日本にも諸葛孔明の子孫がいた?

 寒くなったかと思ったらまた暖かめになったり、どうも気候が落ち着かず、お陰で小生も調子もあまり思うに任せぬ今日この頃です。去年よりかはマシでしょうが。

 で、小生の近況でありますが、論文をまとめるべくこまごまと調べ物を各地でしていて、このところは戦前の財界人について人名辞典的なものを片端からめくり倒すということを行っているのですが、その途中で変わった人名を見つけました。

  諸葛小弥太

 森村銀行の偉い人だったそうです。

 ま、渡来人系の秦氏などもいることですから、伝承で諸葛孔明の子孫で称しているのかとも思ったのですが、或いは全然関係のない由来なのかも知れません。
 ところでこの名字、読み方がよく分からないんですね・・・え、「しょかつ」だろって? いや、人名辞典の「も」の項目に載ってたんです。「もろかつ」とかでしょうか。「諸角」なんて名字もあるので、そっちと類似の命名経緯であって、中国とか無関係かも、とも思ったのは、そういう次第です。

 今度森村グループの社史でも見てみたら、読みが書いてあるかも。
[PR]

by bokukoui | 2008-12-22 23:56 | 身辺些事