男と女を巡る何冊かの本を読む

 2月8日に買ったと書いた『電波男』を読んでいます。同じ日に読んでしまっていた『嫌オタク流』があっさり短時間で読みきってしまえたので、これもすぐだろうと高を括っていたら見当違いでした。どうにもひっかかってしょうがない。いや、端々に「これはネタですよ」と言いたいのであろう記号がちりばめられているので、まあそうなんだろうと思って読み流したいのですが。

 で、時々中休みして、フェミニズム方面の積み本を片付けています。先日は落合恵美子『近代家族とフェミニズム』を読み、大変面白く勉強になりました。
 今日は速水由紀子『もうあなたは幻想の女しか抱けない』(アマゾンの書評はちょっと・・・なので、別な書評を紹介)を読了。なるほど、細かいところに関して突っ込みたいところはいろいろあります。事例は興味深いけれども、そこから結論に飛躍が見られるような、分析がちょっと乱暴でない? という箇所もあります。例えば「ロリコン」を巡る言説とかは。でも全編を通読した時、そこに通底する作者の主張には引き込まれてしまいます。あてがいぶちの幻想に寄りかかって生きるのではなく、己の実存を見つめ直せと。そりゃ、言うは易く行なうは具体的には難しいこと、「本当の自分」とか安易に言うべきではない、綺麗事に過ぎない、と言ってしまえばそれまでですが、でもそう言って片付けてしまえないだけの読後感がありました。

 『もうあなたは幻想の女しか抱けない』で言う「幻想」というのは、端的に言ってしまえば中産階級的近代家族をあるべき理想像として受け入れ、それ以外の自分の生き方を見出せなかった、その枠をはみ出るようなものを芟除してきた、そのような生活を支えた心性を指しているといえます。そして、近代家族というものが曲がり角に来ている時代に、それを認められずしがみつくのが悲喜劇を巻き起こしているが、その幻から自由になればよいのである、そのように纏められましょう。
 最近の世相を見ていると、「道徳教育で家族の崩壊を防ぐ」と主張し、幻想をより強化する方向で対応していこうとする人々がいるようですが、それは結局問題を先送りし余計傷を深くするにしかならないのではないかと思うのです。そして、道徳云々以外の幻想を強化する別ルートが「萌え」のようにも考えられます。そうすれば、近年のオタクと保守思想の親和性を整合的に説明できますね。

 もうちょっと続けます。
[PR]

by bokukoui | 2006-02-22 23:50 | 歴史雑談