カテゴリ:歴史雑談( 132 )

百一年目に思う血の日曜日事件

 思いのほかオタク論でグダグダしてしまいましたが、今日書こうと思っていた本来の話題。

 今日は1月22日日曜日。百一年前の1905年1月22日も日曜日でした。ユリウス暦では1月6日、やはり日曜日です。
 その日、ロシア帝国の首都ペテルブルクでは、僧ガポンに率いられた民衆が、日露戦争の中止と憲法制定などの請願をなすべく宮廷へ行進しておりました。この行進に軍隊が発砲、数百とも数千とも言われる人々が斃れました。この結果、民衆の素朴な皇帝崇拝の念は消え去ってしまい、ロシア第一革命が発生、それは十年余後の大革命への道筋をつけることになるのでした。
 と、いうのは世界史の教科書にも出てくる話です。
 実はこの「血の日曜日事件」が日露戦争に意外な影響を与えていた、というのが本題のお話。この話を小生が聞いたのは、さる日本史のシンポジウムでのことでしたが、今その時のレジュメが見つからないので、その話をされた先生の名前を思い出すことができません(すみません・・・)し、事実関係もあやふやです。後日補足します。

 日露戦争で日本政府が戦費の調達に苦労した、というのは良く聞く話です。高橋是清がロンドンで奮闘したり、黒木第一軍が緒戦の鴨緑江会戦で勝利したため国債の売れ行きが良くなったとか、アメリカのユダヤ系の人々が反露感情から買ってくれたとか、そのような逸話はしばしば取り上げられます。
 では、ロシア帝国の戦費調達はどうだったんでしょうか? 大国ロシア、タマ代なんぞいくらでも・・・というわけには行きません。なにせロシアは専制国家で、経済の発展も決して早くはありませんでした。資本主義が発展していないんです。
 ではどこから資本を調達するか? ロシアはフランス資本を導入していました。これはご存知の方も多いと思いますが、シベリア鉄道はもっぱらフランス資本で建設されました。日英同盟が日本国債販売に役立ったのなら、露仏同盟だって同じような役割を果たすこともあるでしょう。まあ、この借金は革命の時にボリシェヴィキが踏み倒すんですけど。
 というわけで、日本政府がイギリスやアメリカで債券を売っていた頃、ロシア政府はフランスやドイツで債券を売って戦費を調達しておりました。1905年1月にも大規模な募債が予定されていたのです。しかし、その直前に血の日曜日事件発生。
 当然、誰もロシアの国債を買いませんでした。
 かくして、ロシア帝国は戦費不足で継戦能力を喪うことが確定したのでした。

 某有名架空戦記に、ポーツマスの講和会議が決裂して、陸戦が再開されてもはや継戦能力のなかった日本陸軍が敗北、その結果日本海軍の発言力が高まる、という設定のがあったように仄聞しておりますが、実はロシアもヘタっていたのです。
 それも、革命の危険による治安問題だけでなく、力では解決できないところに。

 さて、実は以上の話もさらに枕に過ぎません。
 この話に大変感銘を受けた小生、シンポジウムの後の懇親会にも参加し、その報告をされた先生にさらにお話を伺いました。なんでも毎年、パリに調査に行かれているそうです。しかし、調査はされても本という形でまだ発表されていないので(当時は)、まだこの話は一般に知られていないのです。そのあくなき探究心には襟を正させられました。
 そしてどう話が転んだのか、確か、パリでひたすら古文書を読んで日本に帰ってくると、その文書の世界と日本で語られる日露戦争の言説との落差に戸惑う、という話だったでしょうか。日本で語られるロシア像とパリの文書の中のロシア像。同じ時代の同じ国のはずなのに。
 大体そんな流れだったと思いますが、最後にその先生が言われたことが強く印象に残っています。
「よく我々は『ロシアが~』とか、『フランスが~』『日本が~』などという物言いをしてしまうが、果たしてそんな言い方をしていいのか?」
 言辞が全くこのままという自信はありませんが、こういった趣旨と記憶しています。
 そう、簡単にそんなこと言っていいんでしょうか。一国という複雑怪奇な複合体を、恰も一つの人格のように描いて、それで済ましてしまう。そんなノッペラボーに描いていいのでしょうか。日本の国内情勢を実に緻密に分析する人が、案外無造作に『アメリカが~』などと対照例を語ってしまう様なことは良くあり、聞く方も自然に聞いてしまいます。そのような話し方はついついしてしまうものですが、その手法の限界や危険性は、頭の隅においておくぐらいのことはしておいても決して無駄ではないように思います。

