岩手・宮城内陸地震の悲報 岸由一郎さんを悼む

 昨日、東北地方で大きな地震が発生し、大きな被害が生じました。特に山容の大きな変化の映像は、息を呑むばかりでした。亡くなられた方のご冥福と被災地の復興を祈念いたします。

 この震災で厄に遭われた方々について、既に幾つか報道がなされていますが、土砂崩れで押し流された旅館から本日発見された方々の中に、岸由一郎さんのお名前がありました。

 ・読売新聞の記事
 ・朝日新聞の記事

 上にリンクを張ったウィキペディアに略歴がありますが、岸さんはかつて万世橋の交通博物館の学芸員を勤め、その後大宮の鉄道博物館に移られて、開館と運営を担われると同時に地方私鉄の車輌や資料の保存に尽力されていました。今回も、廃止されたくりはら田園鉄道の関係でこの地方に来られて、そして震災に遭われたそうです。

 岸さんには、多少のご縁がありまして、何度かお会いしたことがありました。あまり個人的なことをここで書くことはしませんが、岸さんの師匠である青木栄一先生(『鉄道忌避伝説の謎』著者)には小生も大変お世話になっており、いわば大先輩に当たります。以前、開館前に大宮の鉄道博物館を見せてもらったり出来たのも、岸さんのお蔭が多分にありました。
 先週、都電のイベントをちょこっと覗いた際、行列整理などに駆け回っている岸さんのお姿をお見かけしました。ご挨拶申し上げようかと思いましたが、何しろ人出で応対に忙殺されていたご様子でしたし、小生も時間や同道者の都合などもあってその場をあとにしました。
 一言でも挨拶をすればよかったという後悔で一杯ですが、しかし話などしていたら衝撃がより一層大きくなっていたのかもしれません・・・

 岸さんは学術的な調査研究、実践的な保存活動、交通→鉄道博物館といういわば一般向け啓蒙活動、これらの各分野を連関して行っておられ、どの分野でも成果を挙げておられたと思います。結構こういう研究や活動というのは、各々の分野でタコツボになってしまいがちです。岸さんはそれを股にかけて活躍されていた点で、得がたい人材であったと思います。それだけに、岸さんの急逝が惜しまれてなりません。
 最近の「鉄道ブーム」のようなのに対し、小生のようなどっぷり浸かったマニアはついつい小言オヤジになりがちです(いや、長期的には小言は重要だと思いますよ)。そういう場面で、学者やマニアの蓄積と一般・初心者向けとの橋渡しをする存在は極めて重要で、幸い鉄道博物館は好調でしたし、産業遺産の保存への理解も広がりつつあり、「鉄道ブーム」もまずまず着実に広がって受け入れられていた今こそ、岸さんの存在はより大きな意義を持つはずでした。先日の原田勝正先生のような大御所の方の訃報に続き、このようなことになるとは、なんともやりきれません。

 重ね重ね、大変残念でなりません。日本近代史で鉄道業を扱っている小生としましては、せめてその業績の一端なりとも受け継げるだけの者になれるよう、精進するのみです。それ以上の手向けは多分ないでしょうから。

 それにしても、先週は秋葉原で自分と友人が通り魔に追っかけられ、今週は知人が天災で亡くなり・・・秋葉原の件について続きを、一週間たった今日に何か書くつもりでしたが(秋葉原には行きました)、人の命の儚さを改めて思い知らされ、今日のところはこれにて筆を擱きます。
[PR]

by bokukoui | 2008-06-15 23:58 | 鉄道(時事関係)