイベント自体は、今回は都産貿の2階だけとこじんまりしており、また悪天候や同時開催のイベント(カタログ一冊買えば都産貿の帝メ以外のイベントは全部行けた由。渡辺氏が行っていたので一瞥すると、コスカなどで見覚えのあるサークル名が散見された)に人を取られたせいなのか、人出ものんびりという感じでした。さては「メイド」ブームも終焉なのかと思わなくもなかったのですが、一方主催者の方が一つ一つサークルを回ってイベントへの意見を集めておられ、次回以降も開催の意図は相当あるようで、こちらは安心材料でした。ま、今年はいろいろ巡りが悪かったのでしょう。
 というわけで、たまの来訪者の方々にお詫びの挨拶旁雑談などしてのんびり過ごしました。カダフィ企画の中の人が来て絵を貰いました(笑)。ありがとうございます。やはり評論系で名のあるところの人は、いろんな所に出没するんですね。
 買い物はいつもながら殆どしなかったのですが、いつもお世話になっている、そして今回お隣だったサークル「むしぱん」さんところで出展されていた、樹生ナトさんの同人誌「てっこちゃん」シリーズが収穫でした。単なる「鉄道」+「萌え」というありがちな擬人化系のネタではなく、種々のネタを盛り込んで、特にそこはかとなき神奈川ローカルのご当地的風合いが楽しい作品になっていました。続編も出るそうで楽しみです。

 帝メといえばコスプレに外れが無いのが通例ですが、今回もそれは同様で、特に20人から集めて撮影していた集合写真の迫力は相当のものでしたが、こればかりは当日参加者のみの楽しみですね。
 で、この即売会のこれまた例によってカフェをやっていたのですが、そこで企画ものとして(?)特大のパフェを売り出しておりました。それを注文したのが企画で作っておりました。それをくじで引き当てたのがこれまたいつもイベントでお世話になっております Nippies の小手鞠萌さんでした。その模様を渡辺プロデューサーが撮影したのが以下の一枚。この写真はクリックすると拡大します。
f0030574_18565886.jpg
 左が小手鞠さんです。右の眼鏡メイドさんは、上述樹生ナトさんの売り子をなさっていた方です(お名前を伺ったのですが、うっかり音だけで字を失念。申し訳なし)。
 この巨大甘味、やはり常人には一人で間食できるものではなく、周辺サークルにもお裾分けが。で、一人でせっせと食っていた渡辺プロデューサー(確か氏は甘いものが割と強かった筈。小生は辛い物好き)、餡の山に音を上げて更に小生に下げ渡しという船場吉兆的行動に出ました。小生も心情的には船場吉兆の女将に同情する(1マイクログラムぐらい)ので、残しては勿体ないからと悉く平らげました。その際、これもイベント時いつもお世話になっている、ランスロットカフェのなみりゅうこさんが、オートミールの材料(でしたっけ?)を使った自家製クッキーを差し入れてくださったのですが、両者を組み合わせるとなかなか旨いということを発見しました。ごちそうさまでした。

 とまあ、のんびりだったわけですが、肝心の物がなかった段、重ね重ねお詫び申し上げる次第です。

※5.9.記:写真を一回り大きなものに差し替え、ついでにMaIDERiA出版局サイト・「よりぬき『筆不精者の雑彙』」も更新しておきました。

※5.10.コメントに基づき一部訂正
[PR]

by bokukoui | 2008-05-08 23:57 | 制服・メイド