 堅い上に根っこのソースがあやふやで済みません。
 えらそうなこといいつつも、実行の難しさは承知しております(そもそも、この文章の前段だって怪しい)。
 まあ、『あふがにすタン』を無視する、といった辺りから、一歩一歩やっていきましょう。
 オチがそれかよ、と思われるでしょうが、しかし昨今のオタク(に象徴されるような世相)の思考パターンを鑑みるに、安易な擬人化に走るということが、単純で一面的な事実認識に偏りやすいことと、決して無縁では無いように思われるのです。

※追記:コメントへの返信はこちらの記事をご参照ください。

※さらに追記:関連しているかもしれない内容の記事→「『「在日企業」の産業経済史』の著者・韓載香さんのことばにつらつら思う」
[PR]

by bokukoui | 2006-01-22 23:55 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(2)

「ランペルール」は積んだまま

 「今年の目標」達成のために、まず読みやすそうな一冊を手にとって見ました。
 松村劭『ナポレオン戦争全史』原書房、昨年末に出たばかりの本です。
 「広く浅い」戦史好きとして、ナポレオンものにも興味はありました。今までにヴィゴ=ルシヨン『ナポレオン戦線従軍記』(面白い)だとか、ニコルソン『ナポレオン一八一二年』(これもなかなか)とか、さてこそトルストイ『戦争と平和』(読むのに疲れた。特に最後が)やら、こないだ『女騎兵の手記』やら、一部を扱ったものを多少読んではいましたが、ナポレオニックの全体像は一通り抑えておきたいとかねがね思っていました。そこで店頭で目に付いた時、原書房だし、著者の名前もどこかで見たような気がするし、買ってみたんですね・・・

 以下感想を箇条書きで。
<良い点>
・簡単に読める。
・時系列順に網羅してある。

<悪い点>
・記述が平板かつ簡潔過ぎて、正直面白くない。
・地図の出来がはなはだお粗末で見にくい(ニコルソンの本の方が遥かに良い)。
・部隊編成などについて表がなく分かりにくい(これもニコルソンの以下略)。
・本文と地図で地名の表記が一致していない箇所があった。
・初版とはいえ誤植・脱字がえらく多い。
・出典注もなく(これは一般書なので別にいいんだけど)、参考文献が5点しかないのでネタ本探しにも使えない。 
・ゲリラが嫌いなのは結構だがその書き方はいかがなものか(他の出来がよければ気にならないんだけど・・・)
・ナポレオンの不倫は彼の戦略と如何なる関連があるのでせうか。

<結論>
戦史研の会報も総力を挙げればこれくらいは書けると思う。

 なんか悪口になっちまいましたね。まあ冒頭のロシアとスウェーデンの関係については初めて知ったので、全く意味が無かったわけではありません。
 それにまあ、表題の通り「積みゲー」だった光栄の最高傑作とも言われる「ランペルール」(日本製唯一のナポレオン戦争キャンペーンゲーム)に手をつけようかという気くらいにはなりましたしね。マニアからは「なぜ光栄は続編を出さないのか」といわれる本作ですが、日本ではやはりナポレオニックは受けが悪いようです。昔、ボードのシミュレーションが栄えて衰退した頃の俚諺に、「ナポレオンものを出した日本のゲーム会社は必ず潰れる」ってのがあったと、古参の人に聞きましたが・・・光栄だけが例外らしいです。

 以下余談。
 上の記事を書くために、アマゾンで「ナポレオン」「戦記」などと入れて検索していたら、こんな本がひっかかりました(リンク先18禁につき注意)。
戦雲たちこめるヴェルメラントに来訪したレーナ&ステイシア。そこで彼女たちの見たものは、国家に虐げられる民衆の姿だった。レーナはあらゆる政 (性)戦略を駆使してヴェルメラントの独立を目指すが…。自称、軍事統計分析者の引野利秋が創りだす世界を千之ナイフの濃密なイラストで彩る官能の仮想シミュレーション戦記。
 ・・・「自称、軍事統計分析者」ってなんだよ。
[PR]

by bokukoui | 2006-01-12 21:50 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(7